ホーム ビジネス デザイン 非公開: Final Cut Pro と Premiere Pro – どちらのソフトウェアが編集者の心を掴みますか?

Final Cut Pro と Premiere Pro – どちらのソフトウェアが編集者の心を掴みますか?


ビデオ編集ソフトウェアへの投資に関しては、Final Cut Pro 対 Premiere Pro の間の長期にわたる戦いが多くのビデオ編集者を混乱させてきました。

Final Cut Pro が Mac 用の最高のビデオ編集ソフトウェアの 1 つであるのに対し、Adobe の Premiere Pro は Windows 用の優れたツールです。

この記事では、これら 2 つのツールの主な違いを明らかにし、それぞれの機能がどのように異なるのか、そしてどちらに投資する価値があるのか​​を見ていきます。

Final Cut Pro の概要

ファイナルカットプロのホームページ
ファイナルカットプロのホームページ

Final Cut Pro は、Apple が開発したビデオ編集ソフトウェアです。

機械学習に依存し、顔、オブジェクト、およびそれらの動きを検出し、タイトルやエフェクトと一致させるオブジェクト トラッカーなどの強力な機能を提供します。このプラットフォームを使用すると、iPhone のシネマティック モードで記録されたクリップのフォーカス ポイントと被写界深度を調整することもできます。

Final Cut Pro は Apple シリコンで最適に動作するように設計されており、より大きなフレーム サイズ、より大きなフレーム レート、より多くのエフェクトを使用した大規模なプロジェクトをより高速に編集できます。

高度な整理ツール、2D および 3D タイトルの作成、オーディオ品質を向上させるオーディオ エディター、およびさまざまな配信オプションが付属しています。

Adobe Premiere Pro の概要

アドーブ プレミア プロ ホームページ
アドーブ プレミア プロ ホームページ

Adobe Premiere Pro は、ユーザーがテキストを編集するのと同じくらい簡単にコンテンツを大量に作成できるようにするツールのバンドルを提供します。

ユーザーは自動トランスクリプト作成、ビデオ検索、ダイアログリンク、テキストのカットアンドペーストを実装して、超高速でビデオを編集できます。

このソフトウェアはビデオに独自のタイトル、トランジション、エフェクトを提供し、競争相手に簡単に勝つのに役立ちます。その機能は、カスタム キャプションを通じてソーシャル メディアのエンゲージメントを高めるのに役立ちます。 Premiere Pro には、自動キャプションを生成する AI 主導の Speech to Text 機能があります。

さらに、さまざまなソーシャル プラットフォーム上のビデオを自動リフレーミングする機能も備えています。

最後に、Premiere Pro では、オーディオと音楽をミキシングして、サウンドトラックを個別に調整できます。これは、組み込みのテンプレートとチュートリアルを通じて効率的に行われます。

Final Cut Pro と Premiere Pro: ユーザー インターフェイス

ファイナル カット PTO ユーザー インターフェイス
ファイナル カット PTO ユーザー インターフェイス

Final Cut Proのインターフェースは磁気タイムラインを使用して構築されており、浮遊しているように見える編集をより効果的に行うことができます。クリップが邪魔にならないため、同期の問題が発生せず、ビデオの作成に集中できます。

Apple の UI に慣れている人にとって、インターフェイスは煩雑さが少なく、より直観的であり、デザイン機能がよりクリーンでシンプルに見えます。

adove プレミア プロ ユーザー インターフェイス
adove プレミア プロ ユーザー インターフェイス

Adobe Premiere Proのインターフェイスは、主に従来のものであり、特にその機能が Adob​​e 製品に似ているため、Adobe 製品のエコシステムにすでに慣れているユーザーにとってはより親しみやすいものとなっています。

ワークスペースを通じてさらにカスタマイズが可能で、自分の作業スタイルに合わせてパネルやウィンドウを配置できます。

Final Cut Pro と Premiere Pro: ワークフロー

ファイナルカットプロのワークフロー
ファイナルカットプロのワークフロー

Final Cut Pro のワークフローは、特に単独の編集者や小規模なチームにとって、より合理化され効率的であると考えられています。これにより、編集プロセスが迅速化され、直感的な方法で実行できるようになります。

タイムラインは、キーワードのタグ付けやスマート コレクションなどの堅牢な整理ツールを提供し、メディア ファイルのコレクションをどの程度高度に作成したいかに応じて、クリップの並べ替えと検索のプロセスを高速化できます。

