ホーム テクノロジー 開発 素晴らしいテーブルを作成するための 8 つのベスト React ライブラリ

素晴らしいテーブルを作成するための 8 つのベスト React ライブラリ


React は、最新の Web 開発で最も使用されている JavaScript UI ライブラリの 1 つです。このライブラリは 2013 年に Facebook によってリリースされ、それ以来世界中の大小を問わず採用されています。

React library (homepage)

 

このライブラリはコンポーネントベースのアーキテクチャで人気があり、コードベースが小さな再利用可能なコンポーネントに分割されています。コンポーザブル アーキテクチャでは、各コンポーネントが独自のプロパティと状態を持つことができるため、コードベース全体を変更することなく、ユーザー インターフェイスの特定の部分を簡単に更新または管理できます。

React には、さまざまな目的のために設計されたさまざまなライブラリがあります。 React テーブル ライブラリは、開発者が React テーブルを生成するために使用できる、事前に作成されたコード ブロックまたはコンポーネントのコレクションです。 React テーブルを使用すると、大規模なデータセットを簡単に表示でき、ユーザーがアクセスしやすくなります。

React テーブル ライブラリは、次のシナリオで不可欠です。

  • 開発を効率化するには: React テーブル ライブラリを使用すると、コードを最初から作成する必要がありません。したがって、開発時間を節約し、アプリケーションの機能に集中できます。
  • データ操作:ほとんどの React テーブル ライブラリは、ページネーション、並べ替え、フィルター機能を提供します。したがって、ユーザーは、このようなライブラリを操作しながら、データをすばやく並べ替えたり、簡単に操作したりできます。
  • カスタマイズ: React テーブル ライブラリが提供する定型コードはカスタマイズ可能です。したがって、ニーズに合わせて、構造やフォントを変更したり、さまざまな要素を追加または削除したりできます。
  • アクセシビリティ: React テーブル ライブラリはアクセシビリティを念頭に置いて作成されています。このようなテーブルは、支援技術を提供し、キーボード ナビゲーションをサポートすることにより、アクセシビリティ標準に準拠しています。

これらは、テーブルの作成に使用できる重要な React ライブラリの一部です。

データグリッド

Data Grid は、拡張可能で高速な React テーブルおよびデータ グリッドです。このライブラリは React で書かれており、テーマ、アクセシビリティ、リアルタイム更新をサポートする API を備えています。このライブラリは React 専用に構築されています。

DATA gridデモ

参考

  • フィルタリング、ヘッダー フィルタ、およびマルチ フィルタのサポート:ツールバーを有効にしている場合はフィルタ ボタンをクリックするか、[フィルタ] メニュー項目をクリックすることで、Data Grid ライブラリの行をフィルタリングできます。
  • 行とセルの編集: Data Grid ライブラリは、すべての CRUD (作成、読み取り、更新、削除) 操作をサポートします。列定義領域に移動し、「編集可能」プロパティを有効にして列を編集可能にします。
  • ページネーション:このライブラリを使用してテーブルをページネーションし、必要な行のみをフェッチできます。ただし、このライブラリの無料版は最大 100 ページまでしかサポートしません。
  • カスタマイズ可能:行と列の内容を簡単にカスタマイズできます。行や列を自由に追加または削除することもできます。

Material-table

Material-table

Material-table

Materials-table は、マテリアル UI ベースの React テーブル コンポーネントです。このライブラリは無料でオープンソースです。 NPM や Yarn などのパッケージ マネージャーを通じてインストールできます。

特徴

  • カスタマイズ可能:このライブラリを使用して、テーブルに行と列を追加/削除できます。 「actions」プロパティを使用すると、テーブルの行/列にボタンを追加することもできます。
  • カスタム列レンダリング:マテリアル テーブルを使用する場合、任意の列のレンダリングをオーバーライドできます。良い例は、URL の代わりに画像をレンダリングするようにこのライブラリを設定する場合です。
  • エクスポート: Web アプリのデータを CSV 形式でエクスポートできます。
  • スタイル:既存のスタイル形式から選択して、テーブルをより魅力的にすることができます。 「すべての行のセルに適用するスタイル」や「指定したセルに適用するスタイル」など、いくつかのパラメータを選択できます。
  • グループ化: マテリアル テーブル ライブラリを使用すると、関連するデータを 1 つの列にグループ化できます。

