ホーム テクノロジー LINUX Hyper-V を使用して Windows 10 に Ubuntu をインストールする方法は?

Hyper-V を使用して Windows 10 に Ubuntu をインストールする方法は?


Windows は長い道のりを歩んできました。

素晴らしいニュースです – Windows デスクトップまたはラップトップに Linux をインストールできるようになりました。ワクワクするニュースじゃないですか?

マイクロソフトに感謝します! Windows 10 を使用していて Linux をインストールしたい場合は、次の手順が役立つ場合があります。 Linux についてはご存知かと思います。そうでない場合は、この初心者用ビデオをご覧ください。

ご存知のとおり、Linux には複数のディストリビューションがあり、その中で人気のあるディストリビューションの 1 つがUbuntuです。

それをインストールする方法についてはこれから説明します。

Hyper-Vとは何ですか?

Microsoft の Hyper-V は新しいものではありません。これは 2016 年に初めてリリースされました。リリース時点では、Oracle の VM VirtualBox や VMWare の Fusion など、他の仮想化テクノロジに対する大きな競合他社であると考えられていました。

Hyper-V は、Windows から仮想化を実行できる仮想化ソリューションです。他の仮想化ソリューションと同様に、ハードウェアだけでなくオペレーティング システム全体も仮想化できます。そのため、Windows 上の Linux 仮想化には理想的な選択肢となります。

3 つのバージョンがあります。

  • Hyper-Vサーバー
  • Hyper-V Windows サーバー
  • Windows 10 上の Hyper-V

最新の Windows 10 バージョン 1903 を使用している場合は、Hyper-V がプリインストールされている必要があります。

仮想化の有効化

始める前に、マシンが仮想化をサポートしていることを確認する必要があります。ほぼすべての最新の AMD および Intel CPU は仮想化をサポートしています。

Hyper-V の使用を開始するには、以下の要件が必要です。

  • SLAT をサポートする 64 ビット CPU。 SLAT は Second Level Address Translation の略です
  • VM モニター モード拡張機能の形式での仮想化のサポート。 Intel チップでは VT-c、AMD Ryzen チップでは SVM モードです
  • 最後に、少なくとも 4 GB の RAM が必要です

ただし、BIOS で仮想化が無効になっているため、Hyper-V が起動できない場合があります。

セットアップの仮想化を有効にするには、マザーボード BIOS 自体からセットアップを変更する必要があります。 AMD Ryzen 1600 を Gigabyte AB350 で実行しています。このためには、BIOS 設定に移動し、次に CPU の高度な機能に移動し、そこから SVM モードを「無効」から「有効」に変更する必要がありました。

私の場合、意図したとおりに機能しました。ただし、BIOS でハードウェア強制データ実行防止を有効にする必要がある場合もあります。

以下のビデオは、セットアップで仮想化を有効にする方法を理解するのに役立ちました。

YouTubeビデオ

仮想化を有効にする方法に関するビデオもご覧ください。それ以外の場合は、マザーボードのマニュアルを読むことをお勧めします。

マシンが Hyper-V の要件を満たしているかどうかを確認するには、コマンド プロンプトでsysteminfo.exeを実行する必要があります。これを行うには、以下の手順に従います。

  • オープンスタート
  • コマンドプロンプトを探す
  • コマンドsysteminfo.exeを入力します。
  • Enterを押してください

たくさんの情報が出力されます。そこで Hyper-V の要件を確認する必要があります。すべてが正しく有効になっている場合は、以下の図に示すように、4 つのフィールドに「はい」と表示されます。

コマンドプロンプトの応答

すべてはい?次へ移りましょう…

Hyper-V の有効化

BIOS から仮想化を有効にしたので、今度は Hyper-V を有効にします。デフォルトでは無効になっています。

有効にするには、次の手順に従います。

  • コントロールパネルに移動します
  • そこで「プログラム」を検索してクリックします
  • 「Windows の機能をオンまたはオフにする」をクリックします

Windows の機能のオン/オフ
Windows の機能のオン/オフ
Windows の機能のオン/オフ

  • 下にスクロールして Hyper-V を選択し、他の 2 つのオプション (Hyper-V 管理ツールと Hyper-V プラットフォーム) も選択します。

有効化-hyper-v

  • 「OK」をクリックしてプロセスを終了します。

システムを再起動するように求められます。ほとんどの場合、Windows では再起動しないと何も動作しません。再起動してください。

仮想スイッチの作成

何よりもそれが完了したら、今度は仮想マシンを作成します。まず、仮想スイッチを作成する必要があります。

これを行うには、次の手順を確認してください。

  • スタート メニューから Hyper-V マネージャーをオンにします
  • 次に、システム名を右クリックし、「Virtual Switch Manager」をクリックします。

