ホーム テクノロジー 通話中に画面が点灯しませんか?これが修正です! (2022年)

通話中に画面が点灯しませんか?これが修正です! (2022年)


近接センサーの問題は、Android スマートフォンでは新しいことではありません。通話中に画面が点灯する例がありますが、これは主力の Android デバイスで引き続き発生します。万が一、画面が破損している場合、経験はさらに悪化します。ユーザーは、軽度の損傷の後、近接センサーに影響を与えるため、通話中に画面がオンにならないと報告しています。ディスプレイが常にブラックアウトし、相手からの通話が終了するまで待たなければなりません。要約すると、それはイライラする経験です。したがって、Android スマートフォンで通話中に近接センサーを無効にしたい場合は、以下のガイドに従ってください。

通話中に画面がオンまたはオフにならない問題を修正する方法 (2022)

このチュートリアルでは、さまざまな Android ハンドセットを悩ませる近接センサーの問題を解決する 5 つの異なる方法について説明しました。以下で説明する方法は網羅的なものではなく、その特定のセクションに限定されるものではないことに注意してください。したがって、基本的な修正から始めて、さらに解決策を見つけるために段階的に次の方法に進むことをお勧めします。

1. 基本的な修正

近接センサーが壊れているほとんどのユーザーは、Android デバイスの アクセシビリティ設定で 問題を解決できます。 Android 6.0以降のデバイスに適用されます。その方法は次のとおりです。

1. Android デバイスの設定を開き、「アクセシビリティ」を検索します。次に、「アクセシビリティ」ページを開きます。または、[設定] -> [システム] に移動して、上記のメニューを見つけることもできます。次に、下にスクロールして「 電源ボタンで通話が終了 」を探します。このトグルを有効にします。画面がオフの場合でも、ハードウェアの電源ボタンで通話を終了できるようになります。

2. 一部の Samsung デバイスでは、 音量を上げるボタン を使用して通話を受けること もできます。電話を受ける前でも画面がオンにならない場合は、音量を上げるボタンを押すと電話を受けることができます。したがって、このトグルを必ず有効にしてください。他の OEM のデバイスをお持ちのユーザーは、[アクセシビリティ] ページでこのトグルを探してください。参考までに、標準の Android デバイスにはこのオプションはありません。

3. 上記の手順では、画面がオフのときに通話の受信/終了を行うことができますが、通話中に画面をオンにしたい場合は、この手順に従ってください。ほとんどの Android スマートフォンには「 電源ボタンによるダブルクリック 」機能が搭載されています。ハードウェアの電源ボタンをダブルクリックしてカメラを開くことができます。このオプションがある場合は、オンにしてください。通話中、カメラは近接センサーを無効にし、画面を強制的にオンにします。最後に、他のアプリを開いたり、ラウドスピーカー モードを有効にしたりできます。

2.タップタップアプリ

TapTap アプリは、Android スマートフォンに追加のユーティリティを提供するために Kieron Quinn によって構築されましたが、近接センサーの問題に悩まされているデバイスにとっても優れたツールとなる可能性があります。 TapTap アプリを使用すると、携帯電話の背面を ダブルタップまたはトリプルタップして 、多くのシステム操作を実行できます。この機能を使用して、通話中に画面をオンにします。

1. まず、この リンク をクリックして、 TapTap アプリをダウンロードします 。 Android 7.0以降のデバイスで動作します。その後、Android デバイスにアプリをインストールします。

2. セットアップ中に、背面をダブルタップして感度を確認するように求められます。アプリがタップを登録できない場合は、 感度とデバイスのサイズを調整してください 。また、背面に指紋センサーがある場合は、センサーをダブルタップします。

3. 次に、画面上の指示に従って、 アクセシビリティ権限を付与します 。その後、必ずバッテリーの最適化を無効にしてください。

4. 手順が完了したら、「 ゲート 」に移動し、すべてのトグル、特に「ディスプレイオフ」と「通話中」オプションを無効にします。

5. 次に、「 ダブルタップアクション 」を開き、「アクションを追加」をタップします。アクションがすでに追加されている場合は、長押しして削除します。

6. ここで、「起動」を選択し、「 カメラの起動 」を追加します。これにより、通話中に背面をダブルタップしてカメラを起動できるようになります。特に通話中にカメラを開くようにお願いしているのは、画面のオンを妨げている近接センサーを無効にする可能性があるためです。

7. 次に、電話をかけ、 背面をダブルタップします 。画面がオンになり、カメラが開いていることがわかります。ここから、通話を終了したり、通知シェードからスピーカー モードをオンにしたりできます。ランチャーから任意のアプリを開くこともできます。

8. 上記の手順がうまくいかない場合は、新しいアクションを追加することをお勧めします。既存のアクションを削除し、新しいアクションを追加します。 「アクション」を選択し、「 ウェイクデバイス 」を追加します。これは Android 10 以降を実行しているデバイスでは機能しない可能性がありますが、Android 9 以下を実行しているスマートフォンをお持ちの場合は機能する可能性があります。

