ホーム テクノロジー 開発 Windows、Ubuntu、CentOS に Jenkins をインストールするにはどうすればよいですか?

ステップバイステップの Jenkins インストール ガイド。

この記事では、次のオペレーティング システムに Jenkins をインストールする方法を学習します。

  • ウィンドウズ
  • CentOS
  • Ubuntu

上記のすべてのオペレーティング システムでは、Jenkins のインストール手順は若干異なりますが、構成手順は同じです。

ジェンキンスとは何ですか?

Jenkins は、開発者がプロ​​ジェクトやアプリケーションを実行するためのオープンソースの自動化構築ツールです。ソフトウェアとアプリケーションの構築と展開に使用されます。これは、作業しているプラ​​ットフォームに関係なく、プロジェクトの継続的な統合と継続的な配信を可能にする強力な自動化アプリケーションです。

Jenkins は Java アプリケーションであるため、Java ランタイム環境 (JRE) がインストールされている任意のマシンでスタンドアロンで実行されます。

Jenkins を学びたい場合は、ゼロからヒーローになるためのこのオンライン コースをチェックしてください。

前提条件

JDK8+ はすべてのオペレーティング システムに必須です。したがって、まず JDK8 以降のバージョンをインストールする必要があります。 ここからダウンロードしてインストールできます。

Windows への Jenkins のインストール

JDK がインストールされて実行されたら、Jenkins をダウンロードしてインストールする準備が整います。 ここをクリックして、Windows 用の最新の Jenkins MSI パッケージをダウンロードします。

  • jenkins.msiをダブルクリックしてインストールを開始します。
  • 「次へ」をクリックしてインストールします
  • 別のディレクトリにインストールする場合は、「変更」ボタンをクリックします。この例では、デフォルトのオプションをそのまま使用し、「次へ」をクリックします。
  • インストールプロセスが完了したら、「完了」ボタンをクリックしてインストールを完了します。

ご覧のとおり、Windows への Jenkins のインストールは非常に簡単です。他の標準ソフトウェアと同様です。

Ubuntu への Jenkins のインストール

前述したように、JDK8+ が Ubuntu マシンにインストールされ、実行されていることを確認してください。インストールされていない場合は、以下のコマンドを実行してインストールします。

sudo apt install default-jdk-headless

 @ubuntu:~$ sudo apt install default-jdk-headless
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
The following NEW packages will be installed:
  default-jdk-headless
0 upgraded, 1 newly installed, 0 to remove and 102 not upgraded.
Need to get 1132 B of archives.
After this operation, 6144 B of additional disk space will be used.
Get:1 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/main amd64 default-jdk-headless amd64 2:1.11-68ubuntu1~18.04.1 [1132 B]
Fetched 1132 B in 2s (676 B/s)
Selecting previously unselected package default-jdk-headless.
(Reading database ... 30061 files and directories currently installed.)
Preparing to unpack .../default-jdk-headless_2%3a1.11-68ubuntu1~18.04.1_amd64.deb ...
Unpacking default-jdk-headless (2:1.11-68ubuntu1~18.04.1) ...
Setting up default-jdk-headless (2:1.11-68ubuntu1~18.04.1) ...
@ubuntu:~$

Java が正常にインストールされたことを確認するには、以下のコマンドを実行します。

java -version

 @ubuntu:~$ java -version
openjdk version "11.0.7" 2020-04-14
OpenJDK Runtime Environment (build 11.0.7+10-post-Ubuntu-2ubuntu218.04)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 11.0.7+10-post-Ubuntu-2ubuntu218.04, mixed mode, sharing)
@ubuntu:~$

インストールしたら、Jenkins のインストールに進みます。

インストール手順:

ステップ 1 :まず、コマンドターミナルを開きます (Ctrl + Alt + T)

ステップ 2: Jenkins をインストールするために、システムにリポジトリ キーを追加ましょう

<span style="font-weight: 400;">wget -q -O - http://pkg.jenkins-ci.org/debian/jenkins-ci.org.key | sudo apt-key add -</span>

 @ubuntu:~$ wget -q -O - http://pkg.jenkins-ci.org/debian/jenkins-ci.org.key | sudo apt-key add -
OK
@ubuntu:~$

