ホーム テクノロジー DEVOPS 非公開: コードとしての監視がソフトウェア監視にどのような変革をもたらすか

コードとしての監視がソフトウェア監視にどのような変革をもたらすか


Monitoring as Code (MaC) は、ソフトウェア開発で広く採用されている最新の概念です。

仕事と生活を容易にするためのソフトウェア ソリューションの最新化と広範な使用のおかげで、ソフトウェア開発の需要は最近非常に高まっています。

このため、ソフトウェア開発者は、より機敏に高度なソリューションを考案し、頻繁に更新する必要があります。

そのため、アジャイルプロジェクト管理、継続的インテグレーション、継続的デリバリー(CI/CD)などの方法論やコンテナなどのテクノロジーの利用がこれまで以上に増加しています。

これらのプロセスでは、ソフトウェア構築チームはソフトウェア開発プロセス全体の監視を統合する必要もあります。

そこで MaC が役に立ちます。これは、ソフトウェア開発ライフサイクル (SDLC) 全体にわたる包括的なメトリクスと貴重な洞察によって強化された可観測性を提供するのに役立ちます。

Checklyのような MaC ソリューションをソフトウェア開発プロセスに組み込むと、ソフトウェア開発者と DevOps チームに多くのメリットがもたらされます。

この記事では、MaC とは何なのか、そしてそれがどのように役立つのかについて詳しく説明します。

はじめましょう!

コードとしての監視とは何ですか?

Monitoring as Code (MaC) は、ITOps および DevOps ライフサイクルの各段階での継続的な監視と、インフラストラクチャとアプリケーションのエンドツーエンドの可視化を含む、Everything as Code (EaC) の考え方です。 MaC を採用すると、開発者は、開発者中心の 1 つの MaC ワークフローで、テストと合成モニタリングのセットアップ全体をコーディング、テスト、展開できるようになります。

マック
マック

MaC は EaC の概念であり、正確にはコードとしてのインフラストラクチャー (IaC) です。そして、EaC は実際には、コードを利用してさまざまな種類のリソースを管理および定義する DevOps および IT 運用 (ITOps) アプローチです。

プロセスを自動化し、スケーラビリティ、再利用性、セキュリティを向上させるために、インフラストラクチャ、運用、構成管理、セキュリティ、コンプライアンスをコードまたはソフトウェアとして扱います。

さらに、MaC は、アプリケーションとインフラストラクチャが良好な状態にあり、パフォーマンスが良好で、安全性と信頼性が維持されることを保証します。これは、IT 環境にモニターとサービスを展開することで実現されます。 MaC は問題の根本原因を突き止める方法も提供するので、解決策をより早く見つけることができます。

包括的な MaC には以下が含まれる必要があります。

  • 異常の検出と可観測性データの評価
  • 障害時の動作に関する追加情報の収集と診断の実行
  • メトリクス収集などの監視ジョブの調整
  • アラートとインシデントの管理
  • 履歴データの保存と分析

効果的かつ効率的なモニタリングをコードとして実現できるように、 Checklyなど、それを中心に構築されたソリューションが多数あります。これらのソリューションにより、監視が容易になり、より速く、より信頼性が高くなります。

MaC と従来のモニタリングの比較

macv従来の
macv従来の

従来の監視は、コードとしての監視とは異なります。 MaC は、プラグインやエージェントを構成したり、監視の自動化のように自動インストールを実行したりするだけではなく、包括的な監視ソリューションを提供します。

MaC には、自動アラートおよびインシデント管理から自動診断までの完全な可観測性ライフサイクルが含まれます。

SDLC には、計画、コーディング、構築、テスト、リリース、展開、運用、監視の各段階が含まれます。一方、MaC は、ソフトウェア開発プロセスの開始に近い段階で監視を開始するという左シフト アプローチを採用しています。

MaC では、チームはソフトウェア開発ライフサイクル全体を通じて、より深い指標と洞察を得る必要があります。このためのプロセスは次のようになります。

Plan → Code → Build → Test → Monitor → Feedback → Operate → Monitor

Macはどのように機能しますか?

Infrastructure as Code (IaC) がサーバー、アプリケーション、およびクラウドベースのインフラストラクチャ コンポーネントを管理する方法は、MaC が動作して監視を処理する方法と似ています。

MaC には、ビジネスに不可欠な主要業績評価指標 (KPI) のデータ収集が組み込まれています。これにより、製品マネージャー、ソフトウェア開発者、その他の重要な関係者がこれらの KPI を追跡し、情報に基づいたビジネス上の意思決定を行うことができます。

ハウマックワークス
ハウマックワークス

MaC を使用すると、監視プロセスが体系化され、開発者は、ソフトウェアの進化に合わせて繰り返し、継承、保守しやすい、より厳密なバージョン管理を備えた強力なフレームワークをセットアップできるようになります。

