システムエンジニアは独立して法人化するという働き方もアリ

おすすめ記事

This site プログラマやシステムエンジニアといわれるITエンジニアの職種の違い、種類、言語、働き方など基礎知識を紹介するサイトです。
お問い合わせ↓↓
it-kiso@outlook.jp

法人化で社会的信用を得る

法人化で社会的信用を得る

フリーランスから法人化へ

IT業界では、システムエンジニア、またプログラマなどさまざまな職種がありますが、働き方もさまざまです。企業に勤めるという働き方もあれば、フリーランスとして働く方法もあります。今は、ライフスタイルなどを自由に組み立てるというのが時代の流れとなっているのです。
しかし、今度はフリーランスでの事業が軌道に乗った場合、関係者やコンサルタントなどから、法人化の誘いがある場合も多いです。フリーランスの人の中には、企業に雇われていた雇われエンジニアだった人もいますし、そこから自分一人だけで個人事業主としてフリーランスで働いているという人も少なくありません。そこから、ある程度の規模になると法人化をし、会社をつくって次には、経営者として活躍するというケースも少なくないのです。仕事は同じエンジニアであったとしても、フリーランスと法人とでは少し違いがあるといわれています。

社会的信用を得ることができる

こうしたエンジニアが法人化をすることによって、どういったメリットがあるのでしょうか。まず、フリーランスと言うのは、最大のメリットが一人で働くことができ自由がきくということ、さらにはフットワークが軽いということです。これに対し、法人化をすることによるメリットは社会的信用を得ることができるということになります。
たとえば今、フリーランスといっても、業界で有名なエンジニアの場合を除き、フリーランスで新規で次々と顧客を獲得していくというのはとても厳しいといえますし、またかなりの実力が必要となります。しかし、法人であれば、そうしたハードルなども低くなり、さまざまな企業と直接取引を行うことも可能となっているのです。フリーランスとは直接取引をしていない企業も多いので、フリーランスと法人化の違いは社会的信用のあるなしであるといえるでしょう。
また、融資などを金融機関から申し込む場合や助成金の申請なども、法人であるほうがフリーランスよりもずっと有利となるのです。また、法人化するのにはまだメリットがあります。それは、節税です。法人化すると節税率が高くなりますので、税金などの面でもかなりのメリットがあるといえるでしょう。またフリーランスとは違い、社会保険などにも加入できますので、将来受け取ることができる年金額なども高くなるのです。

デメリットもある

これに対し、法人化をするデメリットというのはどういったものがあるのでしょうか。まず、登記費用などが必要ですし、さらには社会保険料や法人税など、払わなければいけないコストなどがあります。また、従業員の分も加入させなければいけませんので、経営が安定するまでは厳しい面があるようです。法人住民税は毎年7万程度かかりますし、また通信業者との契約なども必要となります。法人化するならば、さらには決算書なども必要となりますので、複式簿記などの知識も必要となります。

特集記事