ホーム テクノロジー 開発 ソフトウェア構成分析 (SCA): 2023 年に知っておくべきことすべて

ソフトウェア構成分析 (SCA): 2023 年に知っておくべきことすべて


ソフトウェア構成分析 (SCA) は、現代の IT チームがすべてのオープンソース コンポーネントを見つけて管理するために使用できる手法です。

企業は、アプリケーションが安全で規制に準拠しているかどうかを判断するために、使用しているアプリケーションとその構成についてすべてを知る必要があります。

侵害された、または脆弱なオープンソース コンポーネントを含むアプリケーションを使用する場合、攻撃者によって悪用される危険が常にあります。

これが起こると、アプリケーションに保存されているビジネスや顧客の機密データがすべて失われる可能性があります。これは、顧客の信頼の喪失、ビジネス情報の漏洩、財務リスク、コンプライアンス関連の罰則につながる可能性があります。

したがって、使用しているものと、アプリケーションのオープンソース ライセンスの義務と制限をすべて把握しておく必要があります。

ただし、これらすべてを手動で行うのは非常に困難な作業です。ほとんどの場合、この方法を使用すると、コードとその脆弱性が見落とされる可能性があります。

SCA ツールは、オープンソース コンポーネントを自動的に分析することでプロセスを簡素化し、容易にします。

この記事では、SCA についてすべてを説明し、アプリケーションのセキュリティにおいて SCA が重要である理由について説明します。

乞うご期待!

ソフトウェア構成分析 (SCA) とは何ですか?

ソフトウェア構成分析 (SCA) は、アプリケーションのコードベースで使用されているオープンソース コンポーネントを検出するプロセスです。この自動化されたプロセスは、アプリケーションのセキュリティ、コードの品質、およびコンプライアンスを評価するアプリケーション セキュリティ テストの一部です。

このプロセスを実行できる SCA ツールが市場で数多く入手可能です。これらのツールは、オープンソース コンポーネント、その間接的および直接的な依存関係、サポート ライブラリ、非推奨の依存関係、潜在的な悪用、脆弱性の検出と管理に役立ちます。

SCA ツールを使用してアプリケーションをスキャンすると、アプリケーションの資産の完全なインベントリを明らかにする包括的な部品表が生成されます。これは、アプリケーションの作成に何が行われたのか、安全に使用できるかどうかについて、アプリケーションをより深く理解するのに役立ちます。

それにもかかわらず、SCA の概念はまったく新しいわけではありません。主にアクセシビリティと費用対効果の高さにより、オープンソース ツールの人気が長年にわたって高まっているため、SCA はアプリ セキュリティ プログラムに必要なプロセスとなっています。

SCA ソリューションは、開発者がより優れた開発ツールを利用できるようにし、アプリケーション開発ライフサイクルにおいてセキュリティを受け入れるよう開発者を導きます。

SCAはどのように機能しますか?

SCA ソリューションを使用して SCA を実行するには、SCA ソリューションがアプリのビルド ファイルを指すようにする必要があります。これらのファイルは、ステージング サーバー、開発者のデスクトップ、または CI/CD パイプラインのビルド ディレクトリで見つけることができます。

SCA ツールはアプリケーションのコードベースをスキャンして、サードパーティ製品から取得された可能性のあるファイルを認識します。これらのツールは、既知のアプリケーション内のファイルから事前に計算されたハッシュの一意のリストなど、さまざまな識別戦術を使用できます。

そのため、SCA ツールを実行すると、アプリ内のファイル ハッシュが計算され、すべてのハッシュがリストと照合されます。ハッシュが一致する場合、SCA ツールは使用している製品とそのバージョンを検出し、ソース コードを解析してコード内で使用されている独自のコード スニペットを検出します。

また、SCA ツールは脆弱性リストを維持および更新するため、リリース後何年もアプリケーションの問題を見つけるためにそれを使用できます。オープンソース コード、パッケージ マネージャー、バイナリ ファイル、マニフェスト ファイル、コンテナ イメージなどを検査できます。

オープンソース コンポーネントを特定した後、このツールはそれらを部品表 (BOM) にコンパイルし、一般的な脆弱性に関するデータが含まれる国家脆弱性データベース (NVD) など、商用または政府主導のさまざまなデータベースと比較します。ソフトウェアの既知の脆弱性。

