ホーム テクノロジー データベース データベースの視覚化と設計に最適な ER 図作成ツール 8 選

データベースの視覚化と設計に最適な ER 図作成ツール 8 選


データベースは、数例を挙げると、サインアップ、顧客データ、トランザクション データなどの重要な情報を保存するため、ソフトウェア/Web アプリケーションに不可欠な部分です。 ER 図は、要件を満たすデータベースの設計に役立ちます。

データベースを使用すると、Web アプリケーションの管理者とユーザーは、特定の Web サイト/Web アプリケーションからデータを取得できます。

ソフトウェア アプリケーションは、稼働する前に、設計、開発、テストなどのさまざまな手順を経ます。エンティティ関係図 (ERD) は、データベースを視覚的に表現するために使用されます。

ER図とは

エンティティ関係図は、ER 図、ERD、または ER モデルとも呼ばれ、データベースの設計に使用される構造図です。 ER 図には、目的のシステム内のすべての主要なエンティティとこれらのエンティティ間の相互関係を視覚化するさまざまなコネクタとシンボルがあります。

エンティティは Web アプリケーションごとに異なる場合があります。たとえば、学校管理システムがある場合、管理者、生徒、教師、教科など、さまざまな役割を持つさまざまなエンティティを含めることができます。一方、eコマースプラットフォームの場合は、管理者、ユーザー/顧客、製品などのエンティティが存在します。

典型的な ER 図には、エンティティ、その属性、およびエンティティに関連付けられた相互関係を表すさまざまなスタイルの四角形やコネクタなどのシンボルが含まれています。

ER図の利点

  • 明示的な視覚的表現。ユーザーはER図を確認することでデータベースの構造を容易に理解できます。
  • ER 図は柔軟です。 Web アプリケーションの成長に応じてデザインが変更される場合があります。 ER 図はそのようなニーズに柔軟に対応します。
  • わかりやすい。 ER 図のさまざまな記号を理解していれば、その関係を理解するのは簡単です。
  • コミュニケーションをより効果的にします。 ER 図を使用すると、ユーザーはデータベース内のさまざまなエンティティ間の関係を簡単に理解できます。ユーザーはいつでも図上の標準シンボルを調べて、さまざまなエンティティがどのように相互に通信するかを理解できます。

ER 図ツールを使用できる人

データベースデザイナー

データベース設計者は、データベースがどのように見えるかを視覚的に表現することを任務としています。データベースがすでに存在しており、それを改善したい場合、明確な計画なしにデータベースを直接変更するのは賢明ではありません。 ERD は、設計者がデータベースの変更を実行する前に欠陥や間違いを特定し、変更を加えるのに役立ちます。

データベース作成者

データベースが設計されると、開発者は実際の作成を担当します。データベース作成者は常に ER 図を参照してエンティティと関係を決定し、機能的なデータベースを作成します。

データベースデバッガ

データベース内の間違いを特定することは、特に Web アプリケーションが大きく、多数のテーブルがある場合には困難になることがあります。 ERD は、デバッガーがデータベース スキーマを視覚化し、データベース全体の状況を把握するのに役立ちます。

ER図ツールの特徴

複数の図表オプションが必要です

ワークフロー図、ER 図、UML 図、およびフローチャートは、作図ツールを使用して描画できる図の例にすぎません。理想的な ER 描画ツールは、テーブル、1 対多 (1:M) および 1 対 1 (1:1) の関係、ビュー、トリガー、シーケンス、プロシージャなどのさまざまなデータベース オブジェクトのモデリングをサポートする必要があります。そうしないと、不完全な図で終わってしまいます。

データベース エンジンのサポート

Web アプリの成長に応じて、異なるデータベース エンジンを使用する可能性があります。理想的な ER 図作成者は、提供された制約に基づいてデータ モデルを検証するために、さまざまなデータ エンジンを理解している必要があります。

インポートツール

データベース エンジニアとして、既存のデータベースを扱うことがあります。あなたのタスクは、既存のファイルからデータベース コンポーネントを調整またはアップグレードすることです。最新のツールのほとんどには、既存のデータベースをインポートして変更を加えることができる「リバース エンジニアリング」機能が付属しています。

以下は、現在市場で最高の ER 図メーカーです。

ルシッドチャート

Lucidchart は、データベースの視覚化に役立つテンプレート、記号、注記を備えた ER 図メーカーです。 Lucidchart にはドラッグ アンド ドロップ インターフェイスがあり、アーティストでなくても簡単に使用できます。

主な特長

  • リアルタイムのコラボレーション。データベース エンジニアは良き協力者でなければなりません。 Lucidchart には、リアルタイムの変更を行うためのコラボレーション ツールが付属しています。
  • インポート機能。 Lucidchart を使用すると、データをインポートしてモデルと接続を自動的に作成できます。この機能は、データを更新するたびにこれらのモデルも更新します。
  • カスタマイズ可能なテンプレート。 Lucidchart には、モデルとその関係を作成するために簡単にカスタマイズできるテンプレートが用意されています。

Lucidchart の価格は月額 7.95 ドルからで、機能が制限された無料プランも提供しています。

創造的に

視覚的なワークプレイスとして創造的に表現します。ドラッグ アンド ドロップ インターフェイスは、データベース上に図、チャート、関係を作成するときに便利です。

クリエイトリー-2
クリエイトリー-2

主な特長

  • カスタマイズ可能な ER 図テンプレート。プロジェクトに合わせてカスタマイズできるテンプレートがあるため、すべてを最初から作成する必要はありません。
  • リアルタイムのビジュアルコラボレーション。チームで作業する場合は、メンバーを招待してすぐに作業を開始できるため、心配する必要はありません。
  • モデルを再利用できます。既存のモデルを再利用できるため、毎回最初からモデルを作成する必要はありません。再利用可能なテンプレートを作成して、データベースの設計時間を短縮することもできます。

