ホーム フィンテック ブロックチェーン 非公開: Web 3.0 がインターネットを永遠に変える方法

Web 3.0 がインターネットを永遠に変える方法


Web 3.0 は、ブロックチェーン技術を使用して構築され、ユーザーに力を与える次世代のインターネットを表します。

Web 3.0 は今や、単なる暗号通貨のバズワードに限定されるものではありません。この最新の Web バージョンでは、ユーザーのデータを制御できます。さらに、データを共有し、そこからトークンを獲得することもできます。

Grand View Research のレポートによると、世界の Web 3.0 ブロックチェーンの推定市場規模は 2022 年に17 億 3,000 万ドルです。さらに、この市場は 2023 年から 2030 年にかけて 47.1% の複利成長の可能性があります。

Web 3.0 を理解するには、Web がその誕生以来どのように進化してきたかを知る必要があります。

ウェブの進化

ウェブは過去 10 年間で急速に進化しました。最初の 2 つの Web バージョンを見てみましょう。

ウェブの進化
ウェブの進化

ウェブ1.0

インターネットの最初のバージョンは Web 1.0 と呼ばれます。静的 HTML ページを備えたこの初期の Web バージョンは 1990 年代に存在していました。

Web 1.0 はユーザーとの対話をほとんどサポートせず、情報を提供するために使用されていました。たとえば、この Web バージョンは新聞のオンライン版と考えることができます。

ウェブ2.0

2004 年のソーシャル メディアの発展に続き、Web 1.0 は Web 2.0 に変わりました。技術の進歩により、Web 2.0 はインターネットのよりインタラクティブなバージョンを開発しました。

ソーシャルメディア
ソーシャルメディア

Web 2.0 の導入により、いくつか例を挙げると、Facebook、Twitter、YouTube などのオンライン プラットフォームが大幅に成長しました。さらに、この Web バージョンは、映画のチケットを購入したり、食べ物をオンラインで注文したりするなど、日常の活動を簡素化するのに役立ちます。

Web 1.0 と 2.0 については理解できたので、早速 Web 3.0 について見ていきましょう。

ウェブ 3.0

Web 3.0 は、インターネットの第 3 世代かつ最新世代です。この Web バージョンは、ユーザーが自分のデータをより詳細に制御できるようにすることを目的としています。

Google、 Amazon 、Meta などの Web 2.0 技術大手は、ユーザー データベースから利益を得ました。対照的に、Web 3.0 では、データ共有を決定し、そこから収益を得ることができます。

Web 3.0 ブラウザであるBrave を例に挙げてみましょう。このブラウザを使用して、広告を表示するかどうかを決定できます。さらに、これらの広告の表示を選択すると、報酬として BAT 暗号トークンを受け取ることになります。印象的ですよね?

Brave-Browser-Rewards
Brave-Browser-Rewards

ブロックチェーン テクノロジーを実装すると、Web 3.0 ユーザーは暗号通貨を使用、対話、獲得できるようになります。さらに、この最新の Web は、人気のあるテクノロジー企業のサポートなしで使用することもできます。

Web 3.0 は革新的なコンセプトであり、まだ非常に初期段階にあります。この Web バージョンを完全に機能させるには、技術の進歩とユーザーの採用が不可欠です。

残念ながら、Web 3.0 には広く受け入れられている構造や定義がありません。ただし、より深く理解するために、その主要な概念を分解することができます。

Web 3.0 の主な機能

Web 3.0 の開発と機能において重要な役割を果たす重要な機能は次のとおりです。

#1.ブロックチェーンと分散化

ブロックチェーン技術を使用して構築された Web 3.0 は、分散システム上で動作します。ユーザーのリクエストを制御および管理する仲介者としてテクノロジー大手は必要ありません。

ブロックチェーン-
ブロックチェーン-

Web 1.0 や Web 2.0 などの以前の Web バージョンでは、単一のサーバー システムを使用してデータを処理していました。対照的に、Web 3.0 は分散型ネットワークを使用して、複数のコンピューター ネットワークからのデータを保存および管理します。

