ホーム テクノロジー AI 拡張現実の概要とそれが重要な理由

拡張現実の概要とそれが重要な理由


拡張現実とは、物理世界とデジタル世界を組み合わせて相互作用する用語です。

XR は、開発者や企業が仮想現実と拡張現実を開発および使用するときに登場しました。 XR は、VR、AR、MR などのすべての没入型テクノロジーと、まだ開発されていないテクノロジーを組み込んだ包括的な用語です。

拡張現実 (XR) とは何ですか?

仮想現実、複合現実、拡張現実の 3 つすべてが Extended Reality の柱です。それぞれのコア機能が組み合わされています。 XR テクノロジーは、相互作用できる現実世界とデジタル世界を組み合わせるために使用されます。

拡張現実テクノロジーは、距離の壁を取り除くのに役立つため、さまざまな業種や企業運営で広く使用されています。これらのテクノロジーはユーザー エンゲージメントを高めます。彼らは新しい現実を開発し、目、想像力、知性を使っては得られない新しい知識を得るのに役立ちます。

#1.仮想現実 (VR)

バーチャルリアリティ
バーチャルリアリティ

仮想現実は、人間を現実世界とはまったく異なる現実に変えることを可能にします。 VR は現実世界を再現でき、ユーザーは仮想世界を完全に体験できます。

仮想現実は特定のヘッドセットによって実現され、視覚、嗅覚、触覚、味覚などの五感すべてが関与します。 VRデバイスは、リアルな音と映像の環境を提供します。

VR を使用すると、ユーザーは新しくて興味深いことを体験したり、特定の時間に物理的に行くことができない場所を訪れることができます。仮想現実は、ゲームおよびエンターテインメント業界や従業員の研修に広く使用されています。

#2.複合現実 (MR)

複合現実
複合現実

複合現実では、仮想世界と現実世界の両方が出会い、新しい環境が作成されます。 Mixed Reality では、現実世界のオブジェクトと仮想オブジェクトが一緒になってリアルタイムで相互作用できます。両方の世界の最高の特性を組み合わせています。 MR デバイスは VR デバイスよりも高価であり、強力でもあります。

#3.拡張現実 (AR)

拡張現実
拡張現実

拡張現実は現実世界に錯覚を作り出します。 VR とは異なり、仮想世界を作成するのではなく、AR デバイスを使用してグラフィックス、ビデオ、サウンド、またはその他のデータで現実世界を拡張します。

AR は、物理環境を完全に変更するのではなく、いくつかの属性を追加するだけなので、物理環境に想像力や幻想を生み出します。

拡張現実と拡張現実

拡張現実拡張現実
XR は、拡張現実、仮想現実、複合現実の体験を組み合わせた包括的な用語です。 AR は、一部の部品を仮想オブジェクトに置き換えることによって、物理世界を拡張します。
XR は物理世界と現実世界を組み合わせて、ユーザーに素晴らしい体験を提供します。 AR は現実世界に錯覚を生み出します。
XR は、物理世界と仮想世界の間の境界線を曖昧にします。 ARはそれほど没入感がありません。
XR は、VR、MR、AR の 3 つをすべて組み合わせたものです。 ARはXRではありません。

拡張現実の長所と短所

拡張現実の長所と短所
拡張現実の長所と短所

XRテクノロジーの利点

  • XR技術により、非日常的な表現を提供します。これにより、ユーザーは家、都市、さらには国を離れることなく、さまざまな場所を訪れる可能性を体験することができます。
  • XR テクノロジーは、リスクの高い状況で練習する人々の安全トレーニングに役立ちます。化学者や軍隊は、危険な教室から離れた場所でデバイスを使用して安全に訓練できます。
  • このテクノロジーを使用すると、主題についてより現実的なビューをユーザーに提供することで、より効果的な方法でユーザーをトレーニングすることができます。
  • XR テクノロジーにより、距離の壁を取り除き、シームレスなデータ アクセスが可能になります。

XRテクノロジーのデメリット

  • XR テクノロジーの欠点の 1 つは、大量の個人情報が漏洩する可能性があるサイバー攻撃やデータ ハッキングを受けやすいことです。
  • XR デバイスを長期間使用すると、目の病気、吐き気、失神、頭痛などの身体的危害を引き起こす可能性があります。
  • XR デバイスの開発と実装には非常に費用がかかります。
  • ER テクノロジーはユーザーにエンターテイメントを提供しますが、その一方で、社会的関与や個人的な交流の低下を引き起こす可能性もあります。

拡張現実の使用例

XR は現代社会において幅広い用途に使用されており、以下にその一部を示します。

拡張現実のユースケース
拡張現実のユースケース

エンターテインメント

エンターテインメントおよびゲーム業界は、XR テクノロジーの最も重要なユーザーの 1 つです。 XR ユーザーの 34% はエンターテインメントおよびゲーム業界を占めています。そのため、このビジネスは成功のためのユーザー エクスペリエンスを提供することに重点を置いています。

映画館では、XR テクノロジーを使用してユーザーに素晴らしい 3D 体験を提供します。コンサート、展示会、スポーツイベントなどのイベントでも XR テクノロジーが使用されます。

拡張現実は、その包括的な参加効果により、ビデオ ゲームで広く使用されています。これにより、ユーザーは完全に仮想現実の中に引き込まれることができます。

健康管理

医療従事者は XR テクノロジーを使用して複雑な医療手順を視覚化し、患者ケアの強化にも役立ちます。外科医が臓器を 3D で想像できるようにすることで、複雑な手術を支援できます。

教育と訓練

XR テクノロジーは、化学者や航空学生など、リスクの高い環境で訓練を受ける人々を支援します。 XR デバイスを使用すると、航空学生は、初心者であっても事故の危険を冒すことなく、実際の飛行機の操縦方法を体験して学ぶことができます。