さらに、SCA ツールは次のようなさまざまな出力を提供できます。

  • ライセンス リスト:アプリで使用されるサードパーティ コンポーネントに関連するアプリケーション ライセンスの一覧です。これらは制限が厳しく、ビジネス リスクを引き起こす可能性がありますが、安全を確保するために回避できます。
  • 部品表 (BOM):セキュリティとコンプライアンスのニーズに応えるための、サードパーティによるソフトウェア パッケージの一覧表です。
  • 既知の脆弱性:サードパーティのアプリケーション コンポーネントにおける重大なセキュリティ上の欠陥であり、どのファイルの脆弱性の重大度と種類を検出します。

このようにして、SCA ツールはライセンスを検出し、バージョン管理によるコード品質、貢献履歴などを分析できます。この情報は、開発者が潜在的なセキュリティとコンプライアンスの脆弱性を特定し、問題を迅速に修復するのに役立ちます。

SCA の主な機能

SCA の主な機能の一部は次のとおりです。

正確なBOM

正確なBOM
正確なBOM

SCA ツールは、アプリケーションの部品表 (BOM) を正確に作成します。アプリのコンポーネント、使用されているバージョン、ライセンスの種類について説明します。 BOM の目的は、開発者とセキュリティ チームがアプリ コンポーネントをより深く理解し、ライセンスとセキュリティの問題を評価できるようにすることです。

したがって、ツールが脆弱性を出力した場合、それらを迅速に修正し、アプリケーションとデータを攻撃者から保護できます。

コンポーネントの検索と追跡

企業はサードパーティベンダー、パートナー、オープンソースプロジェクトなどを含むさまざまなサプライチェーンを扱うため、コンポーネントを手動で追跡することは大きな課題であり、不可能な場合もあります。

SCA ツールは、アプリのソース コード、ビルドの依存関係、コンテナー、サブコンポーネント、バイナリ、および OS コンポーネントからすべてのオープンソース コンポーネントを検索します。

ポリシーの適用

ライセンスのコンプライアンスとセキュリティの評価は、開発者から上級マネージャーまですべてを考慮に入れると、組織内のあらゆる場所で役立ちます。 SCA は、セキュリティ ポリシーを作成し、チーム メンバーに OS の知識とトレーニングを提供し、セキュリティ イベントとライセンス コンプライアンスに迅速に対応する必要性を示しています。さらに、SCA ツールを使用して、承認プロセスを自動化し、使用方法を構成し、修正基準を発行することができます。

継続的な監視

ワークロードを効果的に管理できれば、チーム全体の生産性の向上に役立ちます。 SCA ツールを使用すると、アプリケーションを継続的に監視してセキュリティの問題や脆弱性を検出できるため、両方を実現できます。これらのツールを使用すると、出荷された製品および現在の製品で新たに検出された脆弱性に関する情報をすぐに取得できるように、実用的なアラートを設定できます。

包括的なデータベース

すべての SCA ソリューションには、複数のソースから集約されたデータで強化する必要があるデータベースがあります。このデータベースがより包括的であればあるほど、SCA ツールはオープンソース コンポーネントとそれに関連するリスクを検出する能力が向上します。

しかし、継続的に更新される詳細なデータベースを維持しない場合、コンポーネントとその正しいバージョンを正確に検出することが困難になります。その結果、ライセンスを更新し、パッチやアップデートを適用し、セキュリティ問題を時間通りに修復することが困難になります。

在庫

SCA のプロセスは、スキャンを実行して、推移的および直接的な依存関係を含むすべてのオープンソース アプリケーション コンポーネントを含むインベントリを作成することから始まります。

アプリケーションのコンポーネントの詳細なインベントリにより、アプリケーションを簡単に管理し、バージョン管理やパッチの作成など、あらゆるプロセスを混乱なく実行できます。また、使用している各コンポーネントへの準拠を保証するためにも必要ですが、そもそも使用しているコンポーネントを知らなければ、これは不可能です。

広範なレポート

優れた SCA ツールには、インベントリやライセンスの帰属からバグや脆弱性の追跡、デューデリジェンスに至るまで、複数のユースケースに対応した幅広いレポート機能が付属しています。

