ホーム テクノロジー DEVOPS 非公開: DevOps 文化における ChatOps の役割: 入門ガイド

ソフトウェア開発とソフトウェア システムの保守はますます複雑になっており、従来の DevOps ソリューションがそれに追いつくのに苦労しています。ここでChatOpsの役割が登場します。

ChatOps: 概要

では、ChatOps とは何でしょうか? ChatOps は、さまざまな DevOps タスクを実行できる新時代の運用フレームワークです。これには、コードの構築、クラウド クラスターへの変更のデプロイ、またはチャット コマンドを使用したシステムの健全性の監視が含まれます。チャットボット、テキストコミュニケーション、自動化ツールを組み合わせて、シームレスな DevOps ワークフローを作成します。

「ChatOps」という用語の造語は、2013 年の Ruby カンファレンスでの GitHub のおかげであるとされることがよくあります。

ChatOps は、DevOps と開発チームのコラボレーション方法に革命をもたらしました。これにより、透明性が高まり、コラボレーションが促進され、チームがタスクを実行しやすくなります。今では、チームはより速く、より効率的に作業できるようになりました。さらに、自動化レイヤーにより、人的エラーの範囲が大幅に減少します。

ChatOpsの重要性

ChatOps が DevOps 文化において重要な役割を果たすさまざまな側面を見てみましょう。

  • これにより、最初の対応時間が短縮され、問題をより迅速に解決できるようになります。
  • リアルタイムでのコラボレーションを促進し、重要な情報の共有を可能にします。
  • 自動化を使用すると効率が向上し、エラーが減少します。
  • さまざまな統合により、すべてのコンテキスト情報が一元化されます。
  • 監査システムとして機能するログ記録がサポートされています。
  • 知識を共有できるため、メンバーはシステムに簡単に参加できます。
  • 会話的であることは、チームメンバー間の協力意識を促進するのに役立ちます。

次に、ChatOps の主な機能を見ていきます。

ChatOps の主な機能

ChatOps を使用すると、さまざまな機能を統合することで、あなたとあなたのチームがワークフローを合理化し、タスクを自動化し、コラボレーションを促進できるようになります。したがって、この主要な機能のセットにより、DevOps エコシステムにおいて不可欠なツールとなります。

#1.ボット

ボットはエコシステムで中心的な役割を果たします。これらは、コマンドを聞いて理解し、基盤となるシステムに中継する仮想アシスタントとして機能します。これらは、ChatOps プラットフォームとの通信を可能にするゲートウェイとして機能します。

さらに、他のメンテナンスやハウスキーピングのタスクを実行するようにボットを構成することもできます。独自のボットを最初から作成することも、 Hubotなどの既存のボットを使用することもできます。

Hubot のホームページ - ChatOps プラットフォーム用のカスタマイズ可能なボット。
Hubot のホームページ – ChatOps プラットフォーム用のカスタマイズ可能なボット。

ボットが果たす役割の一部を次に示します。

  • 彼らはあなたのコマンドをリッスンし、対応するアクションをトリガーできます。
  • コードのデプロイやシステムのバックアップなどの自動化を実行できます。
  • システムの監視とアラート通知の送信はボット経由で実行できます。
  • さまざまなインシデントに応じて、事前設定されたアクションをトリガーできます。

#2.プラットフォーム

ボットはアシスタントとして機能しますが、プラットフォームはボットと会話するための媒体です。 Discord、Slack、Microsoft Teams、Google Chat などの一般的なプラットフォームを選択できます。コード リポジトリ用に構築している場合は、 GitHubの機能を活用することもできます。

これは、チームがコミュニケーションし、共同作業する中心的な場所です。 ChatOps を有効にするためのプラットフォームを適切に選択するには、次の主要な機能が備わっている必要があります。

  • インスタント メッセージングのためのリアルタイム チャット通信が必要です。
  • グループを作成し、チームや構造を整理できる必要があります。
  • 検索機能が有効になっているすべてのコマンドのログが存在する必要があります。

#3.チャットコマンド

コマンドは、チャット プラットフォーム上のボットに送信するテキストベースの指示です。コマンドを受信するとアクションが実行されます。コマンドの長さに制限はありません。メイン リポジトリでコード ビルドをトリガーするbuildなどの 1 単語のコマンドを作成できます。

一方、 take a snapshot of the main database and perform housekeepingなど、複雑な文を構成することもできます。これにより、データベースのバックアップ プロセスがトリガーされ、その後ハウスキーピング アクティビティが実行されます。

チャット コマンドを作成するときは、次の点に必ず留意する必要があります。

  • それに関連した何らかのアクションがあるはずです。
  • アクションが失敗した場合に備えて、フォールバックを用意する必要があります。
  • コマンドが正しくない場合でも、誤ったアクションを実行してはなりません。
  • ユーザーフレンドリーでなければなりません。
  • 構文はチームメンバー全員にとって理解しやすいものでなければなりません。
  • 必要に応じて、ユーザーレベルの認可が必要です。

#4.統合

ChatOps を使用すると、さまざまなツールやシステムをワークフローに統合できます。これらは通常、DevOps チームで使用される一般的なソリューションです。たとえば、既存の Grafana ダッシュボードに基づいて自動アラート ソリューションを構築したい場合があります。これを ChatOps プラットフォームと統合すると、このようなアラートを簡単に設定できるようになります。

このような統合により、チームの生産性が向上し、情報の流れがスムーズになります。可能性は無限大です。

ChatOps を実装するにはどうすればよいですか?