仮想スイッチマネージャー

  • 左側のセクションで「新しい仮想ネットワーク スイッチ」をクリックし、右側のセクションで「外部」をクリックします。

新しい仮想スイッチ

  • 最後に、「仮想スイッチの作成」をクリックします。

ほぼ完了した仮想スイッチ

スイッチの名前を入力するように求められます。参照用に何でも入力できます。名前セクションの下に、「接続」というセクションがあります。そこで、使用している外部ネットワーク接続を選択する必要があります。

  • 「適用」をクリックしてから「OK」をクリックします。

Ubuntuのインストール

そして最後に!

インストール方法は 2 つあります。最も簡単な方法は、「クイック作成」という名前の組み込みウィザードを利用することです。これは「アクション」メニューの下にリストされます。もう 1 つのオプションは、段階的なプロセスを通じて仮想マシンを手動で作成することです。

両方のオプションを検討してみましょう。

ただし、その前に、 公式サイトから Ubuntu をダウンロードしてください。

手動でインストールする

  • 「アクション」→「新規」→「仮想マシン」をクリックします。
  • 新しいウィザードがポップアップ表示され、ページを開始する前に通知が表示されます。[次へ] をクリックします。

あなたが始める前に

  • 仮想マシンの名前とそれを保存する場所を指定します。デフォルトでは、C:\ ドライブまたは Windows 10 が現在インストールされているドライブに保存されます。仮想マシンに「Ubuntu 19.04」という名前を付けましょう。
  • 次に、仮想マシンの世代を選択する必要があります。 Generation 1 と Generation 2 の 2 つのオプションがあります。UEFI ベースのファームウェアがある場合のみ、Generation 2 を選択してください。インストールしようとしている仮想マシンのタイプは変更できないため、これは重要な手順です。

世代の指定

  • 割り当てたいメモリを選択します。 2 GB のメモリを使用することをお勧めします。メモリが少ない場合は、1 GB のメモリでも十分です。また、仮想マシンの動的メモリを必ずオンにしてください。
  • [ネットワークの構成] セクションで、前に作成したネットワーク インターフェイスを選択します。
  • 仮想ハードディスクに接続します。平たく言えば、仮想ハードディスクを保存する場所を選択する必要があることを意味します。ここでは、仮想マシンのサイズも設定する必要があります。 Ubuntu またはほとんどの Linux OS ディストリビューションの場合、最低 25 GB です。

仮想ハードディスクの接続

  • 「ブート可能な CD/DVD-ROM からオペレーティング システムをインストールする」を選択します。
  • 次に「画像ファイル」をクリックし、先ほどダウンロードした画像ファイルを選択します。
  • 「次へ」をクリックします
  • 選択内容の最終的な概要が表示されます。内容を確認し、「完了」をクリックします。

完了ウィザード

  • 新しい仮想マシンを右クリックし、「接続」をクリックします。

仮想イメージの電源をオンにする

これにより、仮想マシンが起動します。画面の指示に従ってインストールを完了します。

クイック作成オプションを使用したインストール

まず、[クイック作成] オプションを使用するときに必要な手順を見てみましょう。

  • 「クイック作成」をクリックします
  • 新しいウィンドウが表示され、オペレーティング システムの選択を求められます。 MSIX パッケージング ツール環境、Ubuntu 18.04.3 LTS、Ubuntu 19.04、Windows 10 開発環境を含む 4 つのオペレーティング システムから選択できます。
  • Ubuntu 18.04.3 LTS または Ubuntu 19.04 を選択し、「仮想マシンの作成」をクリックします。

クイック作成

次に、選択した Ubuntu バージョンのイメージがダウンロードされます。インターネットの速度によっては、ダウンロードに時間がかかる場合があります。完了したら、画面上のウィザードの指示に従うと、Ubuntu を使用する準備が整います。

結論

これが Windows への Ubuntu のインストールについてのアイデアになれば幸いです。

「 Hyper-V を使用して Windows 10 に Ubuntu をインストールする方法は?」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

仮想マシン(Windows 10 Hyper-V)の有効化とLinux (Ubuntu)のインストール
Windows11 homeのHyper Vにubuntuをインストールする手順