これにより、各段階で洞察を得ることが容易になり、情報に基づいた意思決定を行うことができます。これらは、アプリケーション コンポーネント、バージョン管理、コンプライアンス要件、セキュリティの管理に役立ちます。さらに、DevSecOps と DevOps にも役立ちます。

ライセンスの遵守

SCA ツールを使用してアプリケーション内のすべてのオープンソース コンポーネントを特定すると、すべてのコンポーネントに関する完全な情報が提供されます。これには、各コンポーネントのオープンソース ライセンス、ビジネス ポリシーとライセンスの互換性、および帰属要件に関するデータが含まれる場合があります。

これは、ライセンス コンプライアンスを維持し、ポリシーに準拠していないコンポーネントや準拠リスクを引き起こすコンポーネントを使用しないようにするために必要です。

多言語サポート

SCA ソリューションは多くの言語をサポートし、幅広いアプリケーションやプロジェクトと互換性があります。

統合

統合
統合

SCA ツールは、アプリケーション開発ライフサイクルのさまざまな段階で、さまざまなビルド環境と簡単に統合できます。リポジトリ、CI サーバー、パッケージ マネージャー、IDE、ビルド ツールとシームレスに統合できます。

その結果、開発者はプロジェクトに最適なビルド環境を選択できるようになり、プロセスが容易になります。

SCA の利点

小規模から大企業までの組織が、さまざまなユースケースに対応するアプリケーションを開発しています。しかし、誰もが、特に個人の開発者や中小企業は、その開発にそれほど多額の投資をすることはできません。

したがって、要件に応じて自由に使用および変更できるオープンソース コンポーネントを使用できます。開発者やチームは、アプリケーションを作成するためにますます多くのオープンソース コンポーネントを使用しています。しかし、それらすべてが安全であるわけではありません。

ここで、SCA ツールは、アプリケーション内のすべてのオープンソース コンポーネントと、それらのコンポーネントがどの程度安全で準拠しているかを検出することで役立ちます。これにより、ライセンスの問題と脆弱性をより迅速に発見し、修復コストを削減し、自動スキャンを実行して、より少ない人的労力でセキュリティ問題を検出して修正することができます。

メリットの詳細は次のとおりです。

ビジネスリスクの排除

ほとんどの企業は、アプリケーションで使用されるすべてのコンポーネントについてすべてを知っているわけではありません。おそらく、コンポーネントがサードパーティ ベンダーからのものであるか、その他の理由によるものである可能性があります。しかし、アプリケーションに何が入っているかが分からない場合、毎日発生するサイバー攻撃の数に伴うリスクが常に存在します。

ソフトウェア構成分析 (SCA) を実行することで、使用されているすべてのオープンソース コンポーネントを理解できます。したがって、問題が発生した場合でも、適切な自動化とプロセスを採用することで問題を迅速に修復でき、セキュリティとライセンス コンプライアンスのリスクから保護できます。

革新

革新
革新

オープンソース コンポーネントを使用すると、柔軟性と自由度が高まり、お金と時間を節約できます。したがって、市場の需要を維持するためのイノベーションに時間を費やすことができます。 SCA は、効果的なライセンス管理を確保しながら、製品のイノベーションをより安全かつコンプライアンスに準拠できるようにします。

脆弱性の優先順位付け

最新の SCA ソリューションは、問題の発見と修復の間のギャップを埋めつつあります。優れた SCA ツールは、オープンソースの脆弱性を優先する機能を提供します。これは、セキュリティの脆弱性をプロアクティブかつ自動的に特定することで可能になります。このデータを取得したら、重大度レポートに基づいて最初に対処する問題の優先順位を決定できます。

これにより、開発者やその他のセキュリティ専門家は、アラートのページを調べたり、アプリケーションのどの脆弱性がより深刻で悪用可能であるかを答えようとしたりして時間を無駄にすることがなくなります。

迅速な脆弱性修復

優先順位付けとは別に、SCA ツールは、企業や個人がアプリケーションの根底にある脆弱性を迅速に修復するのに役立ちます。脆弱性の場所を自動的に検出し、修正方法を提案します。また、修正の実装がビルドにどのような影響を与えるかについての情報も提供されます。

SCA ツールは、脆弱性の重大度、脆弱性の検出、重大度スコア、新しいバージョンのリリース、およびこれらの要素に基づいて作成された脆弱性ポリシーに基づいて、自動修復プロセスを開始できます。このツールは、オープンソース アプリ コンポーネントにパッチを適用した状態を維持するのにも役立ちます。これは、リスクを軽減するための優れた戦略です。

