ホーム プログラミング言語 golang go build go run コマンド – コンパイルして実行

go run コマンド – コンパイルして実行


 
 
Pythonまたは Lua 言語は、バイナリを出力せずに、仮想マシンを使用してコードを直接実行できます。 Go 言語は仮想マシンを使用しませんが、 go runコマンドを使用して同じ効果を実現できます。

 

go runコマンドはソース コードをコンパイルし、現在のディレクトリに実行可能ファイルを残さずにソース コードの main() 関数を直接実行します。

次に、 go runの実行結果を観察するための main.go ファイルを準備します。ソースコードは次のとおりです。

package main

import (
	"fmt"
	"os"
)

func main() {
	fmt.Println("args:", os.Args)
} 

このコードの機能は、入力パラメータを出力することです。 go runを使用してこのソース コード ファイルを実行します。コマンドは次のとおりです。

$ go run main.go –filename xxx.go
args: [/tmp/go-build006874658/command-line-arguments/_obj/exe/main–filename xxx.go]

go run実行ディレクトリにファイルを生成せず、実行可能ファイルは実行のために一時ファイルに配置され、作業ディレクトリが現在のディレクトリとして設定されます。パラメータはgo runの最後に追加でき、これらのパラメータはコードが受け入れることができるコマンドライン入力としてプログラムに提供されます。

go run 「go run+package」メソッドを使用してコンパイルすることはできません。パッケージをすばやくコンパイルして実行する必要がある場合は、代わりに次の手順を使用する必要があります。

  1. go buildを使用して実行可能ファイルを生成します。
  2. 実行可能ファイルを実行します。
 

「 go run コマンド – コンパイルして実行」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

[CentOS8][Golang]インストール手順とプログラムの実行
【Go言語 超入門コース】05.プログラム実行方法 |プログラムを書いて動かしてみよう【プログラミング初心者向け入門講座】