Javaはシステムエンジニアを目指すならぜひチャレンジしたい言語

おすすめ記事

This site プログラマやシステムエンジニアといわれるITエンジニアの職種の違い、種類、言語、働き方など基礎知識を紹介するサイトです。
お問い合わせ↓↓
it-kiso@outlook.jp

プラットフォームに依存しないJava

プラットフォームに依存しないJava

Java言語とは

IT業界で用いられるJavaは、どういった言語なのでしょうか。まず、こちらは1995年にSun Microsystems社からオブジェクト指向のプログラミング言語ということで発表されたのがきっかけです。こちらは、HotJavaといったブラウザ上において、アニメ、または音声対応などのプログラムとして動作をする言語と言うことで知られています。その後、Java対応の自社ブラウザなどが発表されたということで、その地位が確立されました。いまではブラウザ用言語として、JavaScriptというような、派生した言語といったものなどもできているのです。
その後進化し続け、現在においてのエンタープライズシステムなどにも適用可能であるというテクノロジーとしても、一般的に広く認識されているというのが現状となります。今は、さまざまなサイトやイントラネットアプリケーションなどに使用されています。

プラットフォームに依存しない

Java言語には主にどういった特徴があるのでしょうか。まず、特徴をご紹介すると、オブジェクト指向言語、さらには分散対応、またネットワークでプログラムを実行することができるということや安定性があるということ、またさらにはC++と比較してコンパイルや実行時にエラーチェックなどが厳しく実施されるということ、またプラットフォーム非依存などが挙げられます。こちらのプラットフォーム非依存と言うのは、作成したプログラムが、JVM (Java Virtual Machine)において動作をするという形になりますので、ハードウェアまたはOSなどの環境などに依存しないということになるのです。
さまざまな特徴がありますが、これらの特徴の中でも、プラットフォーム非依存と言うのは、とても魅力的なソリューションとして幅広く受け入れられており、企業ユーザにも人気となっているようです。

プラットフォーム非依存がもてはやされるわけ

一体どうして、これだけの特徴があるのにもかかわらず、Javaのプラットフォーム非依存という特徴がこれほどもてはやされたりするのでしょうか。同じようなものとして、COBOLなども色々なプラットフォームでも動作するといわれています。しかし、こちらは言語仕様などが微妙に違いますし、マルチプラットフォーム対応などになりきれていない面があるのです。つまり、制約が大きいため普通のソフトウェア開発などには使えないのです。
一方Javaの場合は、言語仕様にベンダー固有という仕様が入り込まないように規制されているというのが特徴です。さらに、JVM (Java Virtual Machine)で動作する形になりますので、JVMがハードウェアの命令をラッピングします。ですので、プラットフォーム非依存が保たれるというわけなのです。

Javaを学ぶには

Javaも独学で学ぶことができないわけではありませんが、効率的に学習するならスクールに通うと良いでしょう。

  • 「リカレント リナックスアカデミー」は、Javaのスクールとしてはパイオニア的存在です。
  • Javaを学びたい人はこちら!

初心者のための講座も多く、卒業生の多くは優良企業に就職している実績があります。

特集記事