ホーム プログラミング言語 java java-basic Eclipse ショートカット キー Daquan






Eclipse ショートカット キー Daquan




次の Ecplise ショートカットをよく理解すると、開発者は半分の労力で 2 倍の結果が得られ、有意義な作業に費やす時間を節約できます。

ショートカットキーの編集
Ctrl+1 クイックフィックス (クラスのインポート、キャッチサラウンドの試行など、多くの問題を解決できる最も古典的なショートカット キー)
Ctrl+Shift+F 現在のコードをフォーマットする
Ctrl+Shift+M クラスの追加インポートインポート
Ctrl+Shift+O 組織クラスのインポート (Ctrl+Shift+M の機能があり、無駄なインポートを削除できます。通常はこのインポート パッケージを使用します)
Ctrl+Y やり直し (元に戻す Ctrl+Z とは対照的に)
Alt+/ コンテンツ支援 (ユーザー編集の優れたヘルパーであり、キーボード入力の手間が大幅に節約されます。あまりにも一般的です)
Ctrl+D 現在の行または複数の行を削除します (行を削除するのに何度も削除キーを押す必要はありません)
Alt+↓ 現在の行と次の行の間の対話的な位置 (特に実用的で、最初にカットアンドペーストを保存できます)
Alt+↑ 現在の行と前の行の間のインタラクティブな位置 (上記と同じ)
Ctrl+Alt+↓ 現在の行を次の行にコピーする
Ctrl+Alt+↑ 現在の行を前の行にコピー
Shift+Enter 現在の行の次の行に空白行を挿入します (このとき、マウスは現在の行のどこに置いてもよく、必ずしも最後である必要はありません)。
Ctrl+/ 現在の行をコメント化し、もう一度押すとコメントが解除されます
クラスのショートカットを選択する
Alt+Shift+↑ ラッパー要素を選択
Alt+Shift+← 前の要素を選択
Alt+Shift+→ 次の要素を選択します
Shift+← 左のカーソルから文字を選択
Shift+→ 右のカーソルから文字を選択します
Ctrl+Shift+← カーソルの左側にある単語を選択します
Ctrl+Shift+→ カーソルの右側にある単語を選択します
モバイルショートカット
Ctrl+← カーソルは左側の単語の先頭に移動します。vim の b に相当します。
Ctrl+→ カーソルは右側の単語の末尾に移動します。これは vim の e に相当します。
ショートカットキーを検索する
Ctrl+K 選択した単語を参照して、次の単語にすばやく移動します (単語が選択されていない場合は、検索に使用した最後の単語を検索します)
Ctrl+Shift+K 選択した単語を参照して、前の単語にすばやく移動します
Ctrl+J 前方インクリメンタル検索 (Ctrl+J を押すと、エディターは入力した各文字の単語を見つけるためのクイック マッチングを提供します。そうでない場合は、単語を検索するときにステータス バーに単語が見つからないことが表示されます。非常に便利です。このモードを終了するには、エスケープキーを押してください)
Ctrl+Shift+J 逆増分検索 (上記と同じですが、後ろから前へ)
Ctrl+Shift+U 文字列を含むすべての行をリストする
Ctrl+H 検索ダイアログを開く
Ctrl+G ワークスペースでの宣言
Ctrl+Shift+G ワークスペース内の参照
ナビゲーションのショートカット キー
Ctrl+Shift+T 検索クラス (プロジェクトおよび関連する 3 番目の jar パッケージを含む)
Ctrl+Shift+R プロジェクト内のファイルを検索する
Ctrl+E 現在のエディターのドロップダウン リストをすばやく表示します (現在のページが表示されていない場合は、太字で表示されます)。
F4 オープンタイプの階層
F3 ステートメントにジャンプ
Alt+← 以前に編集したページ
Alt+→ 次に編集されたページ (もちろん上記のページ)
Ctrl+PageUp/PageDown エディターで、すでに開いているファイルに切り替えます
デバッグショートカットキー
F5 踏み込む
F6 踏み越える
F7 あとずさりする
F8 続く
Ctrl+Shift+D 変数の値を表示する
Ctrl+Shift+B 現在の行にブレークポイントを設定または削除します
Ctrl+R 行まで実行 (非常に使いやすく、多くのブレークポイントを保存できます)
リファクタリング (通常、リファクタリングのショートカット キーは Alt+Shift から始まります) クラスのショートカット キー
Alt+Shift+R メソッド名、属性、または変数名の変更 (特に変数とクラスの名前変更は、手動メソッドよりも大幅な労力を節約できます)
Alt+Shift+M 関数内のコードをメソッドに抽出します (これはリファクタリングで最も一般的に使用される方法の 1 つであり、多くの泥だらけのコードに特に役立ちます)
Alt+Shift+C 関数の構造を変更します (より現実的には、このメソッドを呼び出す関数が N 個あり、一度変更します)
Alt+Shift+L ローカル変数を抽出します (特に複数の場所で呼び出す場合、いくつかのマジックナンバーと文字列を変数に直接抽出できます)
Alt+Shift+F クラス内のローカル変数をフィールド変数に変更する(より実用的な機能)
Alt+Shift+I マージ変数
Alt+Shift+V 関数と変数の移動 (一般的には使用されません)
Alt+Shift+Z Undo (リファクタリングのための後悔の薬)
その他のショートカットキー
Alt+Enter 現在選択されているリソースのプロパティを表示します。Windows でファイルを表示するプロパティはこのショートカット キーであり、通常、Windows でファイルの実際のパスを表示するために使用されます。
Ctrl+↑ テキストエディタを上にスクロール
Ctrl+↓ テキストエディタの下行スクロール
Ctrl+M 現在の編集またはビューを最大化します (もう一度押す、またはその逆)
Ctrl+O クラス内のメソッドとプロパティの概要を表示します。これにより、クラスのメソッドとプロパティをすぐに見つけることができます (バグを見つけるときに非常に役立ちます)
Ctrl+T 現在のクラスの継承構造を素早く表示します。
Ctrl+W 現在のエディタを閉じます (これは、Windows、QQ、Wangwang、ブラウザなどでダイアログ ボックスを閉じたり開いたりする場合にも当てはまります)。
Ctrl+L テキストエディタの行へ移動
F2 ツールチップの説明を表示

「 Eclipse ショートカット キー Daquan」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

Eclipse(エクリプス)のオススメ設定&便利機能15選【Java入門講座】
Manage Keyboard Shortcuts in Eclipse