ホーム プログラミング言語 java java-basic Java の一般的な開発ツールは何ですか?

Java の一般的な開発ツールは何ですか?


 
 
このセクションでは、 Javaで一般的に使用されるいくつかの開発ツールを紹介します。以下のツールはさまざまな機能を備えていますが、共通のテーマがあります。つまり、これらのツールはすべて Java コーディングと開発を優れたサポートを提供するように設計されています。

 

一般的なソースコード編集ツールの紹介

Java ソース コードは本質的には通常のテキスト ファイルであるため、理論的にはテキスト ファイルを編集できるエディタであればどれでも Java コード編集ツールとして使用できます。例: Windows のメモ帳、Mac OS X のテキスト エディタ、vi、emacs、Linux の gedit、DOS の編集など。ただし、これらの簡易ツールには構文のハイライトやオートコンプリートなどの機能がなく、コード作成の効率が大幅に低下します。

したがって、私たちは通常、学習や開発の際にこれらの単純なテキスト編集ツールを選択しません。通常、Notepad++、Sublime Text、editplus、ultraedit、vim などの強力なメモ帳のようなツールを選択します。自分に合った開発ツールを見つけるために、それぞれのメリット・デメリットを詳しく紹介します。

テキスト内の青いツール名をクリックすると、公式 Web サイトに直接移動してダウンロードできます。

1) メモ帳++

Notepad++は、Windows オペレーティング システム上のテキスト エディターのセットで、完全な日本語インターフェイスと多言語書き込みサポート機能 (UTF8 テクノロジ) を備えています。

Notepad++ の利点:

  • Windows の Notepad (メモ帳) よりも高機能で、一般的なプレーンテキストの説明ファイルの作成に使用できるほか、コンピュータのプログラム コードを記述するのにも非常に適しています。
  • 構文の強調表示だけでなく、構文の折りたたみ機能も備え、基本機能を拡張するマクロやプラグイン モジュールもサポートしています。
  • 素材なしで使用できる素材フリーのソフトウェアで、日本語が付属し、主流のすべてのコンピュータープログラミング言語をサポートしています。

Notepad++ の欠点:

  • 専用 IDE と比較すると、構文チェック、色の選択、コード アウトライン、コメント分析、TODO、デバッグ ツールの統合、デプロイメント ツールの統合など、多くの機能が不足しています。
  • 大きなファイルを開くのが遅い
 

2) エディットプラス

EditPlusは、韓国の Sangil Kim (ES-Computing) が開発した、テキスト、HTML、プログラミング言語を扱える小型ながら強力な Windows エディターで、ユーザー設定により C、Java、Php などの言語としても使用できますtools 用のシンプルな IDE。

EditPlus の利点:

  • EditPlusのインターフェースはシンプルで美しく、起動速度も速いです。
  • 日本語のサポートが強化されました。
  • 複数の日付と時刻の入力をサポートし、構文の強調表示をサポートし、コードの折りたたみをサポートし、自動コード補完をサポートします。
  • 設定機能は強力で比較的簡単で、拡張性も比較的強力です。
  • Webページの編集に適しています。

エディットプラスの短所:

  • コードヒントはサポートされていません。
  • 素材がないわけではない、素材単位が米ドルである、登録料が高い
  • 機能は比較的シンプルです。
  • バージョン更新が遅い。

3) ウルトラエディット

UltraEdit は、テキスト、16 進数、および ASCII コードを編集できる強力なテキスト エディタです。メモ帳を完全に置き換えることができます。価格は 49.95 ドルのシェアウェアです。

UltraEdit の利点:

  • 構文の強調表示、コードの折りたたみ、マクロをサポートする使いやすいプログラミング エディターを提供します。
  • HTML、 PHP 、 JavaScriptなどの文法サポートが組み込まれているため、複数のファイルを同時に編集でき、大きなファイルを開いても速度が遅くなりません。

UltraEdit の欠点:

  • 起動が遅くなります。
  • Pascal 言語はデフォルト設定ではサポートされていません。
  • 日本語サポートはあまり良くありません。

4) Sublime

Sublime Text は、 2008 年 1 月にプログラマーの Jon Skinner によって開発されました。元々は、豊富な拡張機能を備えた Vim として設計されました。

素材ソフトですが無期限に試用でき、Windows、Linux、Mac OS XなどのOSに対応したクロスプラットフォームエディタです。

Sublime Text の利点:

  • 主流のフロントエンド開発エディタ
  • 小型で動作が速い
  • 強力なテキスト
  • コンパイル機能がサポートされており、出力はコンソールで確認できます。
 

5) Vim

VimはViから開発されたテキストエディタです。特にコード補完、コンパイル、エラージャンプなどの便利なプログラミング機能が豊富で、プログラマーの間で広く使われています。 Unix システム ユーザーにとってお気に入りのテキスト エディタです。

Vim の利点:

  • 複数のオペレーティング システムをサポート
  • 大きなファイルを開くのも高速になり、大きなファイル内の検索も非常に高速になります。
  • 無料、オープンソース
  • 検索ハイライト機能付き
  • 複数の編集言語をサポート
  • 強力な

Vim の欠点:

  • 学ぶのが難しい
  • メニューはありますが、Windowsユーザーにとって初めて始めるには難しいでしょう。
  • インターフェイスはあまり見栄えが良くない
  • キーボードコマンドはたくさんあるので、習熟するには長時間使用する必要があります。
 

統合開発ツールの概要

Java 初心者が Java コードの記述をよりよく理解するために、通常、開発ツールとして高度なメモ帳ツールを選択しますが、実際のプロジェクト開発では、現在最も人気のある 2 つの統合 IDE などの統合 IDE を開発ツールとして使用することが多くなります。ツール: Eclipse、IDEA。

