ホーム プログラミング言語 Web関連 javascript JS while ループ文の使い方

JS while ループ文の使い方


 
 
サイクルとは、1 つのことを繰り返し実行することです. コードを書いている過程で、データをトラバースしたり、特定の文字列を繰り返し出力したりするなど、繰り返し実行する必要がある操作に遭遇することがよくあります. by line 、このような繰り返し操作では、ループを使用して完了することを選択する必要があります。

 

ループの目的は、特定のコードを繰り返し実行することです. ループを使用すると、プログラミングの負担が軽減され、コードの冗長性が回避され、開発効率が向上し、後のメンテナンスが容易になります. while ループは JavaScript で提供される最も単純なループ文です. このセクションでは、while ループの使用法を簡単に紹介します.

JS while ループ構文

JS while ループの構文は次のとおりです。

while (条件式) {
// 実行するコード
}

while ループの各サイクルの前に、条件式が最初に評価されます。条件式の結果が true の場合、 { }内のコードが実行されます。条件式の結果が false の場合、while ループは次のようになります。 while ループの後のコード。

while ループの実行フローを次の図に示します。

図 1: JS while ループの実行フロー (source google.com)
図 1: JS while ループの実行フロー (source google.com)

サンプルコードは次のとおりです。

 var i = 1;
while( i <= 5) {
    document.write(i+"、");
    i++;
} 

操作結果:
1、2、3、4、5、

予防

ループ ステートメントを記述するときは、式の結果が true である限りループが継続し、停止しないため、条件式の結果が false (つまり、ブール値 false) になる可能性があることを確認してください。通常、これを「無限ループ」または「デッド ループ」と呼びます。

うっかり無限ループを作ってしまうと、ブラウザやパソコンがフリーズすることがあります。

JS while ループの例

[例 1] while ループを使用して、1 から 100 までのすべての整数の合計を計算します。

 var i=1;
var sum=0;
while (i <= 100){
    sum += i;
    i++;
}
document.write("1 + 2 + 3 + ... + 98 + 99 + 100 = " + sum) 

操作結果:
1 + 2 + 3 + … + 98 + 99 + 100 = 5050

[例 2] 1900 年から 2020 年までのすべてのうるう年を検索し、各行に 6 を出力します。

let i = 1900;
let count = 0; //うるう年の数をカウントする while (i <= 2020) { //うるう年かどうかを判断する if (i % 4 == 0 && i % 100 != 0 || i % 400 == 0) { document.write(i + "&nbsp;&nbsp;"); count++; if (count % 6 == 0) { document.write("<br/>"); } } i++; }

操作結果:

 1904年 1908年 1912年 1916年 1920年 1924年
1928年 1932年 1936年 1940年 1944年 1948年
1952年 1956年 1960年 1964年 1968年 1972年
1976年 1980年 1984年 1988年 1992年 1996年
2000年 2004年 2008年 2012年 2016年 2020年 
 

「JS while ループ文の使い方」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

【Java入門#9】while文を使った繰り返し処理
【高校情報1授業】JavaScriptプログラミング超入門「for/while 繰り返し構文」#6