React テーブル ライブラリ

React Table Library は、 React アプリケーションにテーブルを追加するために使用できる小規模なライブラリです。このライブラリが動作するには、@emotion/react ライブラリと React-dom ライブラリが必要です。

react-table-library
react-table-library

特徴

  • 使いやすさ:必要なライブラリをインストールした後、アプリケーションで必要なコンポーネントのコードをコピーして貼り付けることができます。
  • ページネーションのサポート:テーブル内のデータが多い場合、React Table Library でページネーション機能を適用すると、ナビゲーションが簡単になります。
  • カスタマイズ可能:このライブラリを使用して作成されたテーブルには定型コードが付属しています。ニーズに合わせて、新しい列や行を追加したり、削除したりすることもできます。
  • TypeScript のサポート: TypeScript を使用して React アプリケーションをブートストラップし、このライブラリを使用しながら型機能を楽しむことができます。 TypeScript を使用すると、すべての変数を使用前に宣言する必要があるため、エラーを早期に発見することが簡単になります。
  • 利用可能なさまざまなテーマ: React Table Library には、使用できるさまざまな組み込みテーマがあります。カスタム ライブラリを作成することもできます。

Material React Table

material-react-table

material-react-table

Material React Table は、マテリアル UI V5と TanStack Table V8を使用して構築されたライブラリです。このライブラリは、すでに MUI コンポーネントを使用しているプロジェクトで最もよく機能しますが、必須ではありません。 MRT は TypeScript を使用して記述されているため、コード内のバグやエラーを早期に発見したい開発者にとっては良い選択肢になります。

 

特徴

  • 優れたデフォルト: Material React Library には、強力なテーブルを生成するのに役立ついくつかの優れたデフォルトがあります。ただし、完全にカスタマイズすることは可能です。
  • 十分に文書化された API:このライブラリには、列インスタンス API、テーブル インスタンス API、セル インスタンス API、行インスタンス API など、自由に使用できるいくつかのインスタンス API があります。
  • ページネーション:マテリアル React Table ライブラリには、組み込みのページネーション機能が付属しています。ページネーションはデフォルトで有効になっています。ただし、組み込みのページネーションをサーバー側のページネーションに置き換えたり、機能を完全にオフにしたりできます。
  • 並べ替え:このライブラリは、多くの並べ替えシナリオをサポートしています。ただし、ニーズに合わせてテーブルにサーバー側の並べ替えを実装できます。

AG Grid

AG Grid

AGグリッド

AG Grid は、エンタープライズ アプリケーションを構築するプロの開発者に適した React ライブラリです。このライブラリは、プレーンな JavaScript アプリケーション、JavaScript ライブラリおよびフレームワークに適しています。

特徴

  • 統合されたグラフ作成: AG Grid には、テーブルからグラフを生成できるいくつかのグラフ作成ツールがあります。
  • エクスポートのサポート:組み込みのエクスポート機能により、データを xlsx 形式で簡単にエクスポートできます。
  • トランザクションの更新:トランザクションの更新機能を使用して、グリッド内の多くの行を追加/削除/更新できます。この機能は高速であり、ユーザーはリアルタイムの更新を確実に入手できます。
  • 行のグループ化: 「group by」操作を使用して、行を列ごとにグループ化できます。行をグループ化された状態で表示するようにアプリケーションを構成したり、プログラムで行をグループ化するように設定したりできます。
  • サーバーサイド行モデル:サーバーサイド行モデルを使用すると、React アプリケーションが大規模なデータセットを操作できるようになります。この機能は、サーバーからデータを遅延ロードします。

