ホーム テクノロジー クラウドコンピューティング VMware vCenter 拡張リンク モードとは何ですか?またその仕組みは何ですか?

VMware vCenter 拡張リンク モードとは何ですか?またその仕組みは何ですか?


拡張リンク モード (ELM) は、vSphere の高度な機能の 1 つであり、複数の vCenter Server を接続して、さまざまな vCenter Server 間の権限、ロール、ポリシー、ライセンスのレプリケーションを表示、検索、管理できる単一のインターフェイスを提供できるようにします。

これにより、vCenter Server を VCSA または Windows Server として展開しながら、複数の vCenter Server を使用して同じサイトまたは複数のサイトに展開されたエンタープライズ仮想環境を簡素化できます。

どのように機能するのでしょうか?

拡張リンク モード (ELM) は、同じ vSphere Single-Sign-On (SSO) ドメイン内の複数の vCenter Server にまたがる単一の画面を提供し、仮想インフラストラクチャ エンジニアが異なる仮想環境 (仮想デスクトップ環境と仮想サーバー環境) を簡単に管理できるようにします。複数のサイト。

ELM は標準の vSphere Client では動作しません。これは vSphere Web Client でのみサポートされており、有効にすると、同じ SSO ドメインの一部であるすべての vCenter のインベントリが拡張リンク モードでリンクされます。これらのアクセシビリティは、単一の Web クライアント インターフェイスから管理されます。

当初、vSphere 6.0 では、Platform Services Controller (PSC) が単一の vCenter Server 用の組み込み PSC および複数の vCenter Server を管理するための外部 PSC として導入されました。ただし、vSphere 6.5 U2 および vSphere 6.7 以降では、外部 PSC は非推奨となり、複数の vCenter Server を管理し、組み込み PSC を備えた vCenter Server Appliance (VCSA) を展開するには、組み込み PSC が推奨されます。今後は、組み込み PSC が使用され、VCSA も利用できます。仮想データセンターで必要な場合は、高可用性 (HA) として使用します。これにより、同じノード上の vCenter と PSC としての管理が容易になります。

vSphere 6.7 は、PSC が組み込まれた拡張リンク モードの vCenter Server で最大 15 ノードをサポートし、vCenter HA および vCSA のバックアップおよびリストア機能もサポートします。

組み込み PSC による拡張リンク モードの利点

次に、組み込み PSC を使用した拡張リンク モード (ELM) の利点をいくつか示します。

  • 別個のバックアップ アプライアンスを必要としない簡素化されたバックアップおよび復元プロセス
  • 外部 PSC がなくても複数のサイトを管理しながら、かなり簡素化されたドメイン アーキテクチャを提供します
  • ロード バランサを使用せずに HA プロセスを簡素化し、最大 15 台の vCenter Server Appliance を組み込みリンク モードで管理します
  • 3 つのノードは、vCenter HA の 1 つの論理 vCenter Server ノードとみなされます。

vCenter Server を組み込みリンク モードで構成するには 2 つの段階があります。

#1: 最初の vCenter アプライアンスのデプロイ

vCSA を展開する任意のシステムにマウントします。

vSphere Client 経由でホストにアクセスして VCSA OVF を展開し、[VM の作成/登録] を選択して、作成タイプを選択します。 「OVF または OVA ファイルから仮想マシンをデプロイする」オプションを選択し、インストール ウィザードに従います。

後で使用できるように、SSO 資格情報とドメイン名をどこかに書き留めてください。

1 番目の vCenter が正しく構成されたら、2 番目の vCenter アプライアンスをリンク モードでデプロイします。次に、2 番目の vCenter Server Appliance のステージ 2 を構成する手順をいくつか示します。

# 2: リンク モードでの 2 番目の vCenter アプライアンスのデプロイ

  • \vcsa-ui-installer\ ディレクトリに移動してインストーラーを実行します。Windows OS の場合は、win32 サブディレクトリに移動して installer.exe を実行します。
  • 「インストール」をクリックします
  • 「次へ」をクリックします
  • エンド ユーザー使用許諾契約 (EULA) に同意し、[次へ] をクリックしてウィザードに進みます。
  • vCenter Server Appliance から、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server を選択します。
  • 「次へ」をクリックします
  • vCenter Appliance (vCSA) をインストールする ESXi ホストの認証情報と完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力します。
  • 次に、ウィザードに従って 2 番目の vCenter Server Appliance をインストールします。
  • 最後に、「完了」をクリックして、デプロイメントのステージ 1 が完了するまで待ちます。
  • 導入が完了したら、「続行」をクリックしてステージ 2 に進み、組み込みリンク用に導入されたアプライアンスが構成されます。
  • インストール ウィザードに従い、[既存の SSO ドメインに参加する] オプションを選択して、最初に展開された組み込み PSC vCSA の既存の SSO ドメインに参加します。
  • 次に、PSC が組み込まれた最初の vCSA の FQDN を入力します: <最初の vCenter の FQDN>
  • 次に、次の情報を入力します。
    • HTTPS ポート: 443
    • シングル サインオン ドメイン名: vsphere.local
    • シングルサインオンのユーザー名は管理者です
    • シングルサインオンパスワード
  • ウィザードに従い、「インストールの完了準備完了 – ステージ 2」ページで概要を確認し、設定を確認して、「完了」をクリックします。
  • セットアップが完了するまで待ちます。セットアップが完了したら、「閉じる」をクリックします。
  • これで、vCenter Web クライアント ページにログインして、両方の vCenter Server が参加していることを確認できます。
  • [リンクされた vCenter Server システム] を選択して、拡張組み込みリンク モードを確認します。

この投稿を楽しんで読んでいただければ幸いです。次に、VMWare の面接の質問と回答を読むことができます。

「 VMware vCenter 拡張リンク モードとは何ですか?またその仕組みは何ですか?」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

vSphere 6.7 – 拡張リンク モードで 2 つの既存の VMware vCenter Server に参加する方法
【VMware説明動画】第1回 VMware?Vsphere?ハイパーバイザー?今後の進め方含めお話します!※約13分