ホーム プログラミング言語 golang go build go clean コマンド – コンパイルされたファイルをクリアします






go clean コマンド – コンパイルされたファイルをクリアします




 
 
Go 言語のgo cleanコマンドを使用すると、現在のソース パッケージおよび関連するソース パッケージでコンパイルおよび生成されたファイルを削除できます。これらのファイルには次のものが含まれます。

 

  • go buildコマンド実行時にカレントディレクトリに生成されるパッケージ名と同名の実行ファイル、またはGoソースコードファイル。 Windows では、パッケージ名と同じ名前、または Go ソース コード ファイルに拡張子「.exe」が付いたファイルです。
  • go testコマンドが実行され、 -cフラグが追加されると、パッケージ名に「.test」接尾辞を加えた名前のファイルが現在のディレクトリに生成されます。 Windows では、パッケージ名に拡張子「.test.exe」が付加されたファイルです。
  • go installコマンドを実行して現在のコード パッケージをインストールしたときに生成される結果ファイル。現在のコード パッケージにライブラリ ソース コード ファイルのみが含まれている場合、結果のファイルはワークスペースの pkg ディレクトリにある対応するアーカイブ ファイルを参照します。現在のコード パッケージにコマンド ソース ファイルが 1 つだけ含まれている場合、結果ファイルはワークスペースの bin ディレクトリにある実行可能ファイルを参照します。
  • Go または C のソース ファイルをコンパイルするときに、対応するディレクトリに残されるファイルまたはディレクトリ。含まれるもの: 「_obj」および「_test」ディレクトリ、「.5」、「.6」で始まる名前を持つ「_testmain.go」、「test.out」、「build.out」または「a.out」という名前のファイル、サフィックスとして「.8」、「.a」、「.o」、または「.so」。これらのディレクトリとファイルはgo buildコマンドの実行時に一時ディレクトリに生成されます。

go cleanコマンドはJavaのmaven cleanコマンドに似ており、コンパイル プロセス中に生成された一部のファイルをクリアします。 Java では通常 .class ファイルであり、Go では通常上記にリストしたファイルです。

go clean -i -n

上記の例からわかるように、 go cleanコマンドではいくつかのパラメーターを指定することもできます。対応するパラメータの意味は次のとおりです。

  • -i は、関連するインストール済みパッケージと実行可能ファイル、つまりgo installによってインストールされたファイルをクリアします。
  • -n は、実行する必要があるクリア コマンドを出力しますが、実行はしません。そのため、最下層がどのように実行されているかを簡単に知ることができます。
  • -r は、インポートで導入されたパッケージを周期的にクリアします。
  • -x によって出力される詳細なコマンドは、実際には -n によって出力される実行バージョンです。
  • -cache すべてのgo buildコマンドのキャッシュを削除します
  • -testcache 現在のパッケージのすべてのテスト結果を削除します

実際の開発ではgo cleanコマンドを使用することはあまりないかもしれませんが、一般的にはgo cleanコマンドを使用してコンパイル済みファイルをクリアし、ソース コードを github に送信してソース コードの管理を容易にします。

go cleanコマンドを説明するために、ローカル プロジェクトを例に挙げてみましょう。

go clean -n
cd D:\code
rm -f code code.exe code.test code.test.exe main main.exe

コマンドで-nフラグを使用すると、コマンドの実行プロセスを出力できますが、実際には実行されません。コマンドの実行プロセスを出力し、同時にコマンドを実行したい場合は、以下に示すように-xフラグを使用できます。

go clean -x
cd D:\code
rm -f code code.exe code.test code.test.exe main main.exe

 

「go clean コマンド – コンパイルされたファイルをクリアします」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

違法サイトで買ったチートを使ったらヤバすぎた…
viエディタの使い方 基本編 この動画の内容だけで編集はできるようになります。 viエディタはLinuxで最もよく使われるエディタで、必ずインストールされています。 Linux系のエンジニアは必須です