ホーム フィンテック 暗号通貨 メタバースでの不正行為を回避する方法

メタバースでの不正行為を回避する方法


メタバースにおけるサイバー犯罪について心配していますか?メタバースにおける不正行為を理解し、回避するために役立ついくつかの簡単な手順を見てみましょう。

Gartner が発行したプレス リリースによると、 25%の人々が 2026 年までに 1 日あたり少なくとも 1 時間をメタバースで過ごすと予想されています。

興味深いデータですね。しかし、なぜ誰かがメタバースで時間を過ごすのか不思議に思うかもしれません。

すぐにメタバースに直行しましょう!

メタバースとは何ですか?

メタバースは、世界中の人々を繋ぐ仮想空間です。同様に、このスペースを仕事、娯楽、教育、または社会的交流に使用できます。

メタバースは初期段階にあります。したがって、ユーザーに没入型の仮想体験を提供するには、時間と技術開発が必要になります。

メタバース プラットフォームでは、自分自身を表すアバターを作成できます。それとは別に、暗号通貨を使用してデジタル資産を売買することもできます。

将来的には、メタバースはさまざまな業界で重要な役割を果たすでしょう。リモートワーク、エンターテインメント、教育、ソーシャルメディア、ゲーム、銀行業務、ヘルスケアにプラスの影響が及ぶでしょう。現在、開発の大部分はゲーム分野で行われています。

メタバース
メタバース

アメリカの大手ビデオゲーム会社であるActivision Blizzardを買収するというMicrosoftの計画は、メタバースに関連する主要な取引です。この取引が承認されれば、Microsoft Gaming は第 3 位のゲーム会社になります。

Microsoft は、2021 年のパンデミック中にMicrosoft Teams 向けのメタバース プラットフォームである Meshも開発しました。この仮想空間の背後にある主な目的は、仕事をより楽しく、インタラクティブで生産的にすることでした。

Meta’s Horizo​​n World は、アバターを作成して友達と遊ぶことを可能にするもう 1 つのメタバースです。さらに、新しい人に出会ったり、仮想パーティーやイベントに参加したり、ゲームをしたりすることができます。

メタバースが広く採用されると、不正行為の可能性が生じます。仮想テクノロジーを採用する一方で、メタバース詐欺の被害者にならないようにすることも重要です。

乞うご期待。

メタバースが不正行為に遭いやすい理由は何ですか?

インターポールのメンバーは以前、 メタバースベースのサイバー犯罪について懸念を表明していました。その結果、 インターポールは法執行機関向けに設計されたメタバースを発表しました

メタバースに関連するリスク要因のレベルを理解できたかもしれません。これを念頭に置いて、この仮想世界に関連するいくつかの主要な脆弱性を見てみましょう。

#1.限られた参入障壁

メタバースでは、アカウントを簡単に作成できます。たとえば、マウスを数回クリックするだけで、誰でも複数のアカウントを作成できます。

詐欺師はここで被害者を狙う機会を見つけます。 Metaverse を使用すると、ユーザーは検証プロセスなしでさまざまなアカウントを作成できます。

#2.認識の欠如

大手ブランドのメタバースへの参入により、人々はこの仮想世界に興味を持つようになりました。たとえば、ブルームバーグ インテリジェンスは、メタバース市場が2024 年までに 8,000 億ドルに達すると予想しています。

膨大な数の人が、適切な指導や理解なしにメタバースに参加しています。この状況は詐欺師に新たな可能性をもたらします。

#3.規制当局の不在

ほとんどのメタバースはブロックチェーン テクノロジを使用します。その結果、これらの仮想空間を制御または管理する中央組織や当局は存在しません。

ブロックチェーンの分散型の性質により、ユーザーは所有権や透明性などのさまざまなメリットを得ることができます。しかし、詐欺師は規制がないことを悪用してユーザーを騙します。

#4.ユーザーデータの可用性

何百万人もの人々が仮想世界に参入するにつれて、作成および保存されるデータの量も増加します。この膨大なデータは、詐欺師がアクセスしたいものでもあります。

ユーザーデータの可用性
ユーザーデータの可用性

メタバース プラットフォームとプロジェクトの数は増加しています。マイナス面としては、セキュリティが低下したこの急速な開発により、ユーザー データが危険にさらされることになります。

メタバースにおける不正リスクとは何ですか?

