ホーム テクノロジー DEVOPS DevOps とアジャイル: 両方の統合がビジネスの成長にどのように役立つか

DevOps とアジャイルを組み合わせて統合すると、製品の提供に前向きな変化をもたらすことができます。

ソフトウェアの開発と導入は、ビジネス運営に不可欠な部分となっています。ユーザーやクライアントは製品の迅速な納品を要求するため、企業は DevOps を導入して製品開発プロセスを最適化します。

ただし、保守に必要な継続的なテストや改善は含まれません。しかし、アジャイル フレームワークを使用すると、チームは継続的な製品開発に取り組むことができます。

ご覧のとおり、どちらの方法論もソフトウェア開発ライフサイクルにおいて重要な役割を果たします。したがって、企業はアジャイルと DevOps を活用して製品開発を成功させ、焦点を絞った配信を行うことができます。

アジャイル DevOps とは何ですか?

アジャイル DevOps 1 とは
アジャイル DevOps 1 とは

DevOps とアジャイルは、製品の開発、発売、リリースに使用されるソフトウェア開発手法です。 DevOps とは、従来は別々に作業していたソフトウェア開発チームと IT 担当者とのコラボレーションを意味します。

一方、アジャイルとは、開発プロセスの後半段階で変更が発生した場合でも、製品を顧客の要件やトレンドに継続的に調整することを意味します。そうすることで、この方法はチームワークと責任を促進します。

したがって、アジャイル DevOps とは、両方の方法を一緒に実装して、顧客により迅速に価値を提供することを意味します。この組み合わせたアプローチにより、製品の迅速な提供、期待されるメリットの獲得、日々の変化への適応が保証されます。

アジャイル DevOps の概念は、もはやソフトウェア開発ワークスペースに限定されません。現在では、運用、マーケティング、人事、管理、販売などの他の部門でもその導入が見られます。

それにもかかわらず、最大限の利益を得るためにアジャイル DevOps を活用することは、組織のリーダーシップと職場文化の責任です。

アジャイルとDevOpsはどのように相関するのか

アジャイルとDevOpsを関連付ける方法
アジャイルとDevOpsを関連付ける方法

DevOps とアジャイルは 2 つの異なる方法論ですが、製品開発プロセスと企業文化の改善においては密接に関係しています。相互関係により、アジャイルと DevOps が一緒に使用されていることがわかります。

手間のかからない方法で高品質の製品を開発したいチームは、これらの方法を構成要素として使用します。アジャイルは DevOps の基盤として機能しますが、DevOps は製品開発をバックアップできます。

実際、DevOps とアジャイルには、テクノロジーや実践のさまざまな段階で共存できるように、いくつかの共通の目標があります。仮想化テクノロジーは、アジャイルと DevOps の共存の一例です。ここでは、IT 環境は DevOps アプローチに従いますが、アジャイル アプローチによりスケールアップと成長が可能になります。

DevOps とアジャイル: 類似点

DevOps とアジャイルの類似点
DevOps とアジャイルの類似点

テストと自動化に頼る

どちらの方法も安定性を達成することを目的としています。そのため、高速かつ安全な、品質評価された環境で動作します。定期的なテストを統合することでこれを実現します。さらに、アジャイルと DevOps は、実行プロセス中の柔軟性とセキュリティを自動化に依存しています。

無駄のない哲学にインスピレーションを受けて

リーン哲学にインスピレーションを得た
リーン哲学にインスピレーションを得た

無駄のない哲学は、コミュニケーション プロセスの標準化を支援することで、これらの方法論にインスピレーションを与えました。この哲学は、チームメンバーが健全な環境で働ける理由でもあります。

ビジネスの生産性を重視する

DevOps とアジャイルは同様のビジネス志向のアプローチを採用しているため、生産性を最大化することがこれらの両方の方法の共通の目標です。アジャイルを使用すると、開発チームは単一の目標に集中できるため、生産性が向上します。反対に、DevOps 文化により、より迅速な配信が促進されます。

コラボレーションの促進

DevOps とアジャイルはどちらも、協力的な職場の構築に貢献します。これらの方法論を使用するチームは常に最新情報を把握しており、問題を迅速に検出でき、問題のトラブルシューティングを簡単に行うことができます。チームメンバーが相互に対話すると、生産性と効率が向上します。