市場投入までの時間の短縮

現在、ほとんどのアプリケーションは、コスト効率が高く、すぐに入手できるオープンソース コンポーネントを使用しています。これにより、コードをより迅速に開発し、アプリケーションを市場に展開して顧客の要求を満たすことができます。

また、安全なオープンソース コンポーネントを確実に使用するには、SCA ツールを使用することが有益です。これは、アプリケーションが法的義務を満たし、すべての脆弱性が修正されていることを確認するのに役立ちます。

SCA ツールを使用するのは誰ですか?なぜ使用するのですか?

さまざまな分野の企業が何らかのソフトウェアを使用して、従業員の能力を高め、スムーズなコミュニケーションを図り、生産性を向上させています。

したがって、開発者や企業はアプリケーションの提供に努めているため、あらゆる場所でアプリケーションの需要が高まっています。この膨大な需要に応えるには、作業を迅速化し、サービスと製品のより迅速な展開を可能にするソリューションが必要です。同時に、自社の展開が最近蔓延しているサイバー攻撃から安全であることを確認する必要があります。

したがって、SCA ツールは、企業や個人の開発者がアプリケーションで使用されているオープンソース コンポーネントを見つけてセキュリティを確保するのに役立ちます。

SCA ツールは、IT、マーケティング、e コマースからヘルスケア、金融、EduTech などに至るまで、複数の業界やドメインに対応する開発チームによって利用されています。さらに、複雑なクラウドネイティブ アプリの需要が高まっており、堅牢な SCA ツールの必要性が高まっています。また、DevOps チームがセキュリティに重点を置いて開発プロセスを加速するのにも役立ちます。

SCA ツールを選択する際に何に注意すればよいですか?

市場には数多くのオプションが存在するため、最適な SCA ツールを選択するのは困難な場合があります。

したがって、特定の要件を考慮する必要があります。 SCA ツールを選択する際に考慮する必要がある重要な要素をいくつか見てみましょう。

開発者に優しいですか?

開発者は、最終目標、設計要件、ユーザーのニーズに基づいてコードを作成することに忙しいでしょう。必要に応じて迅速に反復し、より高品質のコードを生成することが求められます。 SCA ツールが開発者にとって使いやすいものでない場合、開発者はツールを採用することが難しくなり、理解して使用するのに時間がかかり、生産性が低下します。

ただし、開発者にとって使いやすい、つまり構成と使用が簡単な SCA ツールを提供すると、生産性が向上し、時間と労力が節約されます。

成分検出
成分検出

コンポーネントの検出はどうなっていますか?

優れた SCA ツールには、アプリケーションで使用されるオープンソース コンポーネントを識別するための包括的なデータベースが必要です。検出できる量が増えるほど、脆弱性を発見して修正できる可能性が高くなります。

したがって、SCA ツールを選択する前に、他のツールと比較して、コンポーネントの検出がどの程度包括的であるかを確認してください。

脆弱性の特定と修復についてはどうですか?

選択する SCA ツールは、特定されたすべてのオープンソース コンポーネントの包括的な脆弱性検出も提供する必要があります。多ければ多いほど良いです。これにより、すぐに対処してアプリケーションを悪用から保護できるコンポーネント内のより多くの問題が明らかになります。

また、ツールがこれらのセキュリティ脆弱性を修復する方法に関する推奨事項を提供できれば役立ちます。

レポートの品質とは何ですか?

レポートは SCA ツールの必須機能であるため、最終候補に挙げたさまざまな SCA ツールのレポート機能を比較する必要があります。レポート機能はツールによって異なる場合があります。

そのためには、取得するレポートの品質、詳細さ、わかりやすさを確認してください。これを行うには、ほとんどの SCA ソリューションで提供されている無料トライアル オプションを試してください。

誤検知は何件ありますか?

偽陽性
偽陽性

一般に、SCA ツールは DAST ツールほど多くの誤検知を出力しません。しかし、まだ可能性はあります。このため、概念実証を実行すると、ツールの信号対雑音比を評価するのに役立ちます。したがって、平均で発生する誤検知の数に基づいて SCA ツールを比較する必要があります。

統合についてはどうですか?