また、仲介者が存在しないため、Web 3.0 ユーザーは以前の Web バージョンよりも迅速に結果を利用できます。さらに、DeFi プラットフォームを使用すると、高額な銀行手数料を支払うことなく取引を実行できます。

#2.セマンティックウェブ

「意味」の単純な意味は、論理または言語と考えることができます。これを念頭に置いて、セマンティック Web は Web テクノロジーを強化して、ユーザーのクエリをよりよく理解できるようにします。

セマンティック Web は、Web コンテンツをより機械が理解できる構造に変換します。また、このウェブでは、さまざまなデータがその意味に応じて接続されます。

たとえば、Web 3.0 プラットフォームで特定の複雑なトピックを検索するとします。この場合、セマンティック Web は複数の Web ページを分析し、必要なデータを抽出して最適な検索結果を提供します。

#3.遍在性

テクノロジーに関して言えば、ユビキティとは、さまざまなデバイス、場所、プラットフォームにまたがってアクセスできる機能を指します。ここで、Web 3.0 では、複数のプラットフォームまたはデバイスへのアクセスを提供することで、さまざまな分散型機能にアクセスできます。

遍在性
遍在性

たとえば、Web 3.0 ブラウザを使用して Android または iOS デバイス上の DeFi プラットフォームにアクセスするとします。この場合、世界のどこにでも滞在して、Web 3.0 ベースのサービスを楽しむことができます。

つまり、Web 3.0 は、世界中のユーザーに差別なく高度なインターネット エクスペリエンスを提供することを目的としています。

#4. 3Dグラフィックス

Web 2.0 プラットフォームの従来の 2D インターフェイスに飽きていませんか?心配しないで; Web 3.0 では、ユーザー エクスペリエンスを向上させるために 3D グラフィックスが導入されています。

テクノロジーの進歩により、人々の集中力の持続時間は短縮されています。このような状況では、魅力的な 3D ビジュアルとエフェクトにより、ユーザーは Web コンテンツに集中し続けることができます。

さらに、3D インターフェイスの導入により、ユーザーは特定のトピックをより深く理解できるようになります。さらに、3D グラフィックスにより複雑なデータ分析が簡素化されます。

Web 3.0の応用

Web 3.0 の主要な機能により、ユーザーのインターネット エクスペリエンスが向上します。この Web バージョンの重要なアプリケーションをいくつか紹介します。

#1.分散型金融 (DeFi)

分散型金融(DeFi)は、従来の金融サービスを変革する上で極めて重要です。したがって、Web 3.0 プラットフォームを使用してさまざまな金融取引を実行できます。

分散型金融-DeFi
分散型金融-DeFi

さらに、従来の金融機関に依存する必要もありません。 Web 3.0 の機能を使用して、ウォレットを利用して暗号資産を転送できます。

さらに、他の国の為替レートの違いを気にすることなく、世界中に暗号通貨を送信することもできます。また、手数料も銀行や他の金融取引所に比べて大幅に安くなります。

DeFiは暗号通貨取引だけに限定されません。 Web 3.0 プラットフォームを使用して、融資、ステーキング、借入などのさまざまな DeFi サービスにアクセスできます。

#2.代替不可能なトークン (NFT)

NFT は物理的またはデジタル資産にリンクされており、かけがえのないものです。これらの資産には、ビデオ、アート、音楽、さらにはミームが含まれる場合があります。

代替不可能なトークン NFT
代替不可能なトークン NFT

Web 3.0 プラットフォームを使用すると、ユーザーは NFT を作成、購入、販売できます。その結果、所有権のある資産の価値が高まります。

さらに、NFT を使用すると、才能のあるアーティストが Web 3.0 マーケットプレイスで自分の才能を披露できるようになります。また、潜在的な NFT 購入者にアートワークを直接販売することもできます。

#3.分散型アプリケーション (DApps)

簡単に言えば、DApps はブロックチェーン技術を使用して動作するデジタル アプリケーションです。これらのアプリは、複数の分散型サービスへのアクセスを提供します。