ステップ 3:キーを追加したら、 Debian パッケージのリポジトリ アドレスをマシンに追加する必要があります。

<span style="font-weight: 400;">sudo sh -c 'echo deb http://pkg.jenkins-ci.org/debian-stable binary/ > /etc/apt/sources.list.d/jenkins.list'</span>

ステップ 4: Ubuntu パッケージを更新します

<span style="font-weight: 400;">sudo apt update</span>

 @ubuntu:~$ sudo apt update
Hit:1 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic InRelease
Get:2 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates InRelease [88.7 kB]
Ign:3 http://pkg.jenkins-ci.org/debian-stable binary/ InRelease
Get:4 http://pkg.jenkins-ci.org/debian-stable binary/ Release [2044 B]
Get:5 http://pkg.jenkins-ci.org/debian-stable binary/ Release.gpg [195 B]
Get:6 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-backports InRelease [74.6 kB]
Get:7 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/universe amd64 Packages [8570 kB]
Get:8 http://pkg.jenkins-ci.org/debian-stable binary/ Packages [17.6 kB]
Get:9 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security InRelease [88.7 kB]
Get:10 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/main amd64 Packages [748 kB]
Get:11 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/main Translation-en [237 kB]
Get:12 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/restricted amd64 Packages [50.8 kB]
Get:13 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/restricted Translation-en [12.3 kB]
Get:14 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/universe amd64 Packages [673 kB]
Get:15 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/universe Translation-en [223 kB]
Get:16 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/multiverse amd64 Packages [7808 B]
Get:17 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security/multiverse Translation-en [2856 B]
Get:18 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/universe Translation-en [4941 kB]
Get:19 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/multiverse amd64 Packages [151 kB]
Get:20 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/multiverse Translation-en [108 kB]
Get:21 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/main amd64 Packages [969 kB]
Get:22 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/main Translation-en [329 kB]
Get:23 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/restricted amd64 Packages [60.5 kB]
Get:24 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/restricted Translation-en [14.7 kB]
Get:25 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/universe amd64 Packages [1085 kB]
Get:26 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/universe Translation-en [337 kB]
Get:27 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/multiverse amd64 Packages [15.9 kB]
Get:28 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/multiverse Translation-en [6420 B]
Get:29 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-backports/main amd64 Packages [7516 B]
Get:30 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-backports/main Translation-en [4764 B]
Get:31 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-backports/universe amd64 Packages [7484 B]
Get:32 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-backports/universe Translation-en [4436 B]
Fetched 18.8 MB in 58s (327 kB/s)
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
102 packages can be upgraded. Run 'apt list --upgradable' to see them.
@ubuntu:~$

ステップ 5:最後に Jenkins をインストールするには、以下のコマンドを実行します。

<span style="font-weight: 400;">sudo apt install jenkins</span>

 @ubuntu:~$ sudo apt install jenkins
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
The following additional packages will be installed:
  daemon
The following NEW packages will be installed:
  daemon jenkins
0 upgraded, 2 newly installed, 0 to remove and 102 not upgraded.
Need to get 65.7 MB of archives.
After this operation, 66.8 MB of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n] Y
Get:1 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/universe amd64 daemon amd64 0.6.4-1build1 [99.5 kB]
Get:2 http://pkg.jenkins-ci.org/debian-stable binary/ jenkins 2.235.1 [65.6 MB]
Fetched 65.7 MB in 3min 34s (307 kB/s)
Selecting previously unselected package daemon.
(Reading database ... 29242 files and directories currently installed.)
Preparing to unpack .../daemon_0.6.4-1build1_amd64.deb ...
Unpacking daemon (0.6.4-1build1) ...
Selecting previously unselected package jenkins.
Preparing to unpack .../jenkins_2.235.1_all.deb ...
Unpacking jenkins (2.235.1) ...
Setting up daemon (0.6.4-1build1) ...
Setting up jenkins (2.235.1) ...
invoke-rc.d: could not determine current runlevel
Processing triggers for systemd (237-3ubuntu10.39) ...
Processing triggers for man-db (2.8.3-2ubuntu0.1) ...
Processing triggers for ureadahead (0.100.0-21) ...
@ubuntu:~$

