C# 定数


 
定数は前に紹介した「変数」に似ていますが、唯一の違いは、定数の値はプログラムのコンパイル段階で決定され、プログラムの実行中に変更することはできないことです。定数には、整数定数、浮動小数点定数、文字列定数などの基本的なデータ型を使用できます。

 

定数を定義する

定数は const キーワードを使用して定義する必要があり、構文形式は次のとおりです。

const data_type constant_name = value;

このうち、data_type はデータの定数の型、constant_name は定数の名前 (変数の名前と同様)、value は定数の値です。

整数定数

整数定数は 8 進数、10 進数、または 16 進数で指定でき、接頭辞を使用して特定の基数を指定できます。たとえば、 0xまたは0X 16 進数を意味し、 0 8 進数を意味し、接頭辞なしは 10 進数を意味します。

整数定数には、プレフィックスに加えて、U と L を組み合わせたサフィックスを含めることもできます。U と L は、それぞれ unsigned と long を表します。接尾辞は大文字でも小文字でもよく、任意の順序で組み合わせることができますが、繰り返すことはできません。

以下に整数定数の例をいくつか示します。

85    // Legitimate: decimal constants
0213  // Legitimate: octal constants
0x4b  // Legitimate: hexadecimal constants
30    // Legitimate: int type constants
30u   // Legitimate: unsigned int type constants
30l   // Legitimate: long type constants
30ul  // Legitimate: unsigned long type constants
068   // Illegal: 8 is not an octal digit
032UU // Illegal: suffix cannot be repeated 

浮動小数点定数

浮動小数点定数は、整数部、小数点、小数部、指数部で構成されます。浮動小数点定数は、10 進数または指数形式で表すことができます。

浮動小数点定数の例をいくつか示します。

3.14159       // Legal
314159E-5L    // Legal
510E         // Illegal: incomplete exponent
210f         // Illegal: no decimal or exponent
.e55         // Illegal: missing integer or decimal 

浮動小数点定数を 10 進数形式で表す場合は、小数点、指数、またはその両方を含める必要があります。指数形式を使用して浮動小数点定数を表す場合は、整数部分、小数部分、またはその両方を含める必要があります。符号付き指数は e または E で表されます。

文字定数

文字定数は、 'x'などの文字列型の変数を定義する場合と同様に、一重引用符で囲む必要があります。文字定数には、通常の文字 ( 'x'など)、エスケープ シーケンス ( '\t'など)、または Unicode 文字 ( '\u02C0'など) を使用できます。

C# では、一部の文字の前にバックスラッシュがあり、そのような文字には特別な意味があります。たとえば、 \nは改行文字を表し、 \tはタブ文字を表します。一般的に使用されるエスケープ文字の一部を次の表に示します。

エスケープシーケンス 意味
\\ \ キャラクター
\’ ‘ キャラクター
\” ” キャラクター
\? ? キャラクター
\a 警報またはベル
\b バックスペースキー (バックスペース)
\f フォームフィード
\n 改行 (改行)
\r キャリッジリターン
\t 水平タブ
\v 垂直タブ
\ooo 1 ~ 3 桁の 8 進文字
\xhh . . . 1 つ以上の 16 進数字

次の例は、エスケープ文字の使用を示しています。

 using System;

namespace it-kiso.com
{
    class Demo
    {
        static void Main(string[] args){
            Console.WriteLine("IT基礎\thttps://it-kiso.com\n\n");
            Console.ReadLine();
        }
    }
} 

操作の結果は次のようになります。

IT基礎     https://it-kiso.com

文字列定数

文字列定数は二重引用符" "または@" "で囲む必要があります。文字定数は、文字定数と同様、プレーン文字、エスケープ シーケンス、または Unicode 文字にすることができます。

いくつかの文字列定数を以下に示します。 (以下のさまざまな形式の文字列定数はすべて同じ文字列を表します)

“IT基礎”;    
@”IT基礎”;