システムエンジニアはITエンジニアの上流工程をになう職種です

おすすめ記事

This site プログラマやシステムエンジニアといわれるITエンジニアの職種の違い、種類、言語、働き方など基礎知識を紹介するサイトです。
お問い合わせ↓↓
it-kiso@outlook.jp

上流工程を担うシステムエンジニア

上流工程を担うシステムエンジニア

上流工程を担う

IT業界の中でも、システムエンジニアという職種を耳にする機会も多いと思います。システムエンジニアとは、どういった仕事内容なのかと言うと、まずは、システムの設計であったり、または開発さらには、テストを手がけるといった職種を指します。こうした同様の業務などを行うプログラマなどもありますが、システムエンジニアとは少し業務内容が異なります。
まず、プログラマとの線引きは、企業、またプロジェクトで異なりますが、開発のフェーズの中で、上流工程を担うといわれているのが、こちらのシステムエンジニアとなるのです。

システムエンジニアの仕事内容とは

そこで、こうした上流工程を担うシステムエンジニアとはいったいどういった仕事内容なのでしょうか。まず、仕事内容は、クライアントと、打ち合わせをし、そしてどういったシステムを作り、そして何を実現していきたいのかと言うことを分析します。そして、その後システムの全体図などが記された仕様書などをドキュメントで作成し、そしてその後、どんなシステムにするか、という基本設計を行い、その後どんな機能を持っているプログラムにするのかと言う詳細設計まで行います。
また、プログラマとの線引きですが、企業によっても異なり、中にはプログラミングまで担うというシステムエンジニアも存在します。しかし、大体がこうした上流工程を担うのがシステムエンジニアの仕事内容となります。

向いている性格

いまからIT業界を目指したいという人には、システムエンジニアに向いている性格と言うものがありますので、参考にしてみるとよいでしょう。企業によってはしっかりとした研修制度がありますので、未経験から採用してもらえる可能性は十分にあります。しかし、専門知識以外において求められることがあります。それは一体どういったものなのでしょうか。
まず、一つ目にIT業界に興味があるということです。興味があれば、新しい知識を習得することが苦ではなくなりますので、やりがいを感じることができるはずです。さらには、技術トレンドなどにも敏感で、こうしたトレンドの移り変わりについていくことが必要となります。新聞や雑誌などを読み、常にトレンドを気にすることができる人が向いているといえるでしょう。
二つ目にコミュニケーション能力がある人です。システムエンジニアの仕事は、プロジェクトメンバーやまたクライアントとのコミュニケーションが必要ですし、時には交渉、調整などが必要となります。コミュニケーション能力が高い方は、エンジニアとしても活躍できる可能性が非常に高いのです。

特集記事