ChatOps とは何か、そしてその重要性を理解したところで、独自の ChatOps システムを実装する方法を見てみましょう。

#1.チャット プラットフォームを選択する

ChatOps を DevOps システムの一部として統合することを検討している場合は、適切なチャット プラットフォームを選択することが重要です。シンプルさと機能のバランスをとることを目指す必要があります。グループの分離、チャネルのサポート、ボットの統合の容易さ、検索履歴などの機能に基づいて、さまざまなプラットフォームから選択します。

選択したプラットフォームがボット統合を適切にサポートしていることを確認する必要があります。十分なドキュメントや幅広いコミュニティのサポートが必要です。ボットは ChatOps エコシステムで中心的な役割を果たします。

Slack、Discord、Microsoft Teams、Mattermost など、幅広いチャット プラットフォームから選択できます。

ほとんどのチャット プラットフォームは同様の機能を提供していますが、多くの場合、チームがより快適に使用できるチャット プラットフォームが決まります。

#2.使用するツールを特定する

ChatOps の実行を維持するのは、チャット プラットフォーム上でさまざまなツールやシステムを統合する機能です。 ChatOps システムに統合しようとしているワークフローについて明確なアイデアが必要です。通常、これらは効率的なコラボレーションで簡単に完了できる DevOps タスクです。自動化とチャットボットの統合によってメリットが得られるシステムの部分を特定して評価します。

ワークフローを特定したら、既存の DevOps システムですでに使用しているツールを見つける必要があります。または、導入したいツールを検討してみるとよいでしょう。これらには通常、Git などのバージョン管理システム、Jenkins などの CI/CD パイプライン、Grafana などの監視ツールが含まれます。

次に、選択したツールにシステムに統合できる適切な API があることを確認します。 API の機能を利用すると、コマンドや自動化を通じてこれらのツールを日常のワークフローに簡単に組み込むことができます。

#3.チャットコマンドの作成

さまざまなツールとプラットフォームおよびボットを結び付けるのは、チャット コマンドです。これらにより、あなたとあなたのチームはさまざまなアクションをトリガーし、ボットと対話することができます。効率的なコラボレーションを可能にするためには、強力なチャット コマンドのセットが不可欠です。

チャット コマンドを作成するときは、ユーザーフレンドリーである必要があることに留意することが重要です。できるだけ通常の会話言語に近づけたいと考えています。これにより、チームがそれらを理解し、記憶しやすくなります。

コマンドを決定したら、それを特定のタスクまたはアクションに割り当てる必要があります。ここでボットが介入します。コマンドを受信すると、ボットは特定のアクションをトリガーします。たとえば、ビルド パイプラインをバインドしてトリガーして、最新のコードをクラウド環境にデプロイできます。

#4.チームを訓練する

会議でチャットについて話し合うビジネスマンのグループ。
会議でチャットについて話し合うビジネスマンのグループ。

プラットフォーム、ボット、コマンドの準備ができたら、チームをトレーニングします。 ChatOps はチームがこれまで行ってきたことと同じことを行う新しい方法のように思えるかもしれないため、チーム メンバーに適切なガイダンスを提供することが重要です。

さまざまなチャット コマンドとその使用方法を説明するドキュメントまたはビデオ ガイドを作成できます。さらに、利点と特定のコマンドをいつ実行するかを説明することも同様に重要です。実稼働ユースケースに実装する前に、チームが ChatOps システムを実際に体験できるセッションやワークショップを実施できます。

ChatOps 対 AIOps 対 チャットボット

ChatOps、AIOps、チャットボットはすべて同じ一連のタスクを実行しているように見えるかもしれません。しかしそうではありません。似ているように見えますが、明確な違いがあります。

チャットボットから始めましょう。これらは対話型コミュニケーションの中心となります。入力に基づいて自動応答が得られます。

チャットボットにツールと自動化のレイヤーを追加すると、ChatOps が実現します。 ChatOps にはチャットボットが組み込まれており、コマンドに基づいてタスクを実行します。

AIOps は AI と ChatOps を統合し、意思決定機能を強化します。 AIOps を使用すると、ChatOps システムを次のレベルに引き上げることができます。