アジャイルとDevOps: 違い

アジャイルとDevOpsの違い
アジャイルとDevOpsの違い

実装

アジャイル手法では、カンバン、SAFe、スクラムなどのさまざまなフレームワークを統合してプロジェクト内で共同作業を行うことができます。

DevOps に関しては、依然としてプロジェクトのコラボレーションに焦点が当てられています。ただし、フレームワークの代わりに、Git、Jenkins、Ansible、puppet などのツールを使用します。

客観的

アジャイル手法の目的は、複雑なプロジェクトを楽かつ便利に管理することです。そのために、コラボレーション、フィードバック、迅速な小規模リリースに重点を置いています。

一方、DevOps 方法論は一貫した配信を目的としています。ソフトウェア開発と運用プロセスを簡単に管理する必要がある別のコンテキストでも機能します。

作業プロセス

アジャイル手法は、特定の期間で新しいソフトウェアを開発するために使用されます。このアプローチに従う開発者は、アプリの更新と開発に重点を置きます。

反対に、DevOps はアップデートから最大限のビジネス運営をカバーします。

スキルセット

アジャイル手法に取り組む開発チームは、T 字型のスキルセットについて深い知識を持っている必要があります。

一方、DevOps 方法論のユーザーは、開発および運用チームに必要なスキルを持っている必要があります。

範囲

アジャイル手法の対象領域はソフトウェア開発です。ただし、DevOps 方法論は、エンドツーエンドのビジネスの高速配信に機能します。

フィードバック

アジャイル手法は、主に貴重な顧客やクライアントからの外部フィードバックに依存しています。貴重なフィードバックに基づいて、テスト チームはバグを修正し、アプリに必要な変更を加えます。

対照的に、DevOps 方法論は内部フィードバックに基づいて実行されます。テスト チームはアプリに問題やバグがないか定期的にチェックし、すぐに修正できるようにします。

DevOps とアジャイルの統合がビジネスにどのように役立つか

DevOps とアジャイルを適切に実装できる企業は、より優れたパフォーマンスを実現できるでしょう。収益面でも成長が顕著になるだろう。これらのアプローチの統合によってビジネスが得られるメリットは次のとおりです。

  • 製品リリースと関連プロセスの簡素化
  • 顧客およびクライアントへの製品提供の改善
  • チームメイトや異なるチーム間の最大限のコラボレーション
  • 高品質の製品に対する顧客満足度の向上
  • ユーザーの要求に応じた、より高品質な製品
  • バグの数が減り、それらに対する迅速な修正が行われました
  • すべての製品リリースに付加価値を与える
  • 継続的インテグレーション/デリバリーパイプライン

DevOps とアジャイルを統合する際に考慮すべきこと

DevOps とアジャイルを統合する際に考慮すべきこと
DevOps とアジャイルを統合する際に考慮すべきこと

#1.製品ライフサイクル

ソフトウェア ライフサイクルは、アジャイル フレームワークを使用した DevOps の実装を成功させる上で重要な役割を果たします。 DevOps 原則をライフサイクルの開始時に実装すると、一貫性が向上し、コストが削減されます。また、商品の配送も早くなり、ミスも少なくなります。

#2.シームレスなワークフロー

DevOps のビジネス価値とアジャイルの実践的なアプローチを最大限に達成したいと考えているチームの場合、メンバーは関連するすべての側面を深く理解している必要があります。

また、プロジェクトの関係者全員が、開発プロセスだけでなく、配信やメンテナンスにも貢献する必要があります。

#3.品質保証

バグが発生する可能性を下げるために、チームはすべての段階で定期的な品質チェックを実行する必要があります。アジャイル フレームワークの機能をテストする必要がある場合は、ソフトウェアのパフォーマンスと負荷テストに対して DevOps アプローチのチェックを行う必要があります。

#4.ドキュメント🗎

同時実装の目的は、両方の方法論の利点を最大限に活用することです。したがって、チームは製品リリースまでの開発プロセス全体にドキュメントを採用する必要があります。この機能は DevOps からのものですが、将来的には非常に有益になるでしょう。

