ホーム プログラミング言語 Web関連 json JSON オブジェクト (オブジェクト)

JSON オブジェクト (オブジェクト)


JSON では、オブジェクトはキーと値のペアの順序付けられていないコレクションです. オブジェクトは左中括弧{で始まり、右中括弧}で終わります. 左中括弧と右中括弧の間には、オブジェクト内のいくつかのキー/値のペアがあります. In the key/value pair, the key must be a string type (つまり、キーは二重引用符で囲まれています), and the value can be any type in JSON. キーと値はコロンで区切る必要があります: ,異なるキー/値のペアはコンマ,区切る必要があります。 JSON でサポートされているデータのタイプについては、セクション「 JSON データのタイプ」を参照してください。

JSON オブジェクトの例を見てみましょう。

 
{ 
    "website": {
        "name" : "IT基礎",
        "url" : "https://it-kiso.com/"
    } 
} 

上記の例からわかるように、JSON 全体は「website」という名前のキーを含むオブジェクト タイプであり、キーに対応する値もオブジェクトであり、「name」や「url」などのキーが含まれます。 、およびキーに対応する値。

JSON でオブジェクト型を使用する場合は、次の点に注意してください。

  • オブジェクトは中かっこ{ }で囲む必要があります。
  • オブジェクトのコンテンツは、キーと値のペアの形式で記述する必要があります。
  • キーは文字列型である必要があります。つまり、二重引用符" "を使用してキーをラップします。
  • 値は、JSON でサポートされている任意のタイプのデータ (文字列、数値、オブジェクト、配列、ブール値、null など) にすることができます。
  • キーと値を区切るにはコロンを使用します。
  • カンマを使用して、異なるキーと値のペアを区切ります。
  • オブジェクトの最後のキーと値のペアには、末尾のコンマは必要ありません。

さらに、JSON オブジェクトは、次の例に示すように、オブジェクト、配列など、他の型をネストできます。

 
// キー/バリューのペアで、キーはダブルクォーテーションで定義しなければならず、値が文字列の場合はダブルクォーテーションで定義しなければなりません。
{
    "name": "IT基礎",
    "age": 18,
    "url": "https://it-kiso.com/",
    "course": {
        "title": "JSONチュートリアル",
        "list": [
            "JSONとは",
            "JSONの構文規則",
            "JSONデータの種類"    // 最後の値なので、カンマは追加できません
        ]    // カンマは追加できません、配列内でこれが最後の値だからです
    }    // 最後のキー/バリューなので、カンマは追加できません、オブジェクト内でこれが最後だからです
}
 

ヒント: 上記の例では、JSON ではコメントの定義がサポートされていないため、コメントは JSON の一部ではありません。上記の JSON データを使用する前に、まずコメントの内容を削除する必要があります。

「 JSON オブジェクト (オブジェクト)」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

JSONとは?8分でわかるJSON形式データの使い方入門
【Pythonプログラミング入門】JSONを解説!( jsonモジュール ) 〜VTuberと学習〜 【初心者向け】