これらの DApp を使用して、暗号通貨を購入、販売、取引できます。さらに、これらのアプリを使用して、ゲームをプレイして報酬を獲得することもできます。

DApps には、暗号通貨ウォレットに付属する Web 3.0 ブラウザが含まれています。この場合、ブラウザからウォレットに直接接続して、お気に入りの暗号通貨を販売、購入、または保管することができます。

#4.暗号通貨

暗号通貨は、Web 3.0 の金銭面で重要な役割を果たします。従来の金融システムとは異なり、イーサリアム、ビットコイン、ソラナなどの暗号を使用して取引を行うことができます。

暗号通貨
暗号通貨

さらに、暗号通貨を使用してデジタル資産やサービスを購入することもできます。さらに、Web 3.0 プラットフォームによって提供される報酬を暗号通貨として受け取ることができます。

暗号通貨を使用すると、ユーザーは Web 3.0 トランザクションを実行する際に金融機関を回避できます。この形式のトランザクションは、ユーザーがトランザクションのコストと時間を削減するのに役立ちます。

#5.メタバース

Web 3.0 の主な目的は、ユーザーに高品質のインターネット エクスペリエンスを提供することです。メタバースは、高度な Web バージョンの重要な要素を構成します。

メタバース
メタバース

Metaverse が提供する没入型エクスペリエンスにより、Web 3.0 インタラクションは非常に魅力的で魅力的なものになります。さらに、この仮想世界はゲーム、電子商取引、およびソーシャル活動を変革します。

ここでは、匿名のままでメタバースのイベントやアクティビティに参加することもできます。さらに、拡張現実 (AR) または仮想現実 (VR) デバイスを使用して、視覚体験を向上させることができます。

#6.分散型自律組織 (DAO)

簡単に言えば、DAO は中央の統治機関を持たない人々のグループで構成されています。さらに、これらの人々は共通の目標や関心を共有しています。

DAO メンバーのほとんどの決定は、Web 3.0 プラットフォームの構造を提供するのに役立ちます。ここで主要な意思決定プロセスに投票できます。最後に、Web 3.0 エコシステムは最も多くの票を集めた決定に従います。

最も重要な利点は、Web 3.0 が裕福な個人や有力な個人によって管理されていないことです。 DAO は、ユーザーを平等に扱う民主的なシステムのように機能します。

人工知能 (AI) と Web 3.0 はどのように関係しますか?

Web 3.0 は人工知能 (AI) と統合され、ユーザーに可能な限り最高の出力を提供します。さらに、AIが高度なテクノロジーを使用してリクエストを分析し、適切な結果を迅速に見つけます。

AI は、Web 3.0 ユーザーにとってインターネットの利用をより相互接続し、インテリジェントなものにするでしょう。さらに、ブロックチェーンと AI の組み合わせは、インターネット ユーザーに人間のような結果を提供するのに役立ちます。

人工知能・AI
人工知能・AI

AI のさらなる発展に伴い、Web 3.0 はより質の高いユーザー エクスペリエンスを提供します。この技術の進歩の組み合わせは、Web 3.0 の真の可能性を実現する上で重要な役割を果たします。

Web 3.0 における AI の重要性の主な例は次のとおりです。

  • データ処理: AI は、Web 3.0 ユーザーからの分散データの分析に役立ちます。このデータは、ユーザーに最高のインターネット エクスペリエンスを提供するために機械学習システムをトレーニングするために使用されます。
  • 不正行為の検出: Web 3.0 プラットフォームには不正行為を検出するための集中管理機関はありません。その結果、AI は不正なパターンを認識し、制限的な措置を講じることができます。

Web 3.0: セキュリティとプライバシー

Web 3.0 のセキュリティとプライバシーの主な側面は次のとおりです。

  1. データの所有権: Web 3.0 プラットフォームの分散型の性質により、ユーザーは完全なデータの所有権を得ることができます。さらに、ユーザーは自分のデータを制御し、収益化する権限も持っています。
  2. データ暗号化:ブロックチェーン技術の助けを借りて、ユーザーデータは外部攻撃から暗号化されます。さらに、スマートコントラクトの使用により、データの改ざんが制限されます。
  3. ユーザーのプライバシー: Web 3.0 により、ユーザーは元の身元を明かさずに DApp と対話できるようになります。その結果、ユーザーのアカウントをハッキングすることは困難になります。
  4. トラストレス システム: Web 3.0 はトラストレス システム上に構築されており、2 者がお互いを信頼することなく取引や対話を行うことができます。ここでは、暗号検証により、すべてのトランザクションが適切に実行されることが保証されます。

企業はどのようにして Web 3.0 に備えることができるのでしょうか?

