ホーム プログラミング言語 golang go package Go 言語エクスポート パッケージの識別子 – パッケージのタイプと値への外部アクセスを許可します

Go 言語エクスポート パッケージの識別子 – パッケージのタイプと値への外部アクセスを許可します


 
 
Go 言語では、識別子 (型、変数、定数など) を参照したい場合、参照元がこれらの識別子にアクセスできるようにすることが可能になりました。

 

エクスポートパッケージ識別子

次のコードには、一連のエクスポートされていない識別子が含まれており、すべて小文字で始まります。これらの識別子はパッケージ内で自由に使用できますが、パッケージの外部からはアクセスできません。コードは次のとおりです。

package mypkg

var myVar = 100

const myConst = "hello"

type myStruct struct {
} 

これらの識別子をエクスポートするには、myStruct と myConst の最初の文字を大文字にします。変更されたコードは次のとおりです。

package mypkg

var myVar = 100

const MyConst = "hello"

type MyStruct struct {
} 

現時点では、MyConst と MyStruct は外部からアクセスできます。myVar は、最初の文字が小文字であるため、mypkg パッケージ内でのみ使用でき、外部パッケージからは参照できません。

構造体とインターフェイスのメンバーをエクスポートする

エクスポートされた構造またはインターフェイスで、フィールドまたはメソッドの最初の文字が大文字の場合、これらのフィールドおよびメソッドに外部からアクセスできます。コードは次のとおりです。

 type MyStruct struct {

    // Fields that can be accessed from outside the package
    ExportedField int

    // Fields that can only be accessed from within the package
    privateField int
}

type MyInterface interface {

    // Methods that can be accessed from outside the package
    ExportedMethod()

    // Methods that can only be accessed from within the package
    privateMethod()
} 

コードでは、MyStruct の ExportedField および MyInterface の ExportedMethod() にパッケージの外部からアクセスできます。

 

「 Go 言語エクスポート パッケージの識別子 – パッケージのタイプと値への外部アクセスを許可します」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

【Go言語 超入門コース】06.変数 |変数は、例えるなら「箱」のこと。箱にデータを入れておくことができます【プログラミング初心者向け入門講座】
【Go言語 超入門コース】07.データ型 |変数に入れるデータの種類のことです【プログラミング初心者向け入門講座】