現在のビルド環境とシームレスに統合して手間を省くことができる SCA ツールを選択してください。さらに、アプリの機能を拡張するには、コンテナー、セキュリティ システム、CI/CD ツール、IDE、SCM などの他のツールやサービスにも接続する必要があります。

いくつかの優れた SCA ツール

アプリケーション用に検討できる優れた SCA ツールのいくつかを以下に示します。

Veracode : Veracode を使用すると、SCA を簡単に実行できます。コマンド ラインからスキャンを開始することで、開発環境を開始できます。これにより、IDE とパイプラインでより迅速なフィードバックが提供されます。

このツールは、アプリケーションのオープンソース コンポーネントのテストにかかる時間を短縮します。自動プル リクエストを作成し、中断を最小限に抑え、修正速度と精度を高めるためのインテリジェントな修正を推奨する自動修復機能があります。

Revenera : フル ソフトウェア パッケージからコード スニペットに至るまで、Revenera のソフトウェア構成分析製品は、ソース コード、バイナリ、依存関係をスキャンして、ソフトウェアの脆弱性やライセンス コンプライアンスの問題を検出します。

さらに、一般的なビルド ツールと統合され、1,400 万を超えるコンポーネントを含む業界最大のオープンソース ナレッジ ベースの 1 つを提供します。同社の監査チームは、ベースライン監査や合併・買収などのデューデリジェンスイベントもサポートします。

その他の注目すべき SCA ツールには、Black Duck、Snyk、Checkmarx などがあります。

SCA のベスト プラクティスの一部

トップクラスの SCA ツールを使用したとしても、優れたレベルのセキュリティと満足度を達成できない可能性があります。その理由は「使い方」にあります。

SCA ツールをうまく使用するために従うことができるベスト プラクティスのいくつかを次に示します。

  • 迅速な実装: ソフトウェア開発ライフサイクルの初期段階で SCA ツールを組み込みます。また、チームにセキュリティ リスクとその影響についてよく理解してもらい、責任ある計算された意思決定を下すように促します。
  • 法的ガイダンス: 法務チームに相談して、アプリ内のどのオープンソース ライセンスが弱いか、ビジネス ポリシーに従って受け入れられないかを評価してください。これらの決定を迅速に実行してください。
  • スキャンを自動化する: CI/CD パイプラインで SCA ツールを使用してスキャンを自動化する必要があります。重大度に基づいて、最もリスクの高い脆弱性から順に脆弱性に対処します。それらを修正したら、中程度の深刻な脆弱性を持つビルドをブロックすることをお勧めします。
  • 継続的な更新: 使用する SCA ツールが脆弱性データとコンポーネント検出機能を定期的に更新していることを確認します。これにより、より多くのコンポーネントとその根本的な問題を検出し、それらを修正してアプリの安全性を高めることができます。
  • サードパーティのコンポーネントを賢く選択する: サードパーティのオープンソース コンポーネントをアプリに追加する前に、サードパーティのオープンソース コンポーネントを賢明に選択する必要があります。メーカーの信頼性、更新頻度、パッチ適用の取り組み、脆弱性履歴に基づいてそれらをスクリーニングします。
  • 非推奨のコンポーネントを使用しない: メーカーがサポートしなくなったコンポーネントを置き換える必要があります。決して更新されないコンポーネントを実行すると、セキュリティ上のリスクが生じます。

結論

ソフトウェア構成分析 (SCA) は、脆弱性がある可能性のあるオープンソース コンポーネントを検出し、予定どおりに修正できるようにすることで、アプリケーションのセキュリティとコンプライアンスの向上に役立ちます。

これにより、アプリケーションとデータがサイバー攻撃から保護されます。また、コストの削減、ビジネスの機敏性の向上にも役立ち、開発者が計画と設計の段階でアプリのセキュリティを組み込む方法を学ぶことができます。

ビジネス ニーズに基づいて最適な SCA ツールを実装することで、これらすべてを実現できます。 SCA の取り組みをより成功させるために、いくつかのベスト プラクティスに従うこともできます。

「ソフトウェア構成分析 (SCA): 2023 年に知っておくべきことすべて」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

前編|STUDIOのCMSを基礎からわかりやすく徹底解説!|2023年8月仕様アップデート対応
わかる、作れる、活用できる!ソフトウェア構成表「SBOM」のすべて