メタバースに関連する脆弱性は、ユーザーをさまざまなリスクにさらします。関連する主なリスクを見てみましょう。

#1.データ漏洩

大量のユーザーデータの可用性について説明しましたが、データ漏洩の可能性も高くなります。攻撃者がユーザー データにアクセスできるようになると、データ悪用の可能性は無限に広がります。

データ漏洩
データ漏洩

個人情報の盗難は、データ漏洩に関連する大きな問題の 1 つです。ここでは、詐欺師が盗んだ情報を使用して偽のメタバース アカウントを作成します。

その後、偽のアカウントは他のメタバース犯罪を実行するために使用されます。さらに、詐欺師は信頼を得るために他のユーザーの画像を使用してアバターを作成することもあります。

#2.サイバー盗難

メタバースにおけるサイバー盗難には、ユーザーの仮想資産が盗まれることが含まれます。スパマーが標的とするデジタル資産には、暗号通貨、仮想土地、または NFT が含まれます。

CNBC Investigates によると、メタバースの投資家である Kasha が詐欺師の罠にはまったそうです。彼女は誤って Decentraland へのフィッシング リンクを入力し、MetaMask ウォレットをそのサイトに接続しました。

ウォレットに接続してから数分後、カーシャはすべての仮想土地を失いました。彼女の言葉によれば、彼女は取引に関連する警告や通知を受けていませんでした。

別のメタバース投資家である Kasha とは別に、Tracy はスパマーによって仮想土地を失いました。彼女は2万ドル相当の仮想財産を失った。

これらは、メタバース詐欺の影響を受ける例のいくつかです。

#3.インフルエンサー詐欺

インフルエンサーの不正行為もメタバースに対する考えられる脅威です。このプロセスでは、詐欺師は詐欺を宣伝するために有名なソーシャル メディア アカウントをハッキングします。

人気のある認証済みアカウントからの偽のソーシャル メディア投稿は、オンライン ユーザーを罠にはめる可能性があります。このような投稿のほとんどには、プレゼントや時間制限が含まれています。

暗号通貨詐欺師が有名人のTwitterアカウントをハッキングした。彼らは暗号通貨ウォレットのアドレスをツイートし、ユーザーにビットコインを2倍にすることを約束した。

インフルエンサー詐欺
インフルエンサー詐欺

ハッキングされた公式ツイッターアカウントにはイーロン・マスク氏、ジェフ・ベゾス氏、ビル・ゲイツ氏、ウォーレン・バフェット氏などが含まれる。遅かれ早かれ、同様のシナリオがメタバース詐欺で発生する可能性があります。

#4.脆弱な AR および VR デバイス

メタバースの普及に伴い、AR および VR デバイスの需要が高まっています。さらに、これらのメタバース ヘッドセットは、ユーザーがより没入型のエクスペリエンスを提供するのに役立ちます。

AR/VR ヘッドセット市場は2022 年に 1,400 万台に達し、2023 年には 1,880 万台に達すると予想されています。需要の高まりにより、デバイスのハッキングやセキュリティの問題が発生する可能性もあります。

VR または AR デバイスは大量の個人データを収集することができます。それとは別に、生体情報の漏洩にはリスクも伴います。

脆弱な AR および VR デバイス
脆弱な AR および VR デバイス

網膜スキャン、顔マッピング、声紋、指紋データなどの生体認証データへの暴露は大きな懸念事項です。このデータは、ユーザーの金融アカウントやソーシャル メディア アカウントにアクセスするために悪用される可能性があります。

