Javaの選択構造とループ構造の概要


 
 
どのプログラミング言語でも最も一般的なプログラム構造はシーケンス構造です。シーケンシャル構造とは、途中での判断やジャンプを行わずに、上から下へプログラムを 1 行ずつ実行する構造です。

 

main メソッドの複数行のコード間にフロー制御がない場合、プログラムは常に上から下に順番に実行され、前のコードが最初に実行され、後ろのコードが後に実行されます。これは、フロー制御がない場合、 Javaメソッド内のステートメントは順次実行フローであり、各ステートメントは上から下に順番に実行されることを意味します。

どのような種類のプログラミング言語であっても、分岐構造とループ構造という 2 つの基本的なフロー制御構造が提供されます。ブランチ構造は条件に従って特定のコードを選択的に実行するために使用され、ループ構造はループ条件に従って特定のコードを繰り返し実行するために使用されます。

Java では、これら 2 つのフロー制御構造の構文も提供しており、if と switch の 2 つの分岐ステートメントと、while、do while、for の 3 つのループ ステートメントが提供されています。通常、ループ文を記述する場合は、次の 3 つのステップに分かれます。

  1. 初期値を定義する
  2. 判定条件を設定する
  3. 初期値変更

さらに、JDK5 では、より簡単な方法でコレクションと配列の要素を走査できる新しいループ、foreach ループも提供します。

Java には、プログラムのループ構造を制御するために Break、Continue、Return も用意されており、その機能は次のとおりです。

  • Break: 現在のレイヤーのループから抜け出すことを示します
  • continue: このサイクルを抜けて次のサイクルに入るように指示します。
  • return: 現在のメソッドのループから抜け出す

ある関数ステートメントを実装する際に、ある条件で判定する必要がある場合には、選択構造を使用します。関数をループを通じて実装する必要がある場合、ループ構造が使用されます。もちろん、ループと選択を相互にネストすることもできます。

 

「 Javaの選択構造とループ構造の概要」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

【Java超入門コース】04.プログラムの3つの基本構造|プログラムの動きはシンプル。動きは3つだけ【プログラミング初心者向け入門講座】
【Java入門講座 総集編】超初心者歓迎!Javaの基本文法がすべてマスターできる!