ホーム プログラミング言語 Web関連 javascript JS Date (時刻/日付) オブジェクト






JS Date (時刻/日付) オブジェクト




 
 
Date オブジェクトは、コンピュータ システムの時刻にアクセスできる JavaScript 組み込みオブジェクトです。さらに、Date オブジェクトは、時刻/日付を管理、操作、および書式設定するためのさまざまなメソッドを提供します。

 

日付オブジェクトを作成する

時刻と日付の操作を開始する前に、Date オブジェクトを作成する必要があります。他のオブジェクト (配列オブジェクト、文字列オブジェクトなど) とは異なり、Date オブジェクトは直接宣言できず、Date() 関数を通じて定義する必要があります。

JavaScript では、Date オブジェクトを作成するために次の 4 つの異なるメソッドを使用できます。

var time = new Date();
var time = new Date(miliseconds);
var time = new Date(datestring);
var time = new Date(year、month、date[hour, minute, second, milisecond]);

パラメータは次のように説明されます。

  • パラメータが指定されていない: Date() 関数の呼び出し時にパラメータが指定されていない場合は、現在の時刻と日付を含む Date オブジェクトが作成されます。
  • ミリ秒 (ミリ秒): 値がパラメーターとして指定された場合、このパラメーターはミリ秒単位の時間値として扱われ、指定されたミリ秒数後の 1970-01-01 00:00:00 からの時間を返します。たとえば、 、 new Date(5000) は、1970-01-01 00:00:00 から 5000 ミリ秒後の時刻を返します。
  • datestring (日付文字列): 文字列形式の日付がパラメータとして提供される場合、特定の時刻に変換されます。日付には次の 2 つの文字列形式があります。
    • YYYY/MM/dd HH:mm:ss (推奨): 時刻部分を省略した場合、返される Date オブジェクトの時刻は 00:00:00 です。
    • YYYY-MM-dd HH:mm:ss: 時刻部分を省略した場合、返される Date オブジェクトの時刻は 08:00:00 (+ ローカル タイム ゾーン) です。省略しない場合、IE ブラウザでの変換は失敗します。 。
  • 特定の年、月、日、時、分、秒を Date オブジェクトに変換します。ここで、
    • year: 年を示します。エラーを避けるために、年を表すには 4 桁の数字を使用することをお勧めします。
    • month: 月を示します。0 は 1 月、1 は 2 月などを表します。
    • date: 月の特定の日を示します。1 は 1 日を表し、2 は 2 日を表します。
    • hour: 24 時間制で表される時間。値の範囲は 0 ~ 23 です。
    • minutes: 分を示します。値の範囲は 0 ~ 59 です。
    • second: 秒を示します。値の範囲は 0 ~ 59 です。
    • millisecond: ミリ秒を示し、値の範囲は 0 ~ 999 です。

サンプルコードは次のとおりです。

 var time1 = new Date();
var time2 = new Date(1517356800000);
var time3 = new Date("2018/12/25 12:13:14");
var time4 = new Date(2020, 9, 12, 15, 16, 17);
document.write(time1 + "<br>");     // 出力:Fri Jul 23 2021 13:41:39 GMT+0900 (日本標準時間)
document.write(time2 + "<br>");     // 出力:Wed Jan 31 2018 08:00:00 GMT+0900 (日本標準時間)
document.write(time3 + "<br>");     // 出力:Tue Dec 25 2018 12:13:14 GMT+0900 (日本標準時間)
document.write(time4 + "<br>");     // 出力:Mon Oct 12 2020 15:16:17 GMT+0900 (日本標準時間) 

日付オブジェクトのプロパティ

Date プロパティで提供されるプロパティとその説明を次の表に示します。

属性 説明
constructor Date オブジェクトを作成したプロトタイプ関数を返します。
prototype このプロパティを使用すると、オブジェクトにプロパティとメソッドを追加できます

サンプルコードは次のとおりです。

 var time = new Date();

Date.prototype.name = null;
time.name = "JavaScript";
document.write(time.constructor + "<br>");      // 出力:function Date() { [native code] }
document.write(time.name + "<br>");             // 出力:JavaScript 
Date オブジェクトのメソッド