MaC を使用すると、小さなコード変更であってもメトリクスを介して即座に観察できるため、ソフトウェアのライフサイクルをより適切に管理できるようになります。

アラート、トラブルシューティング、診断を含む可観測性サイクル全体をカバーします。これは、コード機能を監視するための自動化スクリプトを作成することで実行できます。

実際には、ソフトウェア チームが Web アプリを構築し、一般にリリースします。即時監視が必要です。 MaC を使用すると、アプリケーション開発者と ITOps は、組み込み機能のようにアプリケーションの機能をリアルタイムで即座に観察できます。

MaCの実装方法

通常、コードとしての監視には次の手順が含まれます。

#1.統合

統合
統合

MaC では、既存のシステムが「コードとして」サービスおよびツールと統合されます。これらのツールとサービスには、CI/CD パイプライン、証明書管理ツールなどが考えられます。

統合後は、バージョン管理された監視コードの反復処理をすぐに開始できます。これは、特定のワークフローで開発、セキュリティ、IT チームを統合するのに役立ちます。また、展開を自動化し、拡張性と可視性を向上させます。

#2.標準化

このプロセスには、さまざまな可観測性および監視ツールで使用される既存のインターフェイスの識別が含まれており、これらのインターフェイスを統合パイプラインに統合できます。これには、監視スクリプト、API エンドポイント、エクスポーター、メトリック取得ツールなどが含まれる場合があります。

#3.加速度

このステップでは、一般的な可観測性とビジネス ニーズの監視を宣言型テンプレートとしてパッケージ化します。これにより、さまざまなビジネスユニット全体での MaC の採用を増やすことができます。

#4.革新

革新
革新

ソフトウェアのライフサイクルで EaC ループを閉じる必要があります。その結果、IT、開発、セキュリティ チームは互いに簡単に連携できます。これにより、統一されたワークフローを活用して、中核となるビジネスの改善に取り組むことができます。

MaC が従来の監視の課題をどのように解決するか

従来のモニタリングには多くの課題が伴いますが、MaC はそれらを解決する方法を提供します。そこで、まず従来の監視に関連するさまざまな課題を見てみましょう。

#1.コミュニケーションと調整

企業にグローバル チームがあり、メンバーがさまざまな国やタイムゾーンから働いている場合があります。そのため、適切で統一されたワークフローが導入されていない場合、チームメンバー間のコミュニケーションと調整が大きな課題となります。

運用チームがセキュリティの脅威を検出した場合、直ちに行動を起こすようにチームに通知するとします。ただし、インシデント管理の責任者チームまたは担当者が不在の場合、または迅速な対応を怠った場合、セキュリティ上の災害につながる可能性があります。システムに侵入され、情報が漏洩する可能性があります。

そのため、チームはうまく調整され、メンバー間のコミュニケーションが円滑に行われなければなりません。 MaC は、共有ワークフローでチームとメンバーを統合することで、ここで役に立ちます。誰もが常に最新情報を把握できるため、見逃すことはありません。

MaC は、チーム メンバーが業務の監視と実行において自動化の力を活用できる簡単な方法を提供します。

#2.手動監視

従来の監視には手動監視が含まれます。ツールを使用して手動でモニターを作成する必要があります。そして、チームの各メンバーはモニターを個別に管理する必要があります。この実践では精度に疑問が残ります。

手動監視
手動監視

各メンバーが孤立したモニターを持っているため、モニターの統一性と均一性を維持することが困難になります。ガイドライン、ベストプラクティス、変更履歴、ピアレビューがなくても、すべて機能します。

さらに、多数のモニターを手動で管理するのは困難です。さらに、チームが成長するにつれて、この方法は拡張可能ではなくなります。

しかし、MaC にはこれらの問題を解決する機能があります。自動化の力を提供し、問題の検出からアラート、診断までの監視機能を自動的に実行できます。これにより、処理するモニターの数に関係なく、プロセスが一貫性、均一性、スケーラブルになり、言うまでもなく簡単になります。

#3.スピード

現在、ターゲット アプリケーションが進化する速度は、プロビジョニングが実行される速度、または更新プログラムがリリースされる速度と一致しません。ソフトウェア開発会社であれば、このような不一致が起こることは決して望まないでしょう。

MaC の助けを借りて、コア監視のソース コードがコードとして記述されます。これは、チェック定義がソース コードに近づくことを意味します。その結果、チーム全体の可視性が向上します。

さらに、コードは単なるテキストのセットであるため、アプリケーションのバージョン管理や、あらゆる変更の監査証跡の作成に役立ちます。これにより、必要に応じて変更を簡単にロールバックできるようになります。

さらに、さまざまな監視チェックのプロビジョニングを自動化することで、数秒以内に多数のチェックを作成できます。

#4.透明性の欠如

従来の監視には、割り当てられた新しい監視リソースを利用するためのチケットをユーザーが作成する手動のプロビジョニングが含まれます。あるいは、変更を適用できるようにするためにアクセス許可を要求することもできます。これは、IT チームがさまざまなフローと UI を処理する必要があることを意味します。

