システムエンジニアやプログラマなどITエンジニアの種類の違いと基礎知識を紹介します

おすすめ記事

This site プログラマやシステムエンジニアといわれるITエンジニアの職種の違い、種類、言語、働き方など基礎知識を紹介するサイトです。
お問い合わせ↓↓
it-kiso@outlook.jp

ITエンジニア基礎の基礎

最近人気の職種といえば、IT系のエンジニアですよね。IT業界は成長性・将来性ともに二重丸で、他業種・他業界からITエンジニアへの転身を目指す人も少なくありません。ところでITエンジニアとひと言でくくっていますが、ふたを開けると様々な職種に分かれているのをご存知でしょうか?ここで、ITエンジニアを目指すための基礎知識としてエンジニアの種類や役割などを紹介します。

社会に貢献するITエンジニア

ITエンジニアと一言で言っても本当に様々な職種があります。最近ではインターネットの通販のシステムであったり、チケット予約システムであったり、さまざまなところで、ITシステムなどが利用されており、なくてはならないものとなっています。このようにITエンジニアの活躍の場はどんどん広がっており、社会においてもかなりの可能性がある仕事であるといえるでしょう。ITを武器にすることで、世界中の人が利用するシステムを作り上げることも可能なのです。

代表的な職種と言えば

ITエンジニアとは、コンピュータ技術に関わる技術者全般のこと。ひとくくりに「ITエンジニア」と言っても、仕事内容や専門分野、言語などによっていくつかの種類・職種に分類できます。プログラマ、システムエンジニアなどは一般的にもよく知られている職種で、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。この2つは、ITエンジニアの代表的な職種といえますが、このほかにもインフラエンジニアやプロジェクトマネージャなど、様々な職種があります。

興味のある言語を学ぼう

ITエンジニアを目指すならば、まずはプログラミングを習得しましょう。システムエンジニアなどの上位職種を目指すうえでもプログラミング知識は必要です。プログラミング言語にも様々な種類があるため、まずはそれぞれの言語の特徴や用途を知り、興味のある言語から学ぶのが良いでしょう。ここでは人気があり需要も高い言語である、PHP、Java、C++ をピックアップし、それぞれの言語がもつ特徴やメリット、用途などを紹介いたします。

ITエンジニアの働き方を知ろう

ITエンジニアを目指すなら、事前に知っておきたい基礎知識のひとつとして「ITエンジニアの働き方」を紹介します。プログラマやシステムエンジニアとしての経験と実績を積みスキルを上げていくと、働き方の選択肢が広がります。会社員エンジニアとして活躍するのもひとつの選択肢ですが、フリーエンジニアとして独立することも可能になります。独立後はさらにフリーランス(個人事業主)として仕事をするか、法人化するかという道が開けてきます。キャリアプランを早めに描いておくことが理想のライフスタイルを実現する秘訣です。

特集記事