#5.分析とKPI

チームの実際のパフォーマンスと進捗状況を理解するには、企業は分析用の固定パラメータを用意する必要があります。次のパフォーマンス指標を使用すると、パフォーマンスを正確に測定できます。

  • 制作からリリースまでにかかった合計時間
  • あらゆるプラットフォームのサポート要件
  • リリース数の増加率
  • 発売日順守率
  • 満たされた非機能要件の割合

#6.オートメーション

企業は、エラーの範囲を減らすために、アジャイルおよび DevOps の実装中に自動化を検討する必要があります。これにより、リリース サイクルが簡素化されるだけでなく、エラーが減ってチームの生産性も向上します。

DevOps とアジャイルを併用するメリット

#1.ユーザーのニーズに集中する

アジャイル開発は、製品の価値を高めるためにユーザーの要件に焦点を当てます。顧客やその担当者とのコミュニケーションを強化することで、市場の需要を捉えます。

さらに、DevOps は、開発チームと運用チームが顧客のニーズを念頭に置くのに役立つビルド システムとテスト システムを組み合わせ続けます。したがって、土壇場での不具合やリリース時の問題が少なくなることが期待できます。

#2.生産性の向上

生産性の向上
生産性の向上

一般的な IT 設定には、タスクの依存関係や反復的な手動タスクによる遅延が伴います。これらのプロセスで無駄に費やされる時間は、多くの場合、従業員の間でフラストレーションや不満を引き起こします。

これらの方法による実稼働環境の自動化と標準化により、チームは展開を予測可能にし、反復的なタスクから解放されます。人々はより価値の高いタスクに集中できるため、モチベーションが高まり、生産性が向上し、より多くのマイルストーンを達成できます。

#3.継続的な価値の創造

アジャイルを使用すると、企業はユーザーの反応に応じて定期的に製品を提供し、調整することができます。さまざまな環境で更新をテストすることで、アウトバウンド リリースの数が減ります。

DevOps も、製品マップとパイプラインを作成することでこれに貢献します。また、新しいビルドごとに必要なチェック、テスト、自動統合をセットアップすることもできます。迅速な導入と自動更新も、チームがより多くのことを行うのに役立つこのアプローチの機能です。

#4.テストと分析の改善📈

品質分析 (QA) は、開発ライフサイクルの重要な部分であることに加えて、アジャイルと DevOps を組み合わせた統合においても重要です。これらの技術を組み合わせることで、より優れたテストが可能になります。

アジャイルでは機能テストが保証されますが、DevOps ではソフトウェア アプリケーションのパフォーマンスと高品質をテストする必要があります。したがって、あらゆる段階で製品の品質が向上することがわかります。

#5.より良いコラボレーション

より良いコラボレーション
より良いコラボレーション

アジャイルと DevOps が職場に統合されると、チームはエンド ユーザーに利益をもたらすために協力し始めます。ビジネス アナリスト、開発者、テスター、運用マネージャーなど、全員が必要なリソース、システムの観点、必要な環境、タスクの依存関係などについての議論に参加します。

DevOps とアジャイル統合に関する著者のメモ

DevOps とアジャイルを組み合わせることで、企業はより優れたソフトウェアを開発し、エンド ユーザーに迅速に届けることができます。 DevOps とアジャイルは、継続的な価値、テストと分析、ユーザーのニーズ、生産性の向上、コラボレーションの向上という点で相互に補完します。

両方の方法論を統合した成功事例が出てくると、より多くのチームがそれらの実装に興味を持つようになるでしょう。

結論👨‍💻

アジャイルと DevOps をビジネスに統合する利点がわかったので、情報に基づいた意思決定を行うことができます。また、導入時に考慮すべき点も確認してください。

ソフトウェア開発に加えて、他のチームもこの相関統合から恩恵を受けることができます。組織の DevOps を自動化し、デュアル トラック アジャイルを実装することもできます。

「 DevOps とアジャイル: 両方の統合がビジネスの成長にどのように役立つか」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

【超速で成果を出す】アジャイル仕事術5つの力/ヨコの共創型組織/働き方は「組織に所属」から「個人で活動」へ変化/満点ではなく合格点を目指せ/ゼロベースで価値を考える引き算思考/組織の若返りはできない
なぜ今DevOpsなのか?必要な3つの理由について

Share via
Copy link