透明度の欠如
透明度の欠如

その結果、インフラストラクチャ全体で一貫性を維持し、同時に作業の重複を回避することが困難になります。監査の変更が複雑になり、正しく構成されていない監視チェックをレビューすることが困難になる場合もあります。これにより、フィードバック ループの長さも長くなり、チーム間のコラボレーションが難しくなります。

監視プロセスとリソースのプロビジョニングを自動化することで、チームは複数の UI を使用して作業することなく一元化できます。

これにより、一貫性が高まり、各チームメンバー間の透明性が高まります。これにより、チームメンバー間のコラボレーションが強化されます。

Checklyのような MaC ソリューションは、ソフトウェア開発ワークフローに MaC を実装し、より良い結果を達成するための優れた方法です。

Macのメリット

Macのメリット
Macのメリット

#1.バージョン管理

従来のモニタリングでは、変化を追跡するのは困難です。チームの全員がアクティビティを実行するための個別のモニターを持っています。したがって、バージョン管理は困難な作業でした。

ただし、MaC はメンバー、チーム、部門を統合することにより、より優れたバージョン管理を提供します。これは、バージョン管理をソフトウェアの構築、テストおよび展開と連携させます。これにより、視認性、再現性、信頼性も向上します。

変更を追跡するだけでなく、以前のアプリケーションのバージョンに簡単に戻すことができます。さらに、誰がいつどのような変更を加えたかも確認できます。

#2.統一

統一
統一

MaC は、CI/CD ワークフローの断片化されたプロセスを統合し、同期を維持するのに役立ちます。

合成モニタリングを利用すると、アプリケーションの現在の状態を監視し、何か問題が発生した場合にアラートを受け取ることができます。ただし、サービスに何らかの変更を加えたい場合は、モニターにいくつかの変更を加える必要がある場合があります。

たとえば、ロールアウトを実行する前にモニターをミュートすると、モニターがすぐに壊れる可能性があります。変更をロールアウトしたら、モニターを調整し、ミュートを解除して通常の状態に戻すことができます。

MaC では、基本的にアプリケーション コードに近いところでモニターを構成します。これにより、コードを変更しながら必要な更新を実行し、同期を保つことができます。

#3.効率

監視ツールは、ユーザー インターフェイスを通じて手動で設定されます。運用チームが行うこともできます。これは実際には遅いプロセスです。

ただし、MacC を構成すると、より多くのモニターを自動的に高速に起動できるようになります。これは、新しいエンドポイントを導入するたびに、対応するエンドポイントが作成されることを意味します。したがって、監視プロセスの自動化を利用して効率を向上させることができます。

#4.透明性の向上

透明性の向上
透明性の向上

MaC は、より優れたソース管理を提供することで、チーム メンバー間の透明性を高めることができます。必要に応じて、より速く簡単にロールバックを実行することもできます。

さらに、MaC では、すべてのチェックが同じリポジトリ内のアプリケーション コードと一緒に維持されます。このようにして、何を、なぜ、どのチェックによって監視するかを制御および管理できます。これにより、チーム メンバーは必要に応じてより多くのモニターを起動し、エンジニアリング チームのコラボレーションが強化されます。

#5.優れたスケーラビリティ

MaC は、プロビジョニングをより効果的かつ高速にすることで、優れたスケーラビリティを提供します。そのため、チームの規模やユーザーベースが拡大しても、リソースのスケールアップに問題が生じることはありません。スケールダウンする必要がある場合も、これは簡単です。このように、MaC は自動化を完全に制御できるため、ビジネスにとって必需品であることが証明されています。

#6.堅牢なアラート

MaC を使用すると、障害が発生した場合に通知と実用的なアラートを設定できる堅牢なアラートを作成できます。問題が発生するとすぐに通知が届くので、すぐに対処し、アプリケーションを最適な状態に保つことができます。

#7。報告

報告
報告

チームまたは部門内の従業員のさまざまな役割に基づいてワークブックとダッシュボードを作成できます。これは監査の際に役立ちます。

結論

従来の監視には、スケーラビリティ、バージョン追跡、調整と通信などの点で多くの課題が伴います。ソフトウェア開発パイプラインに Monitoring as Code (MaC) を導入すると、監視プロセスを自動化しながらチーム間のコラボレーションを強化できます。

したがって、より優れた製品を作成し、頻繁にアップデートをリリースして、エンドユーザーの期待に応え、需要に合わせて拡張することができます。また、 Checklyなどの MaC ソリューションを使用して、ソフトウェアをより迅速に、確実に開発および実行することもできます。

中小企業向けに最適なリモート監視および管理ソフトウェアをいくつか検討することもできます。

「コードとしての監視がソフトウェア監視にどのような変革をもたらすか」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

特別回 ちょっぴりDD – Amazon CodeGuru Security の紹介
アプリケーションの健全性の監視