ホーム テクノロジー データ管理 非公開: 組織にとって最も信頼できる 8 つのデータ統合ツール

組織にとって最も信頼できる 8 つのデータ統合ツール


ビジネスの効率を向上させ、時間を節約することを考えたことはありますか?または、タスクを完了するための生産的なテクニックを採用して収益を拡大したいと考えています。いずれの場合も、データ統合を検討する時期が来ています。

データ統合とは何ですか?

データ統合では、同期されたデジタル ツールとテクノロジを、すべてにアクセスできる中央プラットフォームに組み込むことができます。これは、ビジネスが内部と外部の両方の業務を最適化できるようにするソリューションです。

たとえば、多くの機関はマーケティング API (アプリケーション プログラム インターフェイス) を使用して、さまざまなマーケティング ツール間のデータを統合しています。

データ統合はスタンドアロン システムから 1 つの包括的なエコシステムに分岐できますが、この投稿では最適なツールに焦点を当てます。また、どの組織もデータ統合ツールを必要としているため、最適なツールを入手するために必要な知識を身につけることもできます。

データ統合ツールとは何ですか?

データ統合ツール
データ統合ツール

データ統合ツールは、データ統合プロセスで使用されるソフトウェアです。これらのツールは、組織が関係するあらゆるインフラストラクチャにわたる多数のエンドポイントにわたるデータにアクセス、変換、処理、移動するのに役立ちます。主な目標は、データによってビジネスの成果が加速されるまでデータ ライフサイクルをスピードアップすることです。

市場にはたくさんのデータ統合ツールがあります。各ソフトウェア ベンダーはいくつかのニーズを他のニーズよりも優先するため、多様な統合サービスが期待されます。データ分析など、一部のツールでは、データを元の形式からニーズに合った形式に再構成します。

リアルタイム データを処理して機密性の高いビジネス運営を強化する企業もいます。それは限界ではありません。他の企業は、クラウド アプリケーションを含む複数プレミスのインフラストラクチャ全体でのデータの移行とレプリケーションを提供します。

複数の組織と連携している場合は、知らず知らずのうちにデータ統合ツールに遭遇したことがあるかもしれません。サイト上の複数のアカウントにログインするツールを使用したことがありますか?さまざまな Web サイトにアクセスし、ネイティブ アプリからデータを取得したことがありますか?素晴らしい、味わったことがある。

まだ遭遇したことがない場合は、中小企業を立ち上げるケースを考えてみましょう。ビジネスが成長し、拡大するにつれて、新しい場所や収益チャネルにより、組織が扱うデータの量が増加します。データの大幅な増加によりその品質が脅かされ、データがより複雑になり、データ統合の必要性が求められています。

データ統合はどのように役立ちますか?

ツールはあなたのビジネスにどのように役立ちますか?データの信頼性について考えてみましょう。ビジネス データ エクスペリエンスを向上させたい場合は、データ統合を維持する必要があります。この場合、統合ツールは、データドリブンな取り組み向けに、エラーのない統合された信頼性の高いデータ セットを作成するのに役立ちます。

データのサイロ化について心配していますか?いくつかの一貫性のないシステムや時代遅れのアプリケーション インフラストラクチャを使用すると、ビジネスの好転が台無しになる可能性があります。統合ツールを使用すると、顧客エクスペリエンスを合理化し、ビジネス実装プロセスを強化できます。

より良いコラボレーションが必要ですか?コラボレーション ツールは、ビジネス インテリジェンスを向上させるための中核であり、チームを共有のビジョンと目標に結び付けるのに役立ちます。データ統合ツールは、より優れたコラボレーション エクスペリエンスを提供するため、特に意思決定において、チームが同じ認識を保つのに役立ちます。

最後に、分析を改善できます。データが 1 つの場所内に限定されている場合、分析は簡単です。統合ツールを使用すると、貴重な洞察が得られ、データをより実践的に活用できるようになり、機会やボトルネックを発生前に発見できるものもあります。

データ統合ツールの種類

データ統合ツールにはいくつかのクラスがあります。選択できる簡単な概要は次のとおりです。

  1. オンプレミス: ツールはプライベート クラウドまたはローカル ネットワーク内のスペースを占有します。社内 IT 部門は、社内ソフトウェアを使用して統合を行います。ただし、このモデルには比較的高いメンテナンス コストと、IT 部門と並行したインフラストラクチャ管理が伴います。
  2. クラウドベース: クラウド データ統合では、クラウド テクノロジを使用して複数のデータ ソースを統合します。このクラスは、データ統合のニーズに応える費用対効果の高い方法です。
  3. 独自仕様: これらのツールは、特定のビジネス ニーズを満たすように設計された、知識が豊富でリソースを大量に消費するソリューションです。ただし、小規模ビジネスで使用すると比較的高価になります。
  4. オープンソース: このクラスには公開ソース コードがあります。ツールにアクセスして、寄稿者としてソース コードを編集できます。このモデルは、独自のソリューションのような高価なソリューションの必要性を克服します。

