プログラミング仕様はプログラミングの規約であり、その主な機能はコードの可読性と保守性を向上させ、コードの再利用を容易にすることです。

まず、プログラム内の各要素が命名規則に従う必要があり、その後、コーディングではコーディング形式に厳密に従ってコードが記述されます。命名規則には以下の点が含まれます。

  • パッケージ名は一連の小文字で構成されます。
  • クラス名は大文字で始まり、他の文字はすべて小文字で構成されます。
  • クラスのインスタンスの名前は小文字で始まり、その後の単語は大文字で始まります。
  • 定数の名前はすべて大文字で、その完全な意味を示しています。
  • パラメータの名前は特に指定されません。
  • 配列の名前は「type[] 配列名」の形式で付けられます。

また、エンコード形式は次のように指定されます。

  • プログラムは、パッケージとクラスをインポートするステートメント (import ステートメント) を作成することから始まります。 import ステートメントには複数行を含めることができ、import ステートメントを記述した後には空行が必要です。
  • publicクラスを定義し、top形式で記述します。クラス本体の左括弧「{」は改行せずに記述し、右括弧「}」は行頭に記述します。
  • public クラスで変数を定義し、インデントして記述します。
  • 定義メソッドはインデントして記述し、メソッドの左括弧「{」は改行せずに記述し、右括弧「}」はメソッドの1行目の先頭文字に揃えて記述します。メソッド本体は再度インデントする必要があり、最後の変数定義と最初のメソッド定義の間、およびメソッド間に空白行を残すことが最善です。

ヒント:単一のステートメントの後には「;」があり、括弧「{}」の外側には「;」はありません。メソッド呼び出し名とその直後の開き括弧「(」の間にスペースはありません。また、開き括弧と後続の識別子の間にはスペースがありません。複数のパラメータ間のカンマは、前のパラメータと後のパラメータに近いです。 1フレームが空いています。

「 Javaプログラミング仕様(命名規則)」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

Java超入門コース 合併版【Javaの超基本的な部分をたった1時間で学べます】【プログラミング初心者向け入門講座】
変数の使い方:宣言、代入、参照の3ステップと初期化の書き方、命名ルール【Java入門講座】2-2 変数

Share via
Copy link