Jenkins は正常にインストールされました。これで、Jenkins サーバーを起動できるようになりました。

ステップ 6: systemctl コマンドを使用して Jenkins を起動する

<span style="font-weight: 400;">sudo systemctl start jenkins</span>

systemctl出力が表示されないため、以下のコマンドでステータスを確認できます。このコマンドにより、Jenkins がアクティブかどうかを確認できます。

<span style="font-weight: 400;">sudo systemctl status jenkins</span>

 @ubuntu:~$ sudo systemctl status jenkins
● jenkins.service - LSB: Start Jenkins at boot time
   Loaded: loaded (/etc/init.d/jenkins; generated)
   Active: active (exited) since Sat 2020-04-04 10:10:19 UTC; 2 months 16 days ago
     Docs: man:systemd-sysv-generator(8)
    Tasks: 0 (limit: 4915)
   CGroup: /system.slice/jenkins.service

Apr 04 10:10:18 ip-172-31-17-25 systemd[1]: Starting LSB: Start Jenkins at boot time...
Apr 04 10:10:18 ip-172-31-17-25 jenkins[1984]: Correct java version found
Apr 04 10:10:18 ip-172-31-17-25 jenkins[1984]:  * Starting Jenkins Automation Server jenkins
Apr 04 10:10:18 ip-172-31-17-25 su[2037]: Successful su for root by root
Apr 04 10:10:18 ip-172-31-17-25 su[2037]: + ??? root:root
Apr 04 10:10:18 ip-172-31-17-25 su[2037]: pam_unix(su:session): session opened for user root by (uid=0)
Apr 04 10:10:18 ip-172-31-17-25 jenkins[1984]: mesg: ttyname failed: Inappropriate ioctl for device
Apr 04 10:10:18 ip-172-31-17-25 su[2037]: pam_unix(su:session): session closed for user root
Apr 04 10:10:19 ip-172-31-17-25 jenkins[1984]:    ...done.
Apr 04 10:10:19 ip-172-31-17-25 systemd[1]: Started LSB: Start Jenkins at boot time.
@ubuntu:~$

ステップ 6:ポートの構成 (オプション)

デフォルトでは、Jenkins は8080ポートで実行され、このポートに (アクセスできない場合は) どこからでもアクセスできるようにする必要があります。

ポートを開いてみましょう:

<span style="font-weight: 400;">sudo ufw allow 8080</span>

次のコマンドでポートのステータスを確認できます。

<span style="font-weight: 400;">sudo ufw status</span>

 @ubuntu:~$ sudo ufw status 
Status: active 
To           Action           From
--           ------           ---- 
8080         ALLOW            Anywhere 
8080 (v6)    ALLOW            Anywhere (v6) 
@ubuntu:~$

ファイアウォールが非アクティブであるというステータスが表示されている場合は、次のコマンドを実行します。それ以外の場合は必要ありません。

<span style="font-weight: 400;">sudo ufw allow OpenSSH</span>

に続く

<span style="font-weight: 400;">sudo ufw enable</span>

CentOS への Jenkins のインストール

まず、JDK8+ がマシンにインストールされ、実行されていることを確認します。インストールされていない場合は、以下のコマンドを実行して OpenJDK 8 パッケージをインストールします。

 sudo yum install java-1.8.0-openjdk-devel
 [@localhost ~]$ sudo yum install java-1.8.0-openjdk-devel
CentOS-8 - AppStream                            1.0 kB/s | 4.3 kB     00:04    
CentOS-8 - AppStream                            397 kB/s | 5.8 MB     00:14    
CentOS-8 - Base                                 3.5 kB/s | 3.9 kB     00:01    
CentOS-8 - Extras                               547  B/s | 1.5 kB     00:02    
Jenkins-stable                                  6.5 kB/s | 2.9 kB     00:00    
Dependencies resolved.
================================================================================
 Package                   Arch    Version                     Repository  Size
================================================================================
Installing:
 java-1.8.0-openjdk-devel  x86_64  1:1.8.0.252.b09-3.el8_2     AppStream  9.8 M