AR/VR デバイスにアクセスすると、デバイスに保存されているすべてのユーザー データにアクセスできるようになります。

メタバースでの不正行為を防ぐための手順

メタバースのリスクは非常に高いため、詐欺に遭わないように知識を身に付けることが重要です。いくつかの重要な手順を見てみましょう。

#1.リサーチをしてください

最初のステップは、参加する前にメタバース プロジェクトを調査することです。いくつかの基本的な検索を実行すると、仮想プラットフォームの基本的なアイデアを得るのに役立ちます。

自分で調べてみましょう
自分で調べてみましょう

プロジェクトとその創設者の信頼性が重要な役割を果たします。信頼できない個人が運営するプラットフォームは避けてください。

必ず安全な Web サイトを備えたプラットフォームにアクセスしてください。また、オンライン コミュニティやソーシャル メディアでの存在感が活発であることを確認します。

#2.アバターとの経済的または個人的な会話を避ける

前述したように、詐欺師は複数のアカウントとアバターを作成できます。したがって、自分の財務情報を彼らに共有しないようにしてください。

経済的な話とは別に、個人情報も共有すべきではありません。基本的な詳細を知っていても、メタバース アカウントが危険にさらされる可能性があります。

#3.投資アドバイスやオファーには近づかないでください

詐欺師はさまざまなアプローチでユーザーをターゲットにします。一般的な方法の 1 つは、投資や取引の提案を提供することです。

さらに、あなたの注意と信頼を得るために、金融の専門家であるふりをする可能性があります。

たとえば、詐欺師は高額の報酬や見返りを約束してターゲットに近づきます。さらに、偽の証拠やレビューも表示される可能性があります。

#4.銀行情報を保存または共有しないでください

銀行情報を要求するプラットフォームは避けた方がよいでしょう。また、財務詳細をメタバースに保存または保存しないでください。

#5.セキュリティ機能を有効にする

アカウントを保護するために、必ずすべてのセキュリティ オプションをオンにしてください。

セキュリティ機能を有効にする
セキュリティ機能を有効にする

また、利用可能な場合は検証プロセスを利用してください。たとえば、多要素認証を使用すると、追加の保護を提供できます。

#6.財布を守る

銀行口座と同様に、仮想通貨ウォレットも詐欺師の主な標的となっています。ウォレットの秘密キーを誰とも共有しないでください。

財布を守る
財布を守る

詐欺師は、偽のウォレット接続リクエストを送信することができます。そのような不明な要求は無視してください。

ほとんどのメタバース プラットフォームでは、暗号通貨ウォレットに接続するように求められます。これらのウォレットを使用すると、デジタル資産を売買、取引できます。その場合は、無料の新しいウォレットを作成することを検討してください。

#7。派手なソーシャルメディアプロモーションを無視する

ソーシャル メディア プラットフォームには、暗号通貨とメタバースのプロモーションが溢れています。普通の人にとって、このようなオンライン活動の信頼性を特定するのは困難です。

ほとんどのメタバース ベースのキャンペーンには、仮想ランドのプロモーションが含まれます。したがって、知識のあるソーシャル メディア ユーザーは、本物のメタバース プラットフォームのみを使用する必要があります。

何かについて気づいていない、または自信がない場合は、距離を置くことが最善の選択肢です。

最後に、メタバース、暗号化、ブロックチェーン テクノロジに関する最新情報を入手してください。

最後の言葉

メタバースは今後数年間で私たちのデジタル生活を変えるでしょう。また、この仮想空間は、すべての主要産業にわたって大きなプラスの影響を生み出すでしょう。

メタバースへの参入に加えて、関連するリスクを特定することも重要です。これらのリスクを理解したら、スパムメールの受信を避けるために必要な予防措置を講じてください。

メタバースでの不正行為を回避する簡単な方法は、この記事で説明されている手順に従うことです。そうすることで、重大な詐欺から身を守ることができます。

次に、上位のメタバース暗号トークンを確認できます。

「メタバースでの不正行為を回避する方法」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

“デジタル発電所”を初公開 生成AIやメタバースで効率化(2023年10月10日)
【知らないとヤバい】メタバースで変わる働き方3選