アドビプレミアプロのワークフロー
アドビプレミアプロのワークフロー

Premiere Pro のワークフローは高度にカスタマイズ可能なため、大規模なチームやより複雑なプロジェクトに適しています。

Camera Raw プラグインを備えた Adob​​e Photoshop と同様に、Premiere Pro 内の主要なソフトウェア アプリケーションは相互にシームレスに統合されます。

これにより、After Effects や Photoshop でグラフィックスや特殊効果を操作する際の作業がよりスムーズになります。

Final Cut Pro と Premiere Pro: 特徴

ファイナルカットプロ

  • マグネティック タイムライン:衝突や同期の問題を避けるために、クリップが邪魔にならない場所に自動的に移動されるため、より滑らかな編集エクスペリエンスが可能になります。
  • 高度なマルチカム編集: Final Cut Pro は、タイムコード、マーカー、またはオーディオ波形に基づいて自動同期して編集できるマルチカム プロジェクトを提供します。
  • 360° ビデオ編集:臨場感あふれる 360° ビデオ コンテンツを編集するための完全なツールを備えています。
  • モーション グラフィックス テンプレート:ドラッグ アンド ドロップ機能ライブラリを使用して、2D および 3D のタイトル、エフェクト、トランジションをカスタマイズできます。
  • Apple ハードウェア向けの最適化: Final Cut Pro は、MacBook Pro の Touch Bar や Pro Display XDR などの Apple ハードウェア向けに特別に最適化されています。

Adobe プレミア プロ

  • Adobe Creative Cloud との統合: Premiere Pro は、After Effects から Photoshop まで、他の Adob​​e アプリケーションとシームレスに統合し、ビデオ編集プロセスをスピードアップします。
  • 幅広い形式をサポート: Premiere Pro は、ほぼすべての種類のメディア ファイルをネイティブにサポートします。
  • 高度なオーディオ編集:エッセンシャル サウンド パネルの統合により、より強力なオーディオ編集エクスペリエンスを提供します。
  • コラボレーション機能:ネイティブのコラボレーション機能はありませんが、Premiere Pro には、共有プロジェクトや制御された複数の開いたプロジェクトなどの便利なコラボレーション機能が用意されています。
  • VR 編集: VR が普及し最高レベルに達しているため、Premiere には 360° ビデオとステレオスコピック 3D の作業に役立つツールが用意されています。

Final Cut Pro と Premiere Pro: パフォーマンス

ファイナルカットプロのパフォーマンス統計
ファイナルカットプロのパフォーマンス統計

Final Cut Pro は、 Apple Silicon (M1、M1 Pro、M1 Max チップ) を搭載した Mac コンピュータ向けに設計されており、ハードウェアを最大限に活用する能力が強化されています。

このため、同じマシン上の Premiere Pro よりもレンダリングとエクスポートの時間が速くなる可能性があります。

このソフトウェアはメタル フレームワークを活用するように最適化されており、Mac でのパフォーマンスがさらに向上します。

最後に、Final Cut Pro のバックグラウンド レンダリングを使用すると、一部のレンダリング プロセスによって速度が低下することなく編集できるため、編集を高速化できます。

Adobe Premiere Pro はプラットフォーム固有ではなく、Mac と Windows の両方のシステムで動作します。これは、プラットフォームが Final Cut Pro のように特定の OS 向けに最適化されていないことを意味します。

これは、より頻繁にまたは広範囲に使用される場合、同じ Mac で利用できる Final Cut Pro と比較して処理能力が低下する可能性があります。とはいえ、このソフトウェアはハイエンド Windows マシン上で優れたパフォーマンスを提供します。

さらに、Premiere Pro は他の Adob​​e ソフトウェアとうまく統合できるため、ワークフローを合理化し、時間を節約できる可能性があります。

Final Cut Pro と Premiere Pro: アクセシビリティ

Final Cut Pro はApple の製品であるため、macOS でのみ使用できます。つまり、Windows または Linux ユーザーは Final Cut Pro を使用できません。

ただし、Apple 製品である Final Cut Pro は、MacBook Pro の Touch Bar や Pro Display XDR など、他の Apple ソフトウェアやハードウェアとシームレスに動作するように設計されています。

また、他の Apple アプリとうまく統合できるため、すでに Apple エコシステムに投資している場合、これは大きな利点となります。

Adobe Premiere Pro は、 Windows と macOS の両方で利用できます。これにより、より幅広いユーザーが利用しやすくなります。

さらに、Premiere Pro は Adob​​e Creative Cloud スイートの一部であるため、After Effects、Photoshop、Audition などの他の Adob​​e 製品とシームレスに統合されます。