ChatOps の自動化と対話はシステムへの入力によって駆動されますが、AIOps はデータに依存して情報に基づいた意思決定を行います。意思決定を行うとき、ChatOps と Chatbot ではコマンドまたはプロンプトを入力する必要があります。これにより、システムは実行すべき必要なアクションを認識できるようになります。ただし、AIOps はデータに基づいて意思決定を行い、潜在的な問題を予測し、最適な行動方針を提案します。

チャットボットは通常、エンゲージメントを促進するために組み込まれます。これらは ChatOps システムの構成要素の一部です。チャットボットはバックエンド システムと統合して質問を取得して回答しますが、ChatOps システムは DevOps エコシステム内のさまざまなツールと統合して、事前構成されたタスクを実行します。 AIOps に関しては、アプリケーション ログやシステム メトリクスなどのデータ ソースと統合されます。 AI 分析を使用すると、運用とシステムのパフォーマンスに関する洞察を得ることができます。

こちらもお読みください: AIOps と MLOps: 主な違いを理解する

ChatOps の使用例

ChatOps を既存の DevOps システムに統合したいと考えているかもしれません。取り組むことができる主な使用例をいくつか見てみましょう。

#1.より簡単なデプロイメントと CI/CD パイプライン

単純なコマンドだけを使用して、複雑なデプロイメント プロセスと CI/CD パイプラインを簡単にトリガーできます。 ChatOps の機能を利用すると、コードを構築またはデプロイするために古い手動プロセスに依存する必要がなくなります。

適切なツールとコマンドを使用して、選択した任意の環境にデプロイします。さらに、アラートと通知を設定できます。これにより、展開のタイムラインがチーム全体に通知されます。

#2.簡単な監視とアラート

ChatOps システムに監視ツールを組み込むことで、精緻な監視とアラートのワークフローをセットアップできます。サービス内で何が起こっているかを常に把握してください。

リアルタイムの更新を取得し、チャット プラットフォーム上で直接アクションを実行できます。複数のメトリクスを手動で監視したり、異なるデータセットを読み取ったりする必要はもうありません。

#3.シームレスなインシデント管理

実稼働システムでインシデントが発生した場合は、迅速に行動することが最も重要です。同時に、重要な関係者に通知する必要があります。

会話型チャット コマンドを使用すると、チャット パネルから両方のアクションを直接実行できます。事前設定されたインシデント ステップをトリガーして、システムを迅速に安定化することができます。さらに、チャット履歴には、将来の参照のためにすべてのアクションと会話が記録されます。

ChatOps の課題

ChatOps は既存の DevOps システムに幅広い機能を提供しますが、それなりの課題が伴う可能性があります。 ChatOps とは何か、そしてその使用法を理解するには、これらの課題を理解する必要があります。

  • コマンドのアクセス制御を導入するのは困難です。
  • すべてのチャットはチャット プラットフォーム上で行われるため、データのプライバシーは大きな懸念事項です。
  • 複雑なワークフローは統合するのが難しいことがよくあります。
  • アクションが失敗した場合には、ロールバック戦略が不可欠です。
  • API 統合には独自の課題が伴います。
  • チームの規模が拡大する場合、ChatOps システムはスケーラブルである必要があります。
  • 新しいシステムを採用するには、学習曲線が必要です。
  • ユーザーのチャットとコマンドが一緒に存在するため、ノイズを除去するのは困難です。

ChatOps の力を活用する

DevOps 文化の一部として ChatOps を使用すると、深いコラボレーションと責任の共有が生まれます。現在、情報とシステムの管理は単一のチームでは行われなくなりました。日常の会話の一部としてリアルタイムのアクションを実行できるため、チーム間の摩擦が大幅に軽減されます。

さまざまなツールと統合することで、複雑なワークフローを簡単に実行できます。コマンドを入力するだけで、システムにタスクを処理させます。

さらに、チームの説明責任も強化されます。ログと監査証跡があるため、入力されたコマンドはプラットフォーム上の他の誰もが見ることができます。これは、インシデントに対処するために実行された正確な手順を追跡するのにも役立ちます。

ChatOps が DevOps の世界の強力な部分であることは疑いの余地がありません。この入門ガイドを読めば、それが何であるか、実装手順、取り組むことができるさまざまなユースケースがわかります。

DevOps では常に何か新しいことが起こっており、DevOps の最新のトレンドを確認することで常に最新の情報を得ることができます。

「 DevOps 文化における ChatOps の役割: 入門ガイド」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

ライトつけます!デジタル人材のリベラルアーツ シリーズ第3回「DevOps入門-DevOpsにおけるOpsの変化」
1回で分かる:DevOpsとアジャイル開発の関係 | 米シリコンバレーCloud DevOpsアーキテクト(CKA)が解説 #devops #cicd #agile

Share via
Copy link