ホーム テクノロジー 開発 非公開: JavaScript でのファイルの処理

JavaScript でのファイルの処理


JavaScript は、ブラウザーでファイルを処理できるようにする一般的なプログラミング言語です。その方法を学びましょう!

環境 NodeJS は、ファイル処理を含むさまざまなスクリプトに使用されます。 NodeJS は JavaScript コードを実行するための環境にすぎません。 NodeJS の基本を理解していただければ幸いです。

JavaScript でのファイル処理について学習するチュートリアルに移りましょう。

JavaScript でのファイル処理

ファイルの処理には、作成読み取り更新名前変更削除などのさまざまな操作が含まれます。システムからファイルにアクセスする必要があるため、最初からファイルを書き込むことはできません。そこで、NodeJS ではファイルを扱うためのfs (file system)というモジュールが提供されています。

fsモジュールのさまざまなメソッドを見てみましょう。

fs.open()

メソッドfs.open()は、 pathmode の2 つの引数を受け取ります。

パスはファイルを見つけるために使用されます。

引数mode は、追加、書き込み、読み取りなどのさまざまなモードでファイルを開くために使用されます。

特定のモードでファイルを開く場合、メソッドに渡したモードに対応する 1 種類の操作のみを実行できます。モードと対応する操作のリストを見てみましょう。

モード手術
「r」ファイルを読み取りモードで開きます
「あ」ファイルを追加モードで開きます
「わ」ファイルを書き込みモードで開きます
「a+」ファイルを追加および読み取りモードで開きます
「w+」ファイルを書き込みモードと読み取りモードで開きます。
「r+」ファイルを読み取りおよび書き込みモードで開きます

指定されたパスにファイルが存在しない場合は、新しい空のファイルが作成されます。さまざまなモードでファイルを開くためのコードを見てみましょう。

 const fs = require("fs");

fs.open("sample.txt", "w", (err, file) => {
   if (err) throw err;
   console.log(file);
});

読み取りモードで開くときにファイルが存在しない場合、メソッドfs.open()はエラーをスローします。書き込みモードと追加モードでは、新しい空のファイルが作成されます。

開いたファイルに対してさまざまな操作を実行できます。 fsモジュールからさらに重要なメソッドをいくつか学んだ後、このチュートリアルの最後で完全なプログラムを作成します。

fs.appendFile()

メソッドfs.appendFile()ファイルの末尾にコンテンツを追加するために使用されます。指定されたパスにファイルが存在しない場合は、新しいファイルが作成されます。以下のコードを使用して、ファイルにコンテンツを追加します。

 const fs = require("fs");

fs.appendFile("sample.txt", "Appending content", (err) => {
   if (err) throw err;
   console.log("Completed!");
});

fs.writeFile()

メソッドfs.writeFile()コンテンツをファイルに書き込むために使用されます。指定されたパスにファイルが存在しない場合は、新しいファイルが作成されます。コンテンツをファイルに書き込むために、以下のコードを試してください。

 const fs = require("fs");

fs.writeFile("sample.txt", "Writing content", (err) => {
   if (err) throw err;
   console.log("Completed!");
});

fs.readFile()

メソッドfs.readFile()ファイルからコンテンツを読み取るために使用されます。指定されたパスにファイルが存在しない場合は、エラーがスローされます。このメソッドの次のコードを調べてください。

 const fs = require("fs");

fs.readFile("sample.txt", (err, data) => {
   if (err) throw err;
   console.log(data.toString());
});

fs.unlink()

ファイルを削除するには、メソッドfs.unlink()が使用されます。指定されたパスにファイルが存在しない場合は、エラーがスローされます。コードを見てください。

 const fs = require("fs");

fs.unlink("sample.txt", (err) => {
   if (err) throw err;
   console.log("File deleted!");
});

fs.rename()

ファイルの名前を変更するには、メソッドfs.rename()が使用されます。指定されたパスにファイルが存在しない場合は、エラーがスローされます。次のコードを使用して、次のファイルの名前を変更します。賢くあれ!

 const fs = require("fs");

fs.rename("sample.txt", "sample_one.txt", (err) => {
   if (err) throw err;
   console.log("File renamed!");
});

その他

これで、 fs (ファイル システム)モジュールによるさまざまなファイル処理方法について理解できました。このチュートリアルで説明した方法を使用して、ほとんどのファイル操作を実行できます。約束したように、ファイルを開き、 fs.open()メソッドとfs.readFile()メソッドをそれぞれ使用してそこからコンテンツを読み取るサンプル スクリプトを見てみましょう。

 const fs = require("fs");

fs.open("sample.txt", "r", (err, file) => {
   if (err) throw err;
   fs.readFile(file, (err, data) => {
      if (err) throw err;
      console.log(data.toString());
   });
});

結論

このチュートリアルはこれで終わりです。ファイル処理方法を使用すると、日常的なタスクの一部を自動化できます。ファイルを扱うための重要な方法を学習できたと思います。

コーディングを楽しんでください 🙂

「 JavaScript でのファイルの処理」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

JavaScriptの「基礎」が1時間で分かる「超」入門講座【初心者向け】
1つの講座にJavaScriptで必要な知識を全てを詰め込みました【超JavaScript完全パック】