ホーム テクノロジー 開発 XML と HTML: 違いは何ですか?

XML と HTML: 違いは何ですか?


Web ページは、さまざまな言語、テクノロジー、プログラムを使用して作成されます。 HTML と XML は、広く使用されている Web 開発言語の 2 つです。

XML と HTML はどちらもマークアップ言語ですが、機能とアプリケーションは大きく異なります。この記事では、XML と HTML について詳しく説明します。

XML とは何ですか?

XML は拡張マークアップ言語です。これは、アプリケーションやサーバー間でデータを保存および転送するために広く使用されている Web 言語です。これは、人間や機械が容易に理解できるマークアップ言語です。

HTML とは異なり、XML ではユーザーがタグを作成でき、自己記述的です。これにより、ユーザーはカスタマイズされたマークアップ言語を作成できます。

XMLとは
XMLとは

例えば:

 <?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<note>  
 <to>Joy</to>  
<from>Mary</from> 
<heading>Reminder</heading>
<body>Family Dinner Tonight - 10pm </body>
</note>

最初の行には、XML のバージョンとエンコーディングが記述されています。 2 行目はドキュメントの要素 (メモ) を説明します。次の 4 行では、ユーザー定義のタグ to、from、見出し、および本文を定義します。そして最後の行でルート要素 (</note) が終了します。

XML はタグの周囲にデータをラップするために使用されます。上と同様に、リマインダーは Note タグの周りにラップされます。 to、from、データの種類、実際のデータなどの詳細は、それぞれ to、from、見出し、本文タグで囲まれます。

XML はコードに依存します。 XML の最も重要な利点の 1 つは、データの保存と転送が容易になることです。コーディングが簡単で、多言語テストと Unicode をサポートしています。

XMLの特徴

  • XML は、データを効率的に保存し、ある場所から別の場所に転送するのに役立ちます。
  • 形式がしっかりと構造化されており、比較的習得が困難です。
  • HTML とは異なり、XML タグは事前定義されていません。これらはユーザー定義であるため、暗記する必要はありません。
  • すべてのプラットフォームとアプリケーションは XML をサポートしています。
  • 動的な性質があるため、非静的 Web ページの作成に使用できます。

HTMLとは何ですか?

HTMLとは
HTMLとは

HTML は、Web ページやアプリケーションを作成するために開発されたハイパーテキスト マークアップ言語です。これは、事前定義されたタグを備えたマークアップ言語です。 XML とは異なり、データの転送には役立ちませんが、データの表示には役立ちます。

HTML では、ハイパーリンクを通じて各ページを別のページに接続できます。 HTML を使用すると、グラフィック、ビデオ、サウンド、またはその他のマルチメディアを Web ページに効率的に埋め込むことができます。

HTML は、事前定義されたタグと属性で構成されます。タグは山かっこ (<>) で囲み、属性は引用符で囲みます。

例えば:

 <p>This is a paragraph.</p>      //Here <p> is a paragraph tag.
<p text-align=’center'> </p>   

ここで、align は属性であり、段落を定義どおりに配置する引用符で定義されています。

HTML は大文字と小文字を区別せず、エラーやタイプミスを表示します。つまり、構文エラーがあってもコードには影響せず、Web ページ上に表示されます。

HTML の最も重要な利点は、理解と学習が簡単で、広く使用されているマークアップ言語であることです。あなたが目にする Web ページのほとんどは HTML を使用して開発されています。この言語にはソフトウェアや追加のアプリケーションは必要なく、メモ帳などのテキスト エディタを使用してコードを作成できます。キャッシュ機能を使用して大きなファイルを保存できます。

HTML はシンプルですが、Web ページやアプリケーションを開発するには多くのコーディングが必要であり、場合によっては複雑になります。静的な Web ページは作成できますが、動的なページは作成できません。

HTMLの特徴

  • HTML は簡単な言語です。それを学ぶためにコーディングの専門家は必要ありません。 HTMLコードは誰でも簡単に理解できます。
  • コードを学びたい初心者にとって、コードを学ぶための優れた方法です。
  • HTML は Web 開発の標準言語です。
  • ほぼすべてのブラウザ、プラットフォーム、アプリケーションで動作します。
  • HTML では大文字と小文字が区別されず、タイプミスや構文エラーの影響をあまり受けません。
  • XML、CSS、バックエンドコーディング言語などの他の Web 言語と統合できます。
  • この言語は、画像、グラフィックス、ビデオ、サウンドを Web ページにすばやく追加します。

XML と HTML

XML と HTML
XML と HTML

XML と HTML の主な違いは、HTML は特に Web ページのデザインとデータの表示に使用されるのに対し、XML はデータの転送と保存に使用されることです。次の表では、XML と HTML について詳しく説明します。