不動産

不動産セクターは拡張現実テクノロジーを使用して、物理的にその場所を訪れることができない潜在的な購入者に仮想体験を提供しています。購入者またはテナントは仮想的にその場所を訪問し、その場所が自分たちにとって完璧であるかどうかを判断できます。

マーケティング

拡張現実テクノロジーにより、企業は新製品で顧客と対話する新しい方法を実現しました。企業は、ER デバイスを使用する前に顧客に製品を試してもらうことができます。

キャセイパシフィック航空は、同社のブランドを事前に体験できる360度動画を顧客に提供している。このマーケティング戦略は、同社のブランド認知度と売上の向上に役立ちました。

拡張現実への挑戦

現在、拡張現実 (XR) を開発する企業は 3 つの重要な課題に直面しています。

  1. コスト: XR を開発している企業は、テクノロジーが高価であるため、主にコストが課題となっています。高コストの原因は、複数のテクノロジーが連携していることと、XR デバイスの開発に多くのハードウェアが必要であることです。コストが高いため、一般の人は XR 製品を購入できず、これは、XR 製品に興味を持つ投資家が少なくなるということを意味します。
  2. ハードウェア: XR ハードウェア デバイスの開発には多くのテクノロジ、ソフトウェア、コンポーネントが必要なため、困難な作業になります。ハードウェアは、堅牢かつコンパクトで、大量のデータを迅速かつ迅速に処理できるように設計する必要があります。
  3. プライバシー:プライバシーは、拡張現実に伴うもう 1 つの課題です。 XR デバイス上でユーザーの好みに応じた環境を作成するには、多くの個人情報が必要となる場合があります。企業はそのようなデータを保存するために多額の費用を費やす必要があります。また、ユーザーはデータのプライバシーについて心配することになります。

拡張現実のトレンド

拡張現実-XR のトレンド
拡張現実-XR のトレンド

拡張現実が現在直面している課題にもかかわらず、このテクノロジーは世界中で採用されています。多くの新しいアプリケーションを企業に提供しています。

XR は優れたトレーニング ツールを提供し、情報へのアクセスを改善することで、ユーザーは現実のオブジェクトを操作しながらデータをすばやく見つけることができます。このテクノロジーは今後数年間で成長すると予想されます。

予測される成長と導入

パンデミックとロックダウンにより、世界中の企業が地理的に分散したチームと通信し、コラボレーションする方法を模索する中で、XR テクノロジーが急速に発展しました。

XR テクノロジーの可能性と、在宅勤務、学習、自宅でのショッピングなどの可能性を備えたその機能を強調しました。

ハードウェアの進歩

XR の開発と実装で直面する課題に対処する方法の 1 つは、ハードウェアの進歩です。テクノロジーの進歩に伴い、ハードウェアが小型化するため、XR デバイスの適応が大幅に小型化、軽量化されています。

メタバース

メタバースには、3D 世界、アバター、ゲーミフィケーションの 3 つのコンポーネントがあります。メタバース内のユーザーは、仮想空間で他のユーザーと対話したり、イベントに参加したり、ゲームをプレイしたり、ライブコンサートをプレイしたり、仮想通貨を獲得したりすることができます。2024 年までに、この XR ユニバースの市場評価額は 8,000 億ドルに達すると予想されています。

5G接続

XR テクノロジーでは、大量のデータを転送するために高速ネットワークが必要です。 5G 接続は現在のモバイル ネットワークより最大 20 倍高速であり、XR テクノロジーにとって重要な発展です。

5G は、多額のインフラ投資と高価なコンピューターの必要性を排除し、XR テクノロジーの拡大に役立ちます。

リモートコラボレーション

パンデミック後、リモートワーク文化は世界中で急速に成長しています。 XR テクノロジーは、リモート ワーカーが仮想的に接続できるようにすることで、オフィスで働いているのと同じように感じることで、コラボレーション、作業、問題解決を支援します。

最初は多額の投資が必要になる可能性がありますが、最終的には従業員に満足感をもたらし、企業に大きな ROI をもたらすことができます。

拡張現実の未来

拡張現実の未来
拡張現実の未来

機械と人間のインタラクションとデジタル変革の未来は、XR によって形作られる可能性があります。また、5G テクノロジーの採用に伴い、XR テクノロジーの使用と採用が増加します。

将来的には、さまざまな地球規模の問題を解決する多くの複雑で高度な XR テクノロジーが導入されることになります。

Metaのような組織は、メタバースを単なるグラフィックやビジュアル以上のものにし、触覚などの感覚を追加することに取り組んでいます。スマートフォンやゲーム コントローラーと同様に、これらの XR デバイスも触覚フィードバックを提供できます。

最後に、将来のスマートフォンとして、ある種の XR ウェアラブルが登場してもまったく驚くことではありません。 XR はモバイル コンピューティングを活用して、ユーザーに世界の体験を提供できます。

結論

拡張現実は、上で説明したものと同様に、企業に驚くべき利点をもたらしますが、さらに多くの利点が提供される予定です。そうは言っても、XR の実装と開発には多額の投資が必要で、少々リスクが高すぎます。重要なのは、十分な専門知識を備えたビジネス向けの XR 開発会社を選択することです。

最新の拡張現実のトレンド、フレームワーク、ツールを探索することもできます。

「拡張現実の概要とそれが重要な理由」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

ARとは?|ARとは拡張現実のこと。ARとVRの違い、仕組みや活用事例など、図解を使って3分でわかりやすく解説します
「プログラミング未経験からAR業界」はなぜ最高の選択なのか【AR(拡張現実)の基礎知識や開発・勉強方法も解説/VRよりAR】