システムエンジニアを目指すなら言語の種類を知っておこう

おすすめ記事

This site プログラマやシステムエンジニアといわれるITエンジニアの職種の違い、種類、言語、働き方など基礎知識を紹介するサイトです。
お問い合わせ↓↓
it-kiso@outlook.jp

興味のある言語を学ぼう

IT業界を目指すなら最初に習得すべきはプログラミングですが、プログラミング言語にも様々な種類があります。まったくの初心者がプログラミングを学ぼうとする際にまずつまづくのが、「どの言語を学べばよいのか?」ということではないかと思います。仕事として使うことを考えればやはり「需要の高い言語」、「人気のある言語」の中から、自分が興味を持てる分野の言語を選ぶのが良いでしょう。ウェブ系に興味があるならPHP、幅広く汎用性のある言語ならJava、家電製品等の開発ならC言語系がおすすめです。

PHPはC言語やC++、Javaなどと同じプログラミング言語の一種で、とくにウェブサイトの作成で広く使われているプログラミング言語です。文法的に平易なため学習しやすい言語でもあります。PHPを使えばHTMLを動的にコントロールすることができるため、掲示板やショッピングカートのような処理をすることができます。PHPはウェブサーバ上で動作しますが、処理する際のサーバへの負担が軽いのも特徴です。PHPを学ぶのであれば、独学よりもスクールで学ぶことをお勧めします。

続きを見る

C++はC言語をベースにした拡張版的な言語で幅広い分野で使われています。とくに機械を制御する組み込み系の開発ではC言語が多く使われています。C++は誕生して長い年月がたっていますが今でも幅広く使われています。その理由はC++で組まれたプログラムの実行速度が速いところにあります。またC++は長い間、幅広い分野で多くの人に利用されているため、参考にできる情報が豊富なところもメリットと言えるでしょう。C言語やC++開発者の需要は増えています。効率的に学びたいのであれば日本プログラミングスクールで学ぶことをお勧めします。

続きを見る

Java言語には長い歴史があり、今となってはさまざまなサイトや、アプリケーションにおいても使用されています。こちらのJava言語ですが、さまざまな特徴があります。たとえば、安定性がありネットワーク上でプログラムを実行したりすることができることなどがあります。また、プラットフォーム非依存ということで、ハードウェアなどにも依存しないということになりますので、幅広い企業ユーザにも受け入れられているものとなります。

続きを見る

特集記事