パラメータXML HTML
言語XML は HTML に似た拡張マークアップ言語ですが、事前定義されたタグがありません。 HTML はハイパーテキスト マークアップ言語の略です。
ケーシングXML では大文字と小文字が区別されます。 HTML では大文字と小文字が区別されません。
タグXML を使用すると、ニーズや要件に応じてタグを作成できます。 HTML には、Web ページの作成に使用できる事前定義されたタグがあります。
目的データの保存と転送。データの表示またはプレゼンテーション。
エラーエラーはデータの転送や保存を妨げる可能性があるため、修正する必要があります。軽微なエラーは無視されます。
入れ子エラーを避けるために、ネストは適切に行う必要があります。ネスティングが正しく行われていない場合でも、コードには影響しません。
終了タグ<br>、<hr>、<img> など、一部のタグには終了タグと終了タグがありません。 HTML では、すべてのタグに終了タグと終了タグがあります。
引用XML では属性値を引用符で囲む必要があります。 HTML には引用符は必要ありません。
オブジェクトのサポートXML では、オブジェクトは属性や要素などの規則によって表現される必要があります。 HTML はネイティブ オブジェクトのサポートを提供します。
サイズ長いコードと書式設定のアプローチにより、ドキュメントのサイズが比較的大きくなります。簡潔な構文と書式設定されたテキストにより、ドキュメントのサイズが比較的小さくなります。
空白XML では空白を使用できます。 HTML では空白を使用しないでください。
書式設定XML では、アプリケーション タイプを XML 属性および要素にマッピングするのに多大な労力が必要です。アプリケーションとの直接データ マッピングを提供します。
JavaScriptの統合XML DOM (Document Object Model) の実装とマッピング コードが必要です。追加の実装やマッピング コードは必要ありません。
学習曲線XML は、スキーマ、XML DOM、XPath などのテクノロジを学ぶ必要があるため、複雑です。 HTML は比較的簡単に学習できます。

XML と HTML の使用例

機能と同様に、どちらのマークアップ言語もその用途が異なります。

HTMLの応用
HTMLの応用

XMLの使用例

  • Web パブリッシング: XML は、ユーザーがインタラクティブでカスタマイズできる Web ページを作成するために使用されます。より直観的な e コマース アプリケーションを作成するのに役立ちます。データを単独で表示するのではなく、データの保存と転送に役立ちます。
  • Web 検索と Web タスクの自動化: XML では、ドキュメント内でデータ型を定義することにより、Web 検索が非常に簡単になります。
  • 一般的なアプリケーション:この言語は、データを保存、送信、表示するアプリケーションやデバイスで有名です。
  • e-ビジネス: e-ビジネスは、情報交換やあらゆる種類のトランザクションのために EDI (電子データ交換) をよりアクセスしやすくするために XML 言語を実装します。
  • パーベイシブ コンピューティング: XML は、携帯電話や PDA などのワイヤレス コンピューティング デバイスに表示するための、構造化されたポータブルな情報タイプを提供します。
  • メタデータ アプリケーション: XML を使用すると、メタデータを移植可能で再利用可能な形式で表現できます。
html
html

HTMLの使用例

  • Web ページの開発: HTML は Web ページの開発に広く使用されています。データを表示するために使用されます。
  • Web ドキュメントの作成: HTML は、インターネット上でドキュメントを作成するのにも役立ちます。 Web ドキュメントは、タイトル、見出し、本文の 3 つの部分からなり、HTML タグを使用してデザインおよび作成されます。
  • インターネット ナビゲーション:これは、HTML の著名かつ革新的なアプリケーションの 1 つです。ハイパーリンクとハイパーテキストを通じて、Web ページを相互にリンクできます。これにより、ユーザーは Web ページと Web サイト間を簡単に移動できるようになります。
  • 最先端の機能: HTML には、Web サイト作成における最新の機能とトレンドがいくつか導入されています。
  • クライアント側ストレージ: localStorage と IndexDB を使用したクライアント側ストレージの開発には、HTML の最新バージョンである HTML5 が使用されます。
  • オフライン機能の使用: HTML は、インターネットがそのキャッシュ機能に接続されていない場合でも、ブラウザー データを保存するのに役立ちます。
  • データ入力のサポート:データ入力のサポートには、HTML5 標準と一連の API も使用されます。
  • ゲーム開発での使用: HTML5、CSS3、および軽量の JavaScript エンジンをゲーム開発に使用できます。

結論

HTML と XML は Web ページを作成し、さまざまなアプリケーションで連携して機能します。 HTML はデータの表示と Web ページの構造の記述に使用され、XML はデータの保存と送信に使用されます。 HTML は、事前定義されたタグと属性を備えた単純な言語です。 XML は標準言語です。どちらもマークアップ言語であり、Web サイトやアプリケーションの開発に不可欠です。

また、Web 開発に最適なリアルタイム HTML エディターもチェックしてください。

「 XML と HTML: 違いは何ですか?」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

HTMLとは?|HTMLとは何か、HTMLの仕組みなどについて3分でわかりやすく解説
XMLとは一体なに?現役システムエンジニアがIT初心者にもわかりやすく説明します