9. 次に、これが機能するかどうかをテストしてみましょう。そうでない場合は、「 詳細設定 」を開いて「レガシーウェイクデバイス方式」を有効にします。

10. 私の使用状況では、TapTap アプリは問題なく動作しましたが、タップに対して敏感すぎて、わずかなトリガーの後でもカメラが開いていました。したがって、感度を調整するには、「 ジェスチャー 」を開いて「感度」を下げます。

3. 変更されたダイヤラー アプリをインストールする

一部の開発者は、通話中に近接センサーを完全にブロックする新しいアイデアを思いつきました。一般に、ダイヤラーは、電話を受けると近接センサーによって画面の電源がオフになり、近くに物体がない場合にオンになるようにプログラムされています。そこで開発者は、AOSP Dialer アプリから 近接センサーに関連するソース コードを完全に削除する というアイデアを思いつきました。こうすることで、通話中に近接センサーが作動しなくなります。すごいですね。そこで、次に進む方法を説明します。

1. Android 8.0 ユーザー の場合は、 XDA フォーラム から修正された AOSP Dialer アプリをダウンロードできます。次に、アプリをインストールし、すべての権限を付与します。変更したダイヤラーをデフォルトの発信者アプリとして設定してください。

2. Android 9.0 ユーザー の場合は、 ここ から修正された AOSP ダイヤラーをダウンロードできます。アプリをインストールし、画面上の指示に従ってデフォルトのダイヤラーに設定します。今後、通話中に近接センサーによって画面がオフになることはありません。

4. アクセシビリティ設定でスイッチアクセスを使用する

スイッチ アクセスは 、ハードウェア ボタンを使用して Android UI 内を移動できるようにするアクセシビリティ ツールです。この方法はすべての Android スマートフォンに適用できます。

1. まず、[設定] ページで [アクセシビリティ] を開き、 [スイッチ アクセス] を有効にします 。 USB または Bluetooth デバイスを選択するよう求められます。何も触らずに「終了」ボタンをタップしてください。

2. 次に、「スイッチアクセスショートカット」を有効にします。プロンプトが表示されたら、「 音量キーを押し続ける 」を選択して保存します。

3. 次に、スイッチアクセスページの「設定」を開き、「 スキャン用のスイッチの割り当て 」に移動します。

4. ここで、「 選択 」をタップし、ハードウェアの音量を下げるボタンを押します。ボタンを押したことが記録されます。保存してください。これにより、音量ダウン ボタンを押して UI ボタン​​ (Enter キーに相当) を選択できるようになります。

5. 同様に、「 次へ 」をタップし、ハードウェアの音量を上げるボタンを押します。保存してください。基本的に、音量を上げるボタンを押すと、別の UI ボタン​​に移動できます。

6. 通話中に近接センサーの故障により画面がオフになった場合、音量を上げるボタンを押して「スピーカー」ボタンに移動できるようになりました。下の画像でわかるように、 スピーカー ボタンは 2 番にあります 。1 つ目はメニュー、2 つ目はスピーカー ボタンです。このボタンの配置はダイヤラーによって異なるため、スピーカーがどの番号に配置されているかを事前に確認してください。

7. 音量を上げるボタンを 2 回押すと、スピーカー モードになりました。ここで、メニューを選択するために割り当てた 音量ダウン ボタンを押す だけです。そして、スピーカー モードがオンになり、最終的には近接センサーが無効になり、画面がオンになります。したがって、通話中は常にこれらのボタンの組み合わせを押してスピーカー モードを有効にする必要があります。これにより、スイッチ アクセスを利用して通話中に画面をオンにすることができます。

5. 近接センサーを無効にする (Xused が必要)

Android スマートフォンの近接センサーを完全に無効にする方法がありますが、それには Xused フレームワークがインストールされている必要があります。このプロセスはすべての人に適しているわけではありませんが、Android の開発と root 化に精通している場合は、次の手順に従うことができます。また、この Xused モジュールは Android 7.0 以前を実行している デバイスでのみ動作することに注意してください。さらに、Android 10 以降にはすべてのセンサーを無効にするオプションが付属していますが、マイクも無効になるため、通話中には望ましくないことにも注意してください。

1. XDA フォーラム の手順に従って、Xused フレームワークをインストールできます。その後、Play ストアから Sensor Disabler アプリ ( 無料 ) をインストールします。これで、Android デバイスの近接センサーを無効にすることができます。

Android スマートフォンで通話中に近接センサーを無効にする

これらは、Android スマートフォンの近接センサーの問題を解決できるいくつかの方法です。過去に、私はこの厄介な問題に直面したことがあります。スマートフォンは数年使用すると動作が悪くなるため、Android には近接センサーを無効にするネイティブのトグルが必要だと思います。とにかく、私たちからは以上です。場合によっては、Play サービスがバッテリーの消耗を引き起こすなど、別の厄介な問題に直面している場合は、リンクされたガイドに従ってください。ご質問がございましたら、以下にコメントしてお知らせください。

絶対に観るべき!「通話中に画面が点灯しませんか?これが修正です! (2022年)」についてベスト動画選定

【一から学ぶスマホスクール基本講座⑨】通話中にできる機能について解説
【#雑談 】年末最後のお喋りの時間だヨ~【#個人Vtuber 】