編集ワークフローの一部としてこれらの他のツールを頻繁に使用する場合、これは大きな利点となります。

Final Cut Pro と Premiere Pro: 互換性

Final Cut Pro は、次のような多くの種類のファイルをサポートしています。

  • プロレス
  • HDV
  • P2 MXF (DVCProHD)
  • XDCAM (プラグイン経由)
  • 2K/4Kフィルムフォーマット

DSLR の H.264 もサポートしています。ただし、Adobe Premiere Pro ほど多くのファイル形式をネイティブにサポートしているわけではありません。たとえば、他のビデオ編集ソフトウェアの画像シーケンスやプロジェクト ファイルをネイティブにサポートしていません。

Adobe Premiere Pro は、適度な互換性があることで知られています。ハードウェアとソフトウェアの両方で次のようなさまざまな形式をサポートしていますが、これらに限定されません。

  • MP4
  • MOV
  • MTS
  • AVI
  • MXF

また、他のビデオ編集ソフトウェアの画像シーケンスやプロジェクト ファイルもサポートしています。これは、ツールを変更したり、他のビデオ編集ソフトウェアを使用している他のユーザーと共同作業したりする場合に大きな利点となります。

Final Cut Pro と Premiere Pro: カスタマーサポート

アップルサポートコミュニティ
アップルサポートコミュニティ

Final Cut Pro はApple の製品なので、完璧なサポートチームがいます。ユーザーは、オンライン サポート ドキュメント、コミュニティ メッセージ ボード、トラブルシューティング スレッドなどのさまざまなチャネルを通じてサポートにアクセスしたり、電話や会話を通じて Apple から直接サポートを受けたりすることができます。

一般的に、Apple のサポート体制は品質と迅速さで定評があります。公式サポートに加えて、Final Cut Pro のフォーラムやコミュニティを利用する大規模なユーザー ベースも存在します。

すでに多数のオンライン DIY サイト、雑誌、ブログ、YouTube チャンネルがあり、ユーザーはヒント、チュートリアル、Final Cut Pro で直面する一般的な問題の解決方法を共有しています。

プレミアプロコミュニティ
プレミアプロコミュニティ

同様に活発なAdob​​eユーザー コミュニティは、Premiere Pro などの顧客ベースの製品全体に広がっており、詳細なヘルプ記事やガイドが提供されています。

Premiere Pro の顧客であることのもう 1 つの利点は、チャットを通じて直接サポート サービスや会話を受けられることです。

さらに、アドビには専用のソリューション フォーラムがあり、ユーザーは広く利用可能な問題レポートや解決策を利用できます。

Final Cut Pro と Premiere Pro: 価格

Final Cut Pro には90 日間の無料トライアルがありますが、トライアルが終了したら購入する必要があります。費用は最大 350 ドルかかります。それは多いです。

ファイナルカットプロの価格
ファイナルカットプロの価格

一方、Premiere Pro の無料トライアル後は、有料の月額サブスクリプションにサインアップできます。料金は、選択したプランに応じて月額 19.99 ドルから 99.99 ドルの間です。したがって、1 回限りの料金ではなく毎月支払いたい場合は、Premiere Pro の方が比較的お財布に優しいです。

プレミアプロの価格
プレミアプロの価格

最高のビデオ編集ソフトウェアはどれだと思いますか?

私に言わせれば、この比較で勝者はいない。それは機能の優先順位によって異なります。したがって、上記のソフトウェアのいずれかを入手する前に、望ましい機能セットを決定していることを確認してください。

どちらのツールも多かれ少なかれ同じ機能を備えていますが、一方が欠けていればもう一方が有効であり、その逆も同様です。

Mac と Windows の両方をセットアップしている場合は、両方のソフトウェアを試して、どちらが自分の編集スキルに適しているかを確認してください。ただし、Mac を使用している場合は Final Cut Pro、Windows を使用している場合は Premiere Pro を使用してください。

また、編集の武器を強化するために、いくつかのトップ Adob​​e Premiere Pro プラグインを探索することもできます。

「 Final Cut Pro と Premiere Pro – どちらのソフトウェアが編集者の心を掴みますか?」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

FINAL CUTとプレミアプロってどっちがいいの?メリットデメリット比べてみた【動画編集 PremierePro】