ホーム テクノロジー 開発 LiteSpeed Web サーバーの HTTP 2 実装ガイド

LiteSpeed Web サーバーの HTTP 2 実装ガイド


ウェブは変わりつつあり、そうすべきです。 HTTP 2.0 または HTTP/2 は、ビジネスに役立ち、最終的にユーザー エクスペリエンスを向上させる多くの優れた機能を備えて 2015 年 514 日にリリースされました。

背景を少し…

http-プロトコル履歴
http-プロトコル履歴
http-プロトコル履歴

ご覧のとおり、HTTP/2.0 は HTTP プロトコルの歴史の 2 番目のメジャー バージョンです。 HTTP 2 の目標には次のようなものがあります。

  • HTTPヘッダーのデータ圧縮
  • サーバープッシュテクノロジー
  • 単一の TCP 接続を介してページ要素を並行してロードする

以上のことから、セキュリティと最適化という 2 つのことを考えさせられました。

HTTP 2を実装する準備はできていますか?

Apache または Nginx を使用している場合は、サポートされているバージョンがまだリリースされていないため、少し待つ必要があります。

LiteSpeed は HTTP 2 をサポートする最初の Web サーバーです。これをインストールし有効にしテストする方法を説明します。

LiteSpeed は4 番目に大きい Web サーバーであり、私が執筆している時点では 98% 以上の HTTP/2 Web サイトを支えています。

ライトスピードの市場シェア
ライトスピードの市場シェア
ライトスピードの市場シェア

OpenLiteSpeed は、Lite Speed Web サーバーのオープン ソース バージョンです。 HTTP/2 は 1.3.11 および 1.48 以降のバージョンでサポートされています。

したがって、このガイドでは、Linux に 1.4.10 をインストールします。インストール方法は 2 つあります。1 つはソース コードをコンパイルする方法、もう 1 つはリポジトリを使用する方法です。両方の手順について説明します。

OpenLiteSpeed 1.4.10 をダウンロード

  • ダウンロードページからダウンロード可能です
  • ダウンロードしたファイルをインストールしたいサーバーに転送します

前提条件

  • OpenSSL 1.0.1+
  • OpenSSL開発
  • gcc
  • gcc-c++
  • ピークレ
  • ジオイプ
  • ズリブ
  • 外国人
  • autoconf

次のコマンドを使用してインストールできます。

 # yum install openssl openssl-devel gcc gcc-c++ pcre pcre-devel gcc autoconf expat-devel geoip-devel zlib-devel 

OpenLiteSpeed のインストール – ソース コードを使用する

  • openlitespeed-1.4.10.tgzがあるフォルダーに移動します。
  • 次のコマンドを使用して抽出します
 # gunzip -c openlitespeed-1.4.10.tgz | tar xvf – 
  • 現在の作業ディレクトリに別のフォルダーが作成されます – openlitespeed-1.4.10
  • openlitespeed-1.4.10 に移動します。
 # cd openlitespeed-1.4.10 
  • 次のコマンドを使用してコンパイルします
 # ./configure –enable-http2
# make
# make install 

数分かかりますが、最後に正常にインストールされたことを確認するメッセージが表示されます。

 [OK] The startup script has been successfully installed!
Installation finished, Enjoy! 

うおおお! LiteSpeed Web サーバーをインストールしたら、HTTP/2.0 を有効にします。

エキサイティング?やりましょう。

WebAdmin コンソールで HTTP/2.0 を有効にする必要があります。WebAdmin コンソールには、ホスト名:7080 を使用してアクセスできます。

WebAdmin にログインする前に、認証情報を変更する必要があります。そこで、その方法を紹介します。

  • /usr/lcoal/lsws/admin/misc に移動します
 # cd /usr/lcoal/lsws/admin/misc 
  • admpass.shを実行する
 # ./admpass.sh 
  • ユーザー/パスワードの入力を求めるプロンプトが表示され、入力が完了すると、正常に更新されたことを確認するメッセージが表示されます。
 Administrator's username/password is updated successfully! 

OpenLiteSpeed のインストール – リポジトリの使用

  • Linux/CentOS 6 にリポジトリを追加する
 # rpm -ivh http://rpms.litespeedtech.com/centos/litespeed-repo-1.1-1.el6.noarch.rpm 
  • yumコマンドを使用してOpenLiteをインストールする
 # yum install openlitespeed 
  • 数秒かかり、/usr/local/lsws にインストールされます。

HTTP/2.0を有効にする

  • WebAdminにログインする
  • リスナー >> SSL に移動します
  • 「セキュリティと機能」の「編集」をクリックします。

litespeed-http2-enable
litespeed-http2-enable
litespeed-http2-enable

  • 「HTTP/2」を選択し、「保存」をクリックします。

ライトスピード-http2
ライトスピード-http2
ライトスピード-http2

  • LiteSpeed を再起動します。これを行うには、起動スクリプトを使用できます。
 # /etc/init.d/lsws restart 

注: SSL が設定されていない場合は、最初に設定する必要があります。

これで、HTTP 2.0 が有効になり、テストする準備が整いました。

HTTP/2.0が有効かどうかをテストする

  • URLを入力してテストしてください

http2-テスト
http2-テスト
http2-テスト

ご覧のとおり、 HTTP/2.0をサポートしています。

上記のガイドが、LiteSpeed Web サーバーにHTTP/2.0をインストールして有効にするのに役立つことを願っています。

「 LiteSpeed Web サーバーの HTTP 2 実装ガイド」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

【HTTPS/HTTPって違うの?】日ごろよく閲覧するウェブサイトですがはたして安全なのだろうか? クレジットカードの番号タイプしていいの? 個人情報は? ウェブ・セキュリティ
【HTTP入門】Webページがブラウザに表示されるまでの流れを解説