以下は、Eclipse でプログラムをデバッグする方法を理解するための簡単な例です。

 

 public class Test1 {
    public static void main(String[] args) {
        // for文、もし()内の条件が常に真である場合、{}内のコードを繰り返し実行する
        for (int i = 0; i <= 5; i++) {
            System.out.println("これは i の値です: " + i);
        }
    }
} 

上記のコードの主な機能は、i の値が 5 以下であるという条件を満たす場合に出力ステートメントを常に実行することです。 for キーワードの後ろの括弧内に 3 つの式があることがわかります。最初の式int i=0の機能は、int 型の変数を定義し、初期値を 0 に割り当てることです。2 番目の式i<=5 Itは、i が満たすべき条件が 5 以下であることを示し、3 番目の式i++は、プログラムが実行されるたびに i が 1 ずつインクリメントされることを意味します。

初心者の場合、これらの式を十分に理解していない可能性があるため、コンソールに出力される i の値に毎回疑問を抱くことになります。次に、プログラムの各実行後の i 値の変化を紹介します。

プログラムをデバッグするときに一般的に使用される方法は、ブレークポイントを設定し、追跡およびデバッグし、変数値の変更を表示することです。上記のコードをデバッグする方法は次のとおりです。

(1) ブレークポイントを設定します。ブレークポイントを挿入するステートメント行の前の青い領域をダブルクリックすると、行の前に青い点が表示されます。これがブレークポイントです。この例では、図 1 に示すように、6 行目の for ステートメントにブレークポイントが追加されます。ブレークポイントをキャンセルしたい場合は、ブレークポイントが配置されている行番号をダブルクリックするだけです。

(2) [ウィンドウ (ウィンドウ)] | [ビューの表示 (表示ビュー)] | [(ブレークポイント) ブレークポイント] コマンドを選択して、[ブレークポイント (ブレークポイント)] ペインを開きます。そこには、ブレークポイントがあるテストの行 6 が表示されます。

(3) プログラムをデバッグ モードで実行するには、ツールバーの [デバッグ] ボタンをクリックする必要があります。実行がブレークポイントに達すると、図 3 に示すようなダイアログ ボックスが表示され、実行される for ステートメントが上緑色に変わりました。図 4 に示すように、「切り替え (はい)」ボタンをクリックしてデバッグ モードに入ります。

 

(4) ボタンをクリックするか、F6 キーを直接押すと、プログラムがシングルステップ実行を開始します。このとき、「変数」ペインの i の値が 0 であることがわかり、実行を続けると、「コンソール」ペインに「この時点の i の値は 0」と出力されます。

(5) 実行を続けると、プログラムが for ループの先頭に戻り、次の実行を開始する準備ができていることがわかります。この時点で、i の値が 1 に変化し、変数ペインで i の値を示す行が黄色に変わります。

(6) プログラムが実行されるまでボタンをクリックし続けます。この過程では、i の値が 1 から 5 まで順番に変化し、その後プログラムの実行が終了することがわかります。

上記のデバッグ処理では、プログラム内の変数値の変化を見ることでプログラムの実行の流れをより理解することができますが、このブレークポイントを設定するデバッグ方法は初心者でも習得する必要があります。

ここでは、初心者向けにミスを減らすためのヒントをいくつか紹介します。

  • Java命名規則を使用して、命名エラーの可能性を減らします。
  • ある程度のコンピュータ専門英語をマスターし、いくつかのエラー メッセージを読み、プロンプトに従ってエラーを見つけて修正できるようになります。
  • コードの意味を理解したら、コードをコピーするのではなく、自分でコードを書く練習をしてください。
  • もっと見て、もっと練習して、もっと考えてください。
 

「 Java Eclipse でコードをデバッグする方法」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

【初心者必見!】Eclipse(Java)のまずは覚えておきたいデバッグ機能の使い方
ソースコードのバグを探せ!デバッグの実演 【プログラミング】

Share via
Copy link