プログラマは、複数種類のあるITエンジニアの登竜門的な職種

おすすめ記事

This site プログラマやシステムエンジニアといわれるITエンジニアの職種の違い、種類、言語、働き方など基礎知識を紹介するサイトです。
お問い合わせ↓↓
it-kiso@outlook.jp

IT業界の登竜門といえばプログラマ

IT業界の登竜門といえばプログラマ

IT業界において登竜門

IT業界に就職をしたいと考えている方も少なくありません。しかし、IT業界と一口にいっても、ITに関する仕事というものは、さまざまなものがあります。さらに、こうしたIT業界の職種は専門的ということで、自分がどういった仕事に就きたいのかイメージしにくい場合があります。
IT業界にはさまざまな仕事があり、たとえば、システムエンジニア、セキュリティエンジニア、またデータベースエンジニアなどさまざまな職種があります。その中でも、プログラマはIT業界において登竜門であるといわれており、一番はじめに取得しなければいけない資格、知識であるとも言われているのです。

プログラマの仕事内容とは

なぜ、プログラマがIT業界では登竜門と言われているのでしょうか。それはなぜかというと、まず、企業や仕事場などに目を向けてみると、システムエンジニアと名乗っている人や、システムエンジニアの仕事をこなしている人でも、実際はプログラマの仕事も行っているという場合もあります。ですので、プログラマの仕事内容を行うことも時には必要となるのです。しかし、両者の役割は異なり、プログラマはシステムエンジニアが作成したシステム設計書などに基づいて、プログラミング言語を用いてプログラムを作るというのがプログラマの仕事となります。
つまり、システムエンジニアが設計をして、プログラマが建物を建てるというような大工の様な役割ということになるのです。また、仕事の流れ、そして内容はシステムエンジニアの管理をもとにプログラムを組むというのが主な仕事となっていて、またさらには、プログラマは作成したプログラムがきちんと作動するか検証したり、テスト作業を繰り返し行うなど、完成するまでのさまざまなプロセスを担うという作業があるのです。

IT業界で必要であるプログラマ

このように、IT業界ではプログラマは重要な存在であり、プログラマの知識がまずはIT業界では求められます。そこで、プログラマになるためには、まずはプログラムが組めるということが必須であり、さらにはプログラミング言語の習得、そしてさらには、仕事現場でそれを使えるようになるために、知識、スキルを身につける必要があるのです。プログラマのキャリアとしては、ソフトウェアなどの開発会社に勤めるということが一般的ですし、また、未経験の採用などもあります。しかし、基礎知識は必須となりますし、新たなスキルの習得を求められていくという仕事になります。
プログラマとして働いたのちに、システムエンジニアとして活躍しているという方も少なくありません。一つの企業で経験を積んだのち、その後システムエンジニアの仕事もこなすという方もいます。そのためには、まずはさまざまなプログラミング言語を習得する必要がありますし、どんな分野で将来的に活躍したいのかということを考えて、選択していく必要があります。

特集記事