golang funcに関する記事一覧

  • Go 言語の匿名関数 – 関数名のない関数

        Go 言語は匿名関数をサポートしています。つまり、使用する必要があるときに関数を定義します。匿名関数には関数名がなく、関数本体のみがあります。関数は、型として関数型の変数に割り当てることができます。匿名関数は、多 […]

  • Go言語の詳細説明 テスト関数 test関数

        Go 言語には、自動化された単体テストを実行し、出力結果を検証し、パフォーマンスをテストできるテスト パッケージが付属しています。   なぜテストする必要があるのですか 完全なテスト システムは、開発の効率を向上 […]

  • Go言語の計算関数の実行時間

        関数の実行時間は、特に比較テストやベンチマーク テストにおいて、この関数のパフォーマンスを測定するための重要な指標です。関数の実行時間を取得する最も簡単な方法は、関数が実行される前に開始時間を設定し、実行すること […]

  • Go 言語のダウンタイム回復 (回復) – プログラムのクラッシュを防止します

        Recover は Go 言語の組み込み関数であり、ダウンタイム プロセスで goroutine を回復できます。recover は遅延関数 defer でのみ有効です。通常の実行中、recover の呼び出しは […]

  • Go 言語のcrash (panic) – プログラムが終了する

        Go 言語の型システムはコンパイル時に多くのエラーを検出しますが、範囲外の配列アクセス、null ポインター参照など、一部のエラーは実行時にのみチェックできます。これらの実行時エラーはダウンタイムを引き起こします […]

  • Go 言語はランタイムエラーを処理します

        Go 言語のエラー処理の考え方と設計には、次の機能が含まれています。   エラーが発生する可能性のある関数は戻り値にエラーインターフェース(error)を返す必要があり、呼び出しが成功した場合はエラーインターフェ […]

  • Go言語の再帰関数

        多くのプログラミング言語は再帰関数をサポートしていますが、Go 言語も例外ではありません。いわゆる再帰関数とは、関数内で関数自体を呼び出す関数のことを指します。数学的問題解決の観点から見ると、再帰とは大きな問題を […]

  • Go 言語の defer (遅延実行ステートメント)

        Go 言語の defer 文は後続の文の処理を遅延させ、defer が属する関数が戻ろうとしたときに、遅延した処理文が defer の逆の順序、つまり defer になっている文を実行します。 first wil […]

  • Go言語の変数パラメータ(変数関数)

        C言語の時代にはprintf()関数を誰もが使うのが一般的でしたが、以来、C言語のprintf()関数やfmt.Println()などと同様に、可変パラメータの魅力と価値を実感してきました。実装は言語の可変個引数 […]

  • Go 言語のクロージャ (Closure) – 外部変数を参照する匿名関数

        Go言語におけるクロージャとは、自由変数を参照する関数です 参照された自由変数は関数とともに存在します 自由変数の環境が去っても解放や削除はされません 自由変数は引き続き使用できますしたがって、単純に次のように入 […]

  • Go 言語の関数型はインターフェイスを実装します – 関数をインターフェイスとして呼び出します

        関数は他の型と同様に「第一級市民」です。他の型もインターフェイスを実装でき、関数も同様に実装できます。このセクションでは、構造体と関数間のインターフェイスを実装するプロセスを比較します。   まず、このセクション […]

  • Go 言語関数変数 – 関数を変数の値として保存します

        Go 言語では、関数も型であり、他の型と同様に変数に格納できます。次のコードは、関数変数 f を定義し、fire() という名前の関数を関数変数 f に割り当て、次のように呼び出します。関数変数 f が使用され、 […]

  • Go言語の関数宣言(関数定義)

        関数はコード実行の論理構造を構成します。Go 言語では、関数の基本コンポーネントは次のとおりです: キーワード func、関数名、パラメータ リスト、戻り値、関数本体、および return ステートメント。すべて […]