次に、データ統合ツールを探す際に考慮すべき機能について説明します。

データ統合ツールを選択する際に考慮すべき機能

ビジネスに適したツールを見つけるには、ツール探索プロセスを実行する必要があります。そして、市場には選択できるツールがたくさんあるため、意思決定のプロセスは難しくなります。最適なツールを選択するための基準は次のとおりです。

#1.ユーザーを考慮する

あなたのツールを使用しているのは誰ですか?データ エンジニアの場合は、ツールがコード ベースであり、監視、ロギング、バージョン管理、および開発者ツールセットのための余地があることを期待するでしょう。

#2.ユーティリティの使いやすさ

ツールの学習には時間がかかりますか?このツールを使用するために一部のアーキテクチャについて事前に理解しておく必要がある場合、データ手順が遅れる可能性があります。

#3.価格設定

価格の詳細
価格の詳細

所有コストを評価します。これには、ライセンス、使用料、自動化によって節約された時間、学習時間、デバッグ、メンテナンスにかかる費用が含まれます。ベンダーはコストについて率直に話すべきです。

#4.スケーラビリティ

選択するツールは現在のニーズを満たしている必要があり、将来のデータ変更に対応できる必要があります。

#5.提供された接続

提供された-接続-
提供された-接続-

このツールは、統合ニーズに必要なすべてのリンクを提供する必要があります。組み込みコネクタがない場合は、汎用ローダーのスコープを持つ必要があります。

#6.安心のサポート

ベンダーと顧客の直接サポート、よく書かれたドキュメント、新しいメンバーを参加させるための教育リソースなど、広範なサポート サービスを備えたツールを選択することをお勧めします。

#7。統合を超えたサービス

ツールの選択は、統合サービスを超えたものである必要があります。セキュリティ、ビッグデータ、ガバナンスなどのサービスを含める必要があります。組織にとってツールの実際の価値を得るために、統合を超えてサービス パッケージを評価します。

データ統合とビジネスにおけるその重要性が理解できたので、ニーズに合ったプロバイダーの選択を始めることができます。これらは特定の順序でランク付けされているわけではありませんが、最高のものであることが証明されています。

インフォマティカ

Informaticaは、加速されたデータ イノベーションの構築と提供に取り組むデータ駆動型のツールです。会社のデータは権力を握る資産です。

インフォマティカのデータ管理クラウドを使用すると、混沌としたデータを信頼できるリソースに変換し、保険、医療、金融、電気通信などのさまざまなビジネス、業界、政府機関を通じてイノベーションを促進できます。

Informatica は ETL アーキテクチャを使用してデータ統合を実行します。あらゆるデータベースで適切に動作するツールをお探しの場合は、もう探す必要はありません。データ変換ツールをお探しの場合は、Informatica を使用して迅速な変換を行うことができます。

これらは最も一般的な使用例ですが、Informatica をさらに探索して、より多くのクラウド データ ツールを見つけることができます。

これらのクラウド ツールは、高品質のデータの維持、複雑なデータ システムの合理化、および複数のデータベースを通じてデータを吸収して操作するのに役立つクラウド一括取り込みに役立ちます。

Qlik

Qlik ソフトウェアは、分析のための DataOps に特化したデータ統合ツールです。ここでは、生データを、データからのレポートを利用することで意思決定に役立つナレッジ ベースに変換することに多くの注目が集まっています。

このツールは連想モデルで動作し、簡単に操作してクエリに答えることができます。 SQL クエリを作成できる場合は、Qlik が良い選択肢であり、社内の IT スペシャリストのコストを削減するのに役立ちます。

Qlik は、使いやすさ、データ視覚化のための複数のオプション、データ サイズに関係なく即時応答、動的なダッシュボード、データの傾向、アクセス、全体にわたるデータの分析を支援する組み込みの AI 自然言語処理など、教育機関にとって多くのメリットをもたらします。モバイル デバイスに対応し、短期間での迅速な投資収益率を実現します。

ブーミ

アプリケーションを接続してワークフローを自動化するための統合プラットフォームをお探しの場合は、 Boomi の使用を検討してください。

Boomi は、複数のアプリケーションを通じてデータを移動、管理、整理するローコード ツールです。 Boom は、エンドツーエンドの機能、データ品質保証、API 管理、企業間 (B2B) ネットワーク管理を提供します。

ここでの優れた機能は、「ドラッグ アンド ドロップ」を使用した簡単な統合、スケーラビリティ、データ同期、数日で導入できるネイティブ クラウド インフラストラクチャ、技術的な背景があるかどうかに関係なくシームレスな使用、および標準のテンプレートですぐに利用できることです。統合。