Tabulator

Tabulator

Tabulator

Tabulator は、React および JavaScript 用のインタラクティブなテーブルおよびデータ グリッドです。このライブラリを使用すると、JSON 形式のデータ、JavaScript 配列、または HTML テーブルからテーブルを生成できます。 CDN リンクを使用して Tabulator をプロジェクトに追加することも、NPM または Bower を使用してパッケージとしてインストールすることもできます。

特徴

  • パッケージ化されたテーマ:このライブラリには、選択できる 5 つの事前にパッケージ化されたテーマがあります。ブランドに合わせてテーブルをカスタマイズすることもできます。
  • CSS スタイル設定: React テーブル内のすべてのグラフィック要素には、さらなるスタイル設定に使用できるクラスが割り当てられます。
  • データのエクスポート:タブレーターを使用すると、XLSX または CSV 形式でデータをエクスポートし、ローカル マシンにダウンロードできます。
  • フィルターと並べ替え:テーブル内の列と行をフィルターして、自分にとって重要なデータのみを表示できます。
  • 応答性の高いレイアウト:タブレーターを使用して作成された表は、さまざまな画面サイズに応答するように設計されています。

Rc-table

Rc-table

RC-table

Rc-tableは便利な機能が満載された React テーブルコンポーネントです。このライブラリは NPM パッケージとして提供され、5 つの依存関係があります。

特徴

  • 使い方は簡単: NPM 経由で Rc-table をインストールし、npm install を実行するだけで、他のすべての依存関係が選択されます。その後、このライブラリからアプリに必要な機能のインポートを開始できます。
  • カスタマイズ可能: Rc-table が提供するコンポーネントにはいくつかのデフォルトが付属しています。ただし、これらのテーブルの列/行を追加/削除することはできます。表の内容を自分の言葉で編集することもできます。
  • オープンソース: Rc-table は、MIT ライセンスの下で無料で使用できるライブラリです。
  • 拡張可能: Rc-table にカスタム スタイルを追加できます。
  • レスポンシブ:このテーブル コンポーネントは、さまざまな画面サイズに対応するように設計されています。したがって、ユーザーは、アプリをモバイル デバイスで閲覧しているかコンピューターで閲覧しているかに関係なく、テーブルのコンテンツにアクセスできます。

React-virtualized

react-virtualized

React virtualized

React-virtualized は、開発者が大きなリストや表形式のデータを表示できるようにする React コンポーネントのコレクションです。このライブラリは、NPM を使用してインストールできる React パッケージとして提供されます。その依存関係のほとんどは NPM によって自動的に管理されます。

特徴

  • カスタマイズのサポート: React-virtualized には、開発時間を節約するためのさまざまなデフォルトがあります。ただし、ブランドのニーズに合わせてコンポーネントの内容をカスタマイズすることはできます。
  • マルチグリッド:この機能を使用すると、複数のグリッドをつなぎ合わせて、固定の行/列インターフェイスを形成できます。
  • ArrowKeyStepper: React-virtualized のこの高レベルコンポーネントを使用して、「グリッド」、「リスト」、または「テーブル」を装飾できます。 ArrowKeyStepper は、その子に<div>要素を追加し、キーダウン イベント ハンドラーをアタッチします。この機能を有効にすると、ユーザーはテーブルのグリッド内を上下または左右にスクロールできるようになります。
  • ほとんどのブラウザをサポート: React-virtualized は、Firefox や Chrome などの最新のブラウザで完全に動作します。このライブラリはモバイル ブラウザでも使用できます。
  • 逆順のサポート:ページごとに 10 個の項目を表示する表がある場合、表を 10 番から 1 番までフォーマットできます。表示したい項目をリストの「シフト解除」の前に追加するだけです。

結論

上記の React ライブラリを使用すると、素晴らしいテーブルを作成し、データに簡単にアクセスでき、より魅力的なものにすることができます。探している機能に応じて、アプリケーションで複数の React ライブラリを使用できます。

これらのライブラリを React チャート ライブラリと組み合わせて、データをより洞察力のあるものにすることができます。

絶対に観るべきベスト2動画

React テーブルをゼロからヒーローまで
 React Table Tutorial