いわゆる統合 IDE とは、リンクごとにツールを個別に使用するのではなく、コードの作成、デバッグ、コンパイル、実行を 1 つのツールに統合するものです。

1) Eclipse IDE

Eclipseはオープン ソース プロジェクトであり、よく知られているクロスプラットフォームの無料統合開発環境 (IDE) です。当初は主に Java 言語開発に使用されていました。その後、さまざまなプラグインをインストールすることで、Eclipse はさまざまなコンピュータ言語をサポートできるようになりました。 C++およびPythonツール。

Eclipse の利点:

  • コード補完、リファクタリング、構文チェックに関して必要なヘルプを提供できます。
  • さまざまな Java アプリケーションの開発に役立つさまざまなプラグイン ツールを含む、JDT の一連のツールを提供できます。
  • 開発者は、C/C++ および PHP 用の IDE も提供できるなど、さまざまな言語サポートを使用できます。これにより、Java 開発のためのワンストップ リソースになります。
  • Eclipse はマテリアルフリーであることが非常に重要であるため、ほとんどの企業は今でも IDE として Eclipse を使用しており、その優れたパフォーマンスも市場で大きな割合を占めています。

エクリプスの欠点:

  • バージョン間の非互換性、特にプラグインは、2 つのバージョンのバージョン番号がわずかに異なっていても、あるバージョンでは正常に動作しても、別のバージョンではまったく動作しません。
  • JDK とのバンドルが強すぎる。 JDK の新しいバージョンがリリースされると、通常、Eclipse では新しいバージョンが新しい JDK をサポートするまでに長い時間がかかり、その後、新しいバージョンの Eclipse で各プラグインが使用されるまでに長い時間がかかります。

2) マイエクリプス

MyEclipse はEclipse と同じ会社に属しており、多くの機能が追加されています。Eclipse と比較すると、MyEclipse は Eclipse に多くのプラグインを統合したようなものです。もちろん、パフォーマンスの面ではより良い考慮事項がありますが、この IDE は期待されています。

MyEclipse はマテリアル ソフトウェアであるため、大企業で使用されることはほとんどありません。

3) インテリジアイデア

Intellij IDEA は、略して IDEA と呼ばれ、美しさや効率性などの多くの機能を備えています。 IDEA は、チェコ共和国の首都プラハに本社を置く JetBrains の製品で、開発者は厳格さで知られる東欧のプログラマーが中心です。その主力バージョンは、HTML、CSS、PHP、 MySQL 、Python などもサポートしています。マテリアルレスバージョンは、Java などのいくつかの言語のみをサポートします。

「最もインテリジェントな Java IDE」として知られていると噂されています。開発者が最も創造的なソリューションを考え出すのに役立ちます。 「スマート コード補完」や「オンザフライ コード分析」などの機能により、開発者の生産性を向上させることができ、Web およびモバイル開発の高度なサポートも提供します。

IDEA の欠点:

  • 非常に大きなファイルの編集は信頼性が低く、簡単にスタックしたり直接スタックしたりする可能性があります。
  • いくつかの特別なツールと比較すると、十分に専門的ではありません。たとえば、プロジェクト内のファイルエンコーディングのバッチ変更の効果は非常に劣っています。
  • IntelliJ IDEA はハードウェア リソースを大量に消費するため、大量のメモリを必要とし、スムーズに使用するにはソリッドステート ハードディスクの支援も必要です。たとえば、マイクロサービスプロジェクトに取り組む場合、一般的に複数のプロジェクトを同時に開始する必要があり、しばらくするとメモリが空き、8G のメモリではまったく足りません。

4) NetBeans

NetBeans は、革新的な Java 開発をサポートする業界初のオープンソース IDE です。開発者は、業界で最も強力な開発ツールを利用して、デスクトップ、Web、またはモバイル アプリケーションを構築できます。同時に、NetBeans のモジュール構造とオープン API を通じて、サードパーティは NetBeans プラットフォームを簡単に拡張または統合できます。

NetBeans IDE は現在、PHP、Ruby、JavaScript、Ajax、Groovy、Grails、C/C++ などの開発言語をサポートしています。

NetBeans は Oracle Corporation が開発した IDE であり、多くの機能が組み込まれていますが、アイデアや Eclipse の市場に比べればまだ比較的小規模です。

NetBeans は、フル機能の配列を提供します。コンバータ、エディタ、コード アナライザなどのこれらのツールは、最新の Java テクノロジを使用してアプリケーションを実装するのに役立ちます。ツールの範囲は非常に広範囲に及び、IDE の背後にあるチームは常にそれを改善しています。さらに、静的分析ツールの助けを借りて、バグのないコードを作成することもできます。

これらの開発ツールを使用する前に、これらのソフトウェアの長所と短所を理解し、実際の状況に応じてアプリケーションを選択できるようにする必要があります。プログラミングツールは人の作業を楽にするために開発された単なる道具であり、それぞれに特徴があるため、盲目的にどのツールが良い、どのツールが良くないということではなく、主に自分が携わる分野に応じてツールを選択する必要があります。良い。この記事を読んで、皆さんが自分に適した Java 開発ツールを見つけられることを願っています。

 

「 Java の一般的な開発ツールは何ですか?」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

Java超入門コース 合併版【Javaの超基本的な部分をたった1時間で学べます】【プログラミング初心者向け入門講座】
【Java入門講座 総集編】40分でJavaの特徴を知り、プログラムの作成・実行ができます!