テイルンド

複数のソースからデータを収集し、そのデータにアクセスしてビジネスの意思決定に関連するようにするための信頼できるツールをお探しの場合は、 Talendが最適です。

このツールを使用すると、プロセス全体を通じてデータ品質に細心の注意を払いながら、統合されたデータの統合、変換、マッピングを実行できます。

Talend のリストには、データ統合、API 統合、データ整合性、ガバナンスなどのいくつかの製品があります。この組み合わせにより、オンプレミスかクラウドベースかにかかわらず、複数のプラットフォームを通じてあらゆるデータ タイプを処理するデータ関連のタスクとパイプラインを囲むことができます。

デタッド

マーケティング担当者、データ エンジニア、データ サイエンティスト、営業担当者、ビジネス オーナーのいずれであっても、 Dataddoツールは、組織の技術的な意思決定を行うために必要な洞察をビジネスに提供します。

Dataddo を使用すると、オンライン ソースから任意のダッシュボード アプリにデータをチャネルしたり、ETL を使用して他のアプリケーションにデータを送信したりできます。

Dataddo を使用する理由は何ですか?高度でありながら使いやすく、あらゆるレベルの技術スキルを網羅します。また、強化されたセキュリティと無料のメンテナンスを受ける権利もあります。この場合、ベンダーがすべての API とデータ パイプラインを処理するため、ユーザーはデータ操作に集中できます。あなたの時間が大切にされるので、生産性が向上します。

アデプティア

Adeptia統合ツールは、アプリケーションがどこに存在するかに関係なく、顧客、サプライヤー、パートナーとのデータの接続と共有を支援することを使命としています。 Adeptia を使用すると、自動化とセルフサービス運用モデルを通じて企業の顧客オンボーディング プロセスを変革できます。

開発者環境に依存する他のツールとは異なり、Adeptia はテンプレートと人工知能 (AI) を使用して、技術的な知識に関係なくデータ交換を合理化し、簡素化します。

開発者がツールとサービスのブレンドに取り組んでいるのを何日も待つ代わりに、面倒なプロセスを排除してプロジェクトに集中できます。 Adeptia は、ビジネスの成長に合わせてあらゆるデータ サイズと量に対応できるように拡張可能です。

ジッタービット

信頼性の高いワークフローの自動化を探しているなら、 Jitterbitが最適です。このソリューションを使用すると、システム、プロセス、チームを単一のプラットフォームを通じて簡単に接続できるため、生産性が向上し、あなたとあなたのチームは目標の達成に集中できます。

Jitterbit を使用すると、事前に構築された統合機能を利用して何百ものアプリケーションに接続し、製品を通じたカスタマー ジャーニーを調整し、複数のアプリケーション間でデータを同期し、開発者にとって使いやすい API を作成できます。

また、新しいインフラストラクチャを構築せずに、管理しやすいだけでなく拡張性も備えたビジネス アプリケーションを作成できます。

スカイビア

すべてのデータ関連タスクのソリューションを提供するツールをお探しの場合は、 Skyviaが一番の選択肢です。

Skyvia は高性能のバッチ統合ツールであるため、大量のデータ、倉庫内のデータ統合、CSV ファイル、およびクラウド アプリケーション間でのデータ移行を扱う際に拡張性があります。

単純なシナリオでも複雑なシナリオでも、Skyvia はコードを必要とせずに複雑なデータ問題に対処する場合に、シンプルなユーティリティ用のシンプルなツールと高度なソリューションを提供します。

このシナリオ固有の柔軟性により、高度なデータ パイプラインを介して、インポート、エクスポート、レプリケーション、同期などのデータに対するいくつかの操作を実行できます。

最後の言葉

十分な装備が整っており、まさにデータ統合を開始しようとしているため、プロセスは特定のツールに関するノウハウを超えたものであることを理解しておく必要があります。データを統合するときに使用される手法がありますが、それについてはこの記事の範囲を超えています。ただし、これらの方法は、啓発のために手動またはミドルウェア主導のものである場合があります。

これまで見てきたように、データ統合ツールはビジネスを拡大するためのソリューションです。これらは、想像よりも短い時間でデータ パイプラインの大規模なトランクを実行および自動化するのに役立ちます。また、ビジネスの大小にかかわらず、選択するツールは特定のニーズに合わせてカスタマイズできる必要があります。

顧客データの統合を確認することで、データ統合についてさらに詳しく知ることができます。

「組織にとって最も信頼できる 8 つのデータ統合ツール」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

Japanese Google Search Office Hours(Google 検索オフィスアワー 2023 年 08 月 10 日)
SaaSを支えるインフラ/データの信頼性 | SaaS.tech #4