Transaction Summary
================================================================================
Install  1 Package

Total download size: 9.8 M
Installed size: 41 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
java-1.8.0-openjdk-devel-1.8.0.252.b09-3.el8_2. 531 kB/s | 9.8 MB     00:18    
--------------------------------------------------------------------------------
Total                                           507 kB/s | 9.8 MB     00:19     
Running transaction check
Transaction check succeeded.
Running transaction test
Transaction test succeeded.
Running transaction
  Preparing        :                                                        1/1 
  Installing       : java-1.8.0-openjdk-devel-1:1.8.0.252.b09-3.el8_2.x86   1/1 
  Running scriptlet: java-1.8.0-openjdk-devel-1:1.8.0.252.b09-3.el8_2.x86   1/1 
  Verifying        : java-1.8.0-openjdk-devel-1:1.8.0.252.b09-3.el8_2.x86   1/1 
Installed products updated.

Installed:
  java-1.8.0-openjdk-devel-1:1.8.0.252.b09-3.el8_2.x86_64                       

Complete!
[@localhost ~]$

Java が正常にインストールされたことを確認するには、以下のコマンドを実行します。

 java -version
 [@localhost ~]$ java -version
openjdk version "1.8.0_252"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_252-b09)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.252-b09, mixed mode)
[@localhost ~]$

インストールしたら、Jenkins のインストールに進みます。

インストール手順

ステップ 1 : まず、コマンドターミナルを開きます

ステップ 2 : Jenkins をインストールするには、まず、Jenkins GPG キーをダウンロードして追加する必要があります

 sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat-stable/jenkins.repo
 [@localhost ~]$ sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat-stable/jenkins.repo
--2020-06-21 04:29:52--  http://pkg.jenkins-ci.org/redhat-stable/jenkins.repo
Resolving pkg.jenkins-ci.org (pkg.jenkins-ci.org)... 52.202.51.185, 64:ff9b::34ca:33b9
Connecting to pkg.jenkins-ci.org (pkg.jenkins-ci.org)|52.202.51.185|:80... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 85
Saving to: ‘/etc/yum.repos.d/jenkins.repo’

/etc/yum.repos.d/je 100%[==================>]      85  --.-KB/s    in 0s      

2020-06-21 04:29:54 (2.61 MB/s) - ‘/etc/yum.repos.d/jenkins.repo’ saved [85/85]

[@localhost ~]$

ステップ 3 : Jenkins GPS キーをダウンロードして追加した後、次にJenkins GPG キーをインポートします

 sudo rpm --import https://jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

ステップ 4 : CentOS パッケージを更新する

sudo yum update
 [@localhost ~]$ sudo yum update
Last metadata expiration check: 0:17:09 ago on Sun 21 Jun 2020 04:21:20 AM PDT.
Dependencies resolved.
Nothing to do.
Complete!
[@localhost ~]$

ステップ 5 : centos パッケージを更新したら、Jenkins をインストールする準備が整います。

 sudo yum install jenkins
 [@localhost ~]$ sudo yum install jenkins
Last metadata expiration check: 0:19:26 ago on Sun 21 Jun 2020 04:21:20 AM PDT.
Dependencies resolved.
===============================================================================
 Package          Architecture    Version               Repository        Size
===============================================================================
Installing:
 jenkins          noarch          2.235.1-1.1           jenkins           63 M

Transaction Summary
===============================================================================
Install  1 Package

Total download size: 63 M
Installed size: 63 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
jenkins-2.235.1-1.1.noarch.rpm                 172 kB/s |  63 MB     06:16    
-------------------------------------------------------------------------------
Total                                          172 kB/s |  63 MB     06:16     
Running transaction check
Transaction check succeeded.
Running transaction test
Transaction test succeeded.
Running transaction
  Preparing        :                                                       1/1 
  Running scriptlet: jenkins-2.235.1-1.1.noarch                            1/1 
  Installing       : jenkins-2.235.1-1.1.noarch                            1/1 
  Running scriptlet: jenkins-2.235.1-1.1.noarch                            1/1 
  Verifying        : jenkins-2.235.1-1.1.noarch                            1/1 
Installed products updated.