Date プロパティで提供されるメソッドとその説明を次の表に示します。

方法 説明
getDate() Date オブジェクトから日付 (1 ~ 31) を返します。
getDay() Date オブジェクトから曜日 (0 ~ 6) を返します。
getMonth() Date オブジェクトから月 (0 ~ 11) を返します。
getFull Year() Date オブジェクトから 4 桁の年を返します。
getYear() 非推奨です。代わりに getFull Year() メソッドを使用してください。
getHours() Date オブジェクトの時間を返します (0 ~ 23)。
getMinutes() Date オブジェクトの分 (0 ~ 59) を返します。
getSeconds() Date オブジェクトの秒を返します (0 ~ 59)。
getMiliseconds() Date オブジェクトのミリ秒を返します (0 ~ 999)
getTime() 1970 年 1 月 1 日からのミリ秒数を返します。
getTimezoneOffset() 現地時間とグリニッジ標準時 (GMT) の差を分単位で返します。
getUTCDate() 世界時に従って Date オブジェクトから月の日 (1 ~ 31) を返します。
getUTCDay() 世界時に従って Date オブジェクトから曜日 (0 ~ 6) を返します。
getUTCMonth() 世界時に従って Date オブジェクトから月 (0 ~ 11) を返します。
getUTCFullyear() 世界時に従って Date オブジェクトから 4 桁の年を返します。
getUTCHours() 世界時 (0 ~ 23) に従って Date オブジェクトの時間を返します。
getUTCMinutes() 世界時に従って Date オブジェクトの分 (0 ~ 59) を返します。
getUTCSeconds() 世界時に従って Date オブジェクトの秒 (0 ~ 59) を返します。
getUTCMiliseconds() 世界時に従って Date オブジェクトのミリ秒 (0 ~ 999) を返します。
parse() 1970 年 1 月 1 日の午前 0 時から指定された日付 (文字列) までのミリ秒数を返します。
setDate() Dateオブジェクトに日付を設定します(1~31)
setMonth() Dateオブジェクトに月を設定します(0~11)
setFullyear() Date オブジェクトに年 (4 桁) を設定します。
setyear() 非推奨です。代わりに setFull Year() メソッドを使用してください。
setHours() Date オブジェクトに時間を設定します (0 ~ 23)
setMinutes() Dateオブジェクトに分(0~59)を設定します。
setSeconds() Dateオブジェクトに秒を設定します(0~59)
setMiliseconds() Dateオブジェクトにミリ秒を設定します(0~999)
setTime() Date オブジェクトをミリ秒単位で設定します
setUTCDate() Date オブジェクトの日付を世界時 (1 ~ 31) に従って設定します。
setUTCMonth() Date オブジェクトに世界時に従って月 (0 ~ 11) を設定します。
setUTCFullyear() 世界時に従って Date オブジェクトに年 (4 桁) を設定します
setUTCHours() Date オブジェクトの時間を世界時 (0 ~ 23) に従って設定します。
setUTCMinutes() Date オブジェクトに世界時に従って分 (0 ~ 59) を設定します。
setUTCSeconds() Date オブジェクトの秒を世界時 (0 ~ 59) に従って設定します。
setUTCMiliseconds() Date オブジェクトのミリ秒を世界時 (0 ~ 999) に従って設定します。
toSource() このオブジェクトのソースコードを返します
toString() Date オブジェクトを文字列に変換する
toTimeString() Date オブジェクトの時刻部分を文字列に変換します。
toDateString() Date オブジェクトの日付部分を文字列に変換します。
toGMTString() 廃止されました。代わりに toUTCString() メソッドを使用してください。
toUTCString() Date オブジェクトを世界時に従って文字列に変換します
toLocaleString() Date オブジェクトを現地時間の形式に従って文字列に変換します。
toLocaleTimeString() Date オブジェクトの時刻部分を現地時間形式に従って文字列に変換します。
toLocaleDateString() Date オブジェクトの日付部分を現地時間形式に従って文字列に変換します。
UTC() 世界時に従って、1970 年 1 月 1 日から指定された日付までのミリ秒数を返します。
valueOf() Date オブジェクトの元の値を返します。

サンプルコードは次のとおりです。

 var time = new Date();

document.write(time.getDate() + "<br>");             // 出力:23
document.write(time.getDay() + "<br>");              // 出力:5
document.write(time.getFullYear() + "<br>");         // 出力:2021
document.write(time.getHours() + "<br>");            // 出力:16
document.write(time.getMonth() + "<br>");            // 出力:6
document.write(time.getTime() + "<br>");             // 出力:1627028869285
document.write(time.getUTCDate() + "<br>");          // 出力:23
document.write(time.toDateString() + "<br>");        // 出力:Fri Jul 23 2021
document.write(time.toString() + "<br>");            // 出力:Fri Jul 23 2021 16:29:57 GMT+0900 (日本標準時間)
document.write(time.toLocaleDateString() + "<br>");  // 出力:2021/7/23
document.write(time.toLocaleTimeString() + "<br>");  // 出力:午後4:31:00
document.write(time.toLocaleString() + "<br>");      // 出力:2021/7/23
4:31:00
 

「 JS Date (時刻/日付) オブジェクト」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

JavaScriptでよく使う日付・時間の取得方法を全部解説【Date, toLocaleString】
JavaScript add days to date