システムエンジニアやプログラマなど代表的な職種を紹介します

おすすめ記事

This site プログラマやシステムエンジニアといわれるITエンジニアの職種の違い、種類、言語、働き方など基礎知識を紹介するサイトです。
お問い合わせ↓↓
it-kiso@outlook.jp

代表的な職種と言えば

IT業界では実に様々な種類のエンジニアがそれぞれの分野で活躍しています。職種でいえばプログラマ、システムエンジニアが代表的な職種ですが、他にもデータベースエンジニアやネットワークエンジニアなど、いくつも職種があります。又、たとえば同じプログラマでも扱う言語や開発分野によって必要なスキルも知識も全く異なるため、ゲームを開発するプログラマはゲームプログラマ、ウェブ開発系ならウェブ系プログラマなどのように種類分けすることができます。

プログラマはIT業界において、登竜門と言われています。それはなぜかというと、まずはシステムエンジニアのなかにも、プログラマとしての仕事をこなしているという方もいますし、まずはIT業界においては、プログラミング言語を身に着けることが必須であるといわれているからです。プログラマとして活躍するためには、まずはこうしたプログラミング言語を習得する必要があり、またさらには活躍する分野によって、新たな種類を学ぶ必要があります。

続きを見る

システムエンジニアと言う仕事は、IT業界の職種の中でも、上流工程というものを担う仕事となっているのです。プログラマの仕事をすることもありますが、基本的には、クライアントと打ち合わせなどを行い、そして設計や企画を行っていくといった仕事となります。また、システムエンジニアをするためには、コミュニケーション能力、さらにはトレンドを気にすることができる能力が必要となりますので、こうした人は活躍できるといえるでしょう。

続きを見る

データベースエンジニアは、大量のデータを扱うといった職務内容となり、データが必要となったときや、またすぐに取り出すことができるようなシステムを構築したりするというのが主な仕事内容となります。ビッグデータと言われるような、大量のデータを管理するという能力が必要とされますし、またこうしたデータを企業などの戦略で活用をすることができるなどのスキルが必要とされています。活躍の幅は非常に広がっており将来性もある職種と言われています。

続きを見る

特集記事