return キーワードはループを終了するために特に使用されるわけではありません。return ステートメントは、関数の実行を終了するか、クラスのメソッドを終了し、メソッドの呼び出し元に制御を戻すために使用されます。メソッドに戻り値の型がある場合、return ステートメントはこの型の値を返す必要があります。メソッドが値を返さない場合は、式のない return ステートメントを使用できます。

メソッドが return ステートメントとその後にメソッドの戻り値の型の値を使用する場合、このメソッドの呼び出し後に得られる結果は、メソッドによって返される値になります。

例1

ユーザーが double 型の 2 つの値を入力した場合、2 つの値の合計を計算する必要があり、2 つのオペランドは変更できますが、合計する機能は変わりません。このとき、メソッドを変更する必要があります。定義されている限り、合計する必要があるときにこのメソッドを呼び出すだけで、このメソッドは計算結果を返します。コードは以下のように表示されます。

import java.util.Scanner;

public class Test {
    public static void main(String[] args) {
        Scanner input = new Scanner(System.in);
        System.out.println("操作数1を入力してください:");
        double num1 = input.nextDouble(); // ユーザーが入力した操作数1を取得します
        System.out.println("操作数2を入力してください:");
        double num2 = input.nextDouble(); // ユーザーが入力した操作数2を取得します
        double d = sum(num1, num2);
        System.out.println(num1 + "+" + num2 + "=" + d);
    }

    /**
     * sum() メソッドを作成し、double 型の値を返します
     *
     * @param i 操作数1
     * @param j 操作数2
     * @return 2つの操作数の合計
     */
    public static double sum(double i, double j) {
        double sum = i + j;
        return sum;
    }
} 

ユーザーが 2 つの double 値を入力すると、プログラムは sum() メソッドを呼び出します。このメソッドには、ユーザーが入力したオペランド 1 とオペランド 2 を表す 2 つのパラメーターがあります。このメソッドを呼び出すときは、ユーザーが入力した 2 つの値を渡すだけで済みます。その後、プログラムは sum() メソッドを実行し、2 つの数値を合計し、return ステートメントを使用して計算結果を返します。

main() メソッドでは、sum() メソッドによって返される値、つまり変数 d が計算結果を受け取るために double 型の変数を使用する必要もあります。

実行後の結果は次のようになります。

 以下のコードスニペットを翻訳します:

```
操作数1を入力してください:
500
操作数2を入力してください:
203
500.0+203.0=703.0
```

「 Javaのreturn文」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

引数、戻り値とは?【分かりやすい解説シリーズ #7】【プログラミング】
【Java入門(1)メソッド編 #3】【配列の受け渡し】(引数が配列・戻り値が配列)【プログラミング入門】
Share via
Copy link