システムエンジニアを専門分野で種類分け!データベースエンジニアとは

おすすめ記事

This site プログラマやシステムエンジニアといわれるITエンジニアの職種の違い、種類、言語、働き方など基礎知識を紹介するサイトです。
お問い合わせ↓↓
it-kiso@outlook.jp

大量のデータを扱うデータベースエンジニア

大量のデータを扱うデータベースエンジニア

データベースエンジニアの仕事内容

IT業界の中には、システムエンジニア、またプログラマなどさまざまな職種がありますが、その中でも、データベースエンジニアという仕事もあります。こちらの、データベースエンジニアとはどういった仕事内容なのかと言うと、データベースの開発や設計、もしくは運用や管理を行うといったエンジニアの総称となります。企業の情報システムなどを司るために不可欠であるといわれており、データベース製品を専門に扱っているというエンジニアは今は少なく、最近では、非常に需要が高まっています。つまり技術者として、市場価値も非常に上昇しており、データベースエンジニアの転職に注目が集まっているのです。

大量のデータを扱う

ITが急速に普及する時代となり、どの企業においても、インターネットでデータ活用が欠かせないという時代になります。そこで、データ活用で必要なものがデータベースとなります。データベースと言うのは、大きな倉庫の様なものとなっていて、たとえば、この倉庫の整理が常日頃からされていることによって、目的のデータを取り出すことができるようになっているのです。そこで、こういったデータベースに保存をしたり、またさらには、必要なときにデータを取り出すことができるようなシステムを構築したり、運用したりするというのがデータベースエンジニアの仕事となります。
最近では、「ビッグデータ」という言葉などが話題となっています。つまり、データベースエンジニアには、大量のデータを管理したり、また或いはデータを企業の戦略などに活用したりすることができるスキルが必要となります。こうしたスキルがある人材が求められており、また大量のデータを取り扱い、さらにはどういったデータを集め、どうすれば企業の戦略に生かしていけるかといった経営戦略などを考える必要があります。最近ではこうしたデータベースエンジニアの活躍の範囲は非常に広がっています。

必要なスキル

データベースエンジニアとして、まずは、転職を考えているという場合などは、まずはプログラマであったり、あるいはシステムエンジニアなどの経験があることが理想的であるとされています。また、最近では多くのデータベース製品となっているOracleやMySQL、PostgreSQLなど、こうした製品に対する知識などを知っておくということが、データベースエンジニアとして有利になります。
また、データベースエンジニアはビッグデータなどの解析と言った、高速なデータ処理が必要となる場合があります。ですので、最新のデータベースソフトなどを扱うことができる人材のニーズというものも高まってきているのです。

特集記事