JS do while ループ文の使用法

JS do while ループ文の使用法

 
 
JS の do while ループはwhile ループとよく似ていますが、違いは、 do while ループが最初にループ内のコードを実行し、次に条件式を判断することです。したがって、条件式が true か false かに関係なく、do while ループは少なくとも 1 回実行できますが、while ループは動作せず、条件式が false の場合は、while ループを直接終了します。

 

JS do while ループ構文

JS do while ループの構文は次のとおりです。

do {
// 実行するコード
while (条件式);

ヒント: do while ループと while ループの間には 1 つの違いがあります。つまり、do while ループの終わりにはセミコロン;を使用して終了する必要がありますが、while ループではその必要がありません。

do while ループの実行フローを次の図に示します。

図 1: do while ループの実行フロー (source: google.com)
図 1: do while ループの実行フロー (source: google.com)

サンプルコードは次のとおりです。

 変数iを1に設定します;
do {
    document.write(i + " ");
    i++;
} while (i > 5); 

操作結果:
1

JS do while ループの例

do while ループを使用して、1 から 100 までのすべての整数の合計を計算します。

 var i = 1;
var sum = 0;
do {
  sum += i;
  i++;
} while (i <= 100);
document.write("1 + 2 + 3 + ... + 98 + 99 + 100 = " + sum) 

(注:このコードはJavaScriptで書かれたものです) 

操作結果:
1 + 2 + 3 + … + 98 + 99 + 100 = 5050

 

「 JS do while ループ文の使用法」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

5-1 while文(JavaScriptの繰り返し処理)
[11] do-whileを使って繰り返し処理をする – Java基礎