Installed:
  jenkins-2.235.1-1.1.noarch                                                   

Complete!
[@localhost ~]$

ステップ 6 : Jenkins の開始 systemctl

 sudo systemctl start jenkins

systemctlでは出力が表示されないため、以下のコマンドでステータスを確認できます。このコマンドを通じて、Jenkins がアクティブかどうかを確認できます。

 sudo systemctl status jenkins
 [@localhost ~]$ sudo systemctl status jenkins
[sudo] password for : 
● jenkins.service - LSB: Jenkins Automation Server
   Loaded: loaded (/etc/rc.d/init.d/jenkins; generated)
   Active: active (running)
     Docs: man:systemd-sysv-generator(8)

Jun 20 11:15:22 localhost.localdomain systemd[1]: Starting LSB: Jenkins Automa>
Jun 20 11:15:23 localhost.localdomain runuser[1456]: pam_unix(runuser:session)>
Jun 20 11:15:33 localhost.localdomain jenkins[1433]: Starting Jenkins [  OK  ]
Jun 20 11:15:33 localhost.localdomain systemd[1]: Started LSB: Jenkins Automat>
Jun 21 04:23:04 localhost.localdomain systemd[1]: Stopping LSB: Jenkins Automa>
[@localhost ~]$

ステップ 7 : ポートの構成(オプション)

デフォルトでは、Jenkins は 8080 ポートで実行され、このポートにどこからでもアクセスできるようにする必要があります (アクセスできない場合のみ)。ポートを開けてみましょう、

 sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=8080/tcp
 [@localhost ~]$ sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=8080/tcp
success
[@localhost ~]$

ポートのリロードファイアウォールを設定した後、

 sudo firewall-cmd --reload
 [@localhost ~]$ sudo firewall-cmd --reload
success
[@localhost ~]$

Jenkins の構成

Jenkins をインストールすると、ポート8080 で実行されるようになります。お気に入りのブラウザでhttp://localhost:8080に移動して設定しましょう。

ステップ 1 : http://localhost:8080にアクセスします。

ステップ 2 : Jenkins のロックを解除するには、次の場所にあるファイルから管理者パスワードをコピーします。

  • Windowsの場合

C:\Program Files (x86)\Jenkins\secrets\initialAdminPassword

  • CentOS および Ubuntuの場合

/var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword

次に、それを「管理者パスワード」フィールドに貼り付けます。次に、 「続行」ボタンをクリックします。

ステップ 3 : ユースケースに応じて、提案されたプラグインをインストールすることも、プラグインを選択することもできます。ここでは、推奨されるプラグインをインストールしていきます。

ステップ-4 : すべてのプラグインがインストールされるまでお待ちください。インストールが完了したら、 「続行」をクリックします。

ステップ 5 : Jenkins の管理者プロファイルを作成します。必要な詳細を入力し、 「保存して続行」をクリックします。

ステップ 6 : 必要に応じて Jenkins URL を変更できます。デフォルトのhttp://localhost:8080のままにしておきます。 「保存して終了」をクリックして構成プロセスを完了します。次に、 「Jenkins の使用を開始」をクリックします

最後に、構成プロセスが完了します。上記のプロセスはデフォルトです。Jenkinsへようこそ!ページ。

Jenkins の構成手順は、管理者パスワードを取得して入力する必要がある手順 2を除き、すべての OS で同様です。このパスワードはファイルから取得でき、「Unlock Jenkins UI」に表示されているパスに保存されます。

結論

以上が、お気に入りの OS に Jenkins をインストールする手順でした。次に、最初の Jenkins パイプラインを作成する方法を学びます。

Jenkins のインストールは簡単で、リモート チーム用にセットアップしている場合は、Cloud VM を入手して自分でインストールするか、Jenkins ホスティング プラットフォームを使用することができます。

「 Windows、Ubuntu、CentOS に Jenkins をインストールするにはどうすればよいですか?」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

外部ディスクにUbuntuをインストールして、基本Windows、たまにUbuntuとして使う
【初心者向け】Ubuntu 22.04 LTS 古いPCにLinuxをインストールしよう #34

Share via
Copy link