Web 3.0 とブロックチェーン テクノロジーは、今後数年間でさらに顕著になるでしょう。このため、企業はそれに応じて準備する必要があります。

  • DApps の可用性: Web 3.0 の採用により、広範囲にわたる分散型アプリケーション (DApps) も提供されます。これらのアプリは、ユーザーが仲介者なしでチケットを予約したり、ビデオを見たり、交流したりするのに役立ちます。したがって、企業はそのような DApp をユーザーがすぐに利用できるようにする必要があります。
  • マーケットプレイスの変更: Web 3.0 は、従来のオンライン マーケットプレイスを変革します。その結果、ユーザーが暗号通貨や法定通貨を使用して取引できるようにプラットフォームを変更する必要があります。さらに、暗号通貨取引をスムーズに行うためには、暗号通貨ウォレットをプラットフォームと統合する必要があります。
ウェブ-
ウェブ-
  • 技術チームを教育する:ブロックチェーン技術は初期段階にあり、ほとんどの技術メンバーでさえブロックチェーン技術にもっと慣れる必要があります。このため、事業主はこの新しいテクノロジーについて適切なトレーニングと教育を提供する必要があります。
  • Web 3.0 コミュニティを構築する: Web 3.0 コミュニティを作成して交流することで、企業は常に最新情報を入手できます。ビジネス オーナーは、競合他社に先んじるために、Web 3.0 分野の急速な変化について知っておく必要があります。

学習リソース

Web 3.0 について詳しく知りたいですか?ここでは、貴重なリソースをいくつか紹介します。

#1.メタバースWeb 3.0とDeFi – Udemy

画像-235
画像-235

Udemy の Metaverse Web 3.0 と DeFi は、Web 3.0 の関連概念をすべて理解するのに役立ちます。このコースの合計所要時間は 6 時間 19 分です。

このコースでは、次のことについて学びます。

  • Web 1.0、Web 2.0、および Web 3.0。
  • メタバース。
  • NFT、DeFi、Play to Earn、GameFi。
  • 拡張現実 (AR)、仮想現実 (VR)、拡張現実 (XR)、複合現実 (MR)。
  • メタバース トークン。
  • メタバースで土地を購入する手順。

#2. WEB3: Web3 とは何ですか?

『WEB3: Web3 とは』という本は、Patrick Ejeke によって書かれています。

以下のような、Web 3.0 に関連する基本的なトピックから高度なトピックまでカバーします。

  • Web 3.0 の基本と仕組み。
  • Web 3.0 ビジネス モデルの将来。
  • Web 3.0におけるブロックチェーンの重要性。
  • 新規事業構築へのアプローチ。
  • 暗号通貨とWeb 3.0

こちらもお読みください: Web3 を学び、これら 12 のベスト リソースを活用して関連性を維持する

最後に

Web 3.0 は、私たちが今日使用しているインターネットを変革する上で重要な役割を果たすでしょう。 AI とブロックチェーン技術の幅広い採用により、この最新の Web バージョンの変革プロセスが強化されます。

最後に、幸運なことに、私たちは今後数年間でインターネットとそのテクノロジーの次の進歩を目の当たりにすることになるでしょう。

次に、2023 年のベスト Web 3.0 暗号をチェックしてください。

「 Web 3.0 がインターネットを永遠に変える方法」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

Web 2.0 から Web 3.0 へ。テクノロジーを見てみましょう!
10分でわかる、Web3.0とは【アニメで解説】