Creately には無料プランと有料プランがあり、月額 4 ドルから始まります。

スマートドロー

Smartdraw は、ER 図作成用の Web ベースのアプリケーションです。このツールにはドロップ アンド ドラッグ機能があり、Microsoft Office、G Suite、Confluence などのさまざまなアプリケーションと統合されています。

主な特長

  • 自動生成。必要なのは、テーブル定義の CSV ファイルをインポートし、自動 ERD データベース拡張機能を起動してデータベースの視覚的表現を生成することだけです。
  • 他のアプリとの統合。ワークフローを合理化するために、Smartdraw を Microsoft、Atlassian、Google のさまざまなアプリに接続できます。

Smartdraw の価格は、個人プランで 9.95 ドルから始まります。

カンバ

最も人気のあるデザイン ツールの 1 つである Canva は、 Canva ER ツールを通じて ER 図作成にも使用できます。

Canva-4
Canva-4

主な特長

  • 20以上のプロフェッショナルなグラフ。 ERD にグラフが必要な場合は、選択できるグラフが存在します。
  • 専門的にデザインされたテンプレート。 Canva の ERD メーカーには、ニーズに合わせて簡単にカスタマイズできるテンプレートが付属しています。

Canvaには無料プランがありますが、有料プランは月額6.49ドルから始まります。

ビジュアルパラダイムオンライン

Visual Paradigm Online ERD ツールには、業界標準のプロフェッショナルな ER モデルを作成できるようにするさまざまなシンボルとコネクタが付属しています。このツールを使用して、概念、論理、または物理データ モデルを作成できます。

オンライン.ビジュアル
オンライン.ビジュアル

主な特長

  • 多数のテンプレートから選択できます。 Visual Paradigm には 2000 を超えるテンプレートが用意されているため、ER 図作成ツールを使用したことがなくても心配する必要はありません。テンプレートを選択してカスタマイズを開始します。
  • コラボレーション機能。チーム メンバーをこのツールに招待すると、デザインに関するフィードバックをすぐに得ることができます。

Visual Paradigm には、無料プランと月額 4 ドルからの有料プランがあります。

ビジュアルパラダイム

Visual Paradigmは、さまざまな図の作成に使用できる ER 図作成ツールです。このドラッグ アンド ドロップ ツールを使用すると、プロのデザイナーでなくても、モデルの視覚的表現を簡単に作成できます。

ビジュアル-1
ビジュアル-1

主な特長

  • スイーパーとマグネット。スイーパー機能を使用すると、図の要素間のスペースを簡単に拡張できます。一方、Magnet を使用すると、ドラッグすることで要素間のスペースを減らすことができます。
  • 色の凡例。 ERD では、色の凡例を使用して優先順位、開発段階、成熟度レベルを視覚的に表現できます。
  • フォーマットコピー機。あるシェイプから別のシェイプにスタイル設定を複製するには、時間がかかる場合があります。 Format Copier を使用すると、ERD のフォント スタイル、線、塗りつぶしの設定を複製できます。

Visual Paradigm の料金は月額 4 ドルからです。

Figma ER ツール

Figma ER ツールを使用すると、ユーザー、製品、プロセス間の関係を視覚的に表現できます。したがって、このツールを使用して、より適切な経路を設計したり、既存のデータベースをデバッグしたりすることもできます。

フィグマ
フィグマ

主な特長

  • リアルタイムのコラボレーション。デザインを共有し、リアルタイムのフィードバックを得ることができます。デザインの閲覧者または共同編集者としてメンバーを追加することもできます。
  • 文書データベースの設計。 Figma ER Tool を使用すると、設計プロセスを文書化できます。したがって、将来の従業員がモデルを操作するときに簡単に理解できるようになります。
  • 簡単な流れ。 FigJam の ER 図作成ツールを使用すると、チーム メンバーがデータベースの設計に簡単に従うことができます。

Figma には無料パッケージがありますが、有料パッケージはエディターあたり月額 12 ドルから始まります。

エドローマックス

EdrawMax は、システムを詳しく調べた図を作成する ER 図作成ツールです。設計を進める前に、エンティティがどのように相互接続されているかを確認したり、ロジックを使用して問題を検出したりすることもできます。

エドローマックス
エドローマックス

主な特長

  • インポートとエクスポートが簡単に行えます。データベースからデータをインポートすると、EdrawMax が視覚的な表現を生成します。デザインが完了したら、PDF、JPG、SVG、MS Visio、MS Word、MS Excel などのさまざまな形式でファイルをエクスポートできます。
  • 数百のテンプレート。カスタマイズ可能な既存のテンプレートを選択することで、設計時間をほぼ半分に短縮できます。
  • 簡単なコラボレーション。データベースを設計するときにリアルタイムの入力を取得できます。他のデザイナーを招待して、デザイン ファイルに関するさまざまなタスクを手伝ってもらうこともできます。

EdrawMax の料金は月額 7.41 ドルからです。

まとめ

データベースの設計は内部プロセスですが、ユーザーが最終的な Web アプリケーションとどのように対話するかに確実に影響を与えます。 ER Diagram Maker の選択は、ニーズ、予算、好み、好みによって異なります。選択したツールが、探しているすべての機能をサポートしていることを確認してください。

「データベースの視覚化と設計に最適な ER 図作成ツール 8 選」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

ER図の書き方ガイド | わかりやすい説明 | Lucidchart
小学生でもわかるデータベース設計入門。実際に設計しながら基礎を学ぼう