ホーム テクノロジー LINUX Linuxサーバーを再起動およびシャットダウンするにはどうすればよいですか?

Linuxサーバーを再起動およびシャットダウンするにはどうすればよいですか?


システム管理者として頻繁に行う作業の 1 つは、サーバーを再起動するか電源をオフにすることです。

これは、OS のパッチ適用などの定期的なメンテナンス作業、またはメンテナンスのためにシステムの電源を切る必要があるハードウェア障害が原因である可能性があります。

Linux システムでは、サーバーを再起動またはシャットダウンするためのさまざまな方法が提供されています。通常のシステムはあらゆるコマンドに応答しますが、機能が低下したサーバーは強制的に再起動する必要がある場合があります。システムの再起動は管理タスクであり、重要なプロセスを実行しているマルチユーザー システムまたはサーバーの場合、再起動またはシャットダウンは重要な作業であるため、これらのコマンドのほとんどを正常に実行するには、スーパーユーザーまたは sudo による特定レベルの特権が必要であることに注意してください。破壊的な活動。

この記事では、Linux の再起動/シャットダウン活動に役立ついくつかの方法について説明します。

GUI メソッド

Gnome、KDE、Mate、XFCE などの Linux 用 GUI デスクトップ環境を使用している場合は、システム/アプリケーション メニューに電源ボタンがあり、ログアウト、再起動、休止状態、電源オフなどのアクションを実行できます。使用可能なオプションは、使用しているディストリビューション、デスクトップ環境、および OS のバージョンによって若干異なる場合があります。ただし、システムの電源状態を変更するために利用可能なメニューには電源関連の設定が必ず見つかります。

たとえば、私の Ubuntu Mate デスクトップでは、画面右上の電源メニューに [シャットダウン] オプションがあります。

Ubuntu mateがGUIをシャットダウンする
Ubuntu mateがGUIをシャットダウンする
Ubuntu mateがGUIをシャットダウンする

「シャットダウン…」オプションを選択すると、一時停止、再起動、キャンセル、シャットダウンなどの複数のオプションを含むダイアログが表示されます。右ボタンをクリックして再起動またはシャットダウンに進むか、キャンセルしてデスクトップ環境に戻ることができます。

Ubuntu mate がシャットダウンしました
Ubuntu mate がシャットダウンしました
Ubuntu mate がシャットダウンしました

提供される GUI とオプションは、使用しているディストリビューションとデスクトップ環境によって若干異なる場合がありますが、システムの電源状態を変更するオプションがあるのでご安心ください。 GUI を使用すると、電源メニューを数回クリックするだけで済みます。

systemctlコマンド

systemd をinitシステムとして実行している Linux ボックスでは、systemctl コマンドを使用してマシンを再起動できます。

 $ sudo systemctl start reboot.target

または、再起動の場合のように、単純にsystemctl必要なオプションとともに使用することもできます。

 $ sudo systemctl reboot

シャットダウンを開始するには、 systemctlコマンドは次のようになります。

 $ sudo systemctl shutdown

システムを停止するには、次を使用します。

 $ sudo systemctl halt

シャットダウンコマンド

shutdownコマンドは、Linux システムの電源をオフにしたり再起動したりするために使用できます。システムをすぐに再起動するには、次を使用します。

 $ sudo shutdown -r now

または、待機せずにシステムの電源をオフにするには、 -hまたは-Pフラグを使用します。

 $ sudo shutdown -P now 

shutdownコマンドに遅延を追加して、指定した間隔の後にシステムを再起動/電源オフにすることができます。これは次のようにして実現できます。

 $ sudo shutdown -r 10

ハードウェアの電源をオフにするよう要求せずにシステムを停止するには、 -Hフラグを使用できます。

 $ sudo shutdown -H now

shutdownコマンドを指定するだけの場合、1 分後にシャットダウンがスケジュールされます。特定の時間にシャットダウンするには、次を使用します。

 $ sudo shutdown 22:30

多くの場合、システムがダウンしている間、ログインしているユーザーのコンソールにメッセージがブロードキャストされます。このブロードキャストにカスタム メッセージを追加したい場合は、次のようにshutdownコマンドとともにメッセージを指定できます。

 $ sudo shutdown 23:00 "Powering off system for maintenance...save your work"

スケジュールされたシャットダウンをキャンセルするには、 -cフラグを使用します。

 $ sudo shutdown -c

一部のシステムでは、 shutdownコマンドはバックエンドでsystemctlを呼び出し、目的の再起動/シャットダウン操作を実現します。

再起動コマンド

システムを正常に再起動するには、 rebootコマンドを使用することもできます (sudo と併用する必要がある場合があります)。

 $ sudo reboot

reboot コマンドでシステムの電源をオフにするには、 -pフラグを使用します。

 $ sudo reboot -p

強制的に再起動するには (通常のrebootコマンドに応答しないシステムの場合)、次のように-fフラグを試行できます。

 $ sudo reboot -f

停止コマンド

システムを停止するには、単純にhaltコマンドを使用します。

 $ sudo halt

電源オフコマンド

システムの電源をオフにするには、 poweroffコマンドを使用するオプションがあります。

 $ sudo poweroff

初期化コマンド

systemd で実行されていないシステムの場合、 init ( telinitも機能します) コマンドは、システムの実行レベルを変更するオプションを提供します。 initを使用してシステムを再起動するには、以下を使用できます。

 $ sudo init 6

システムを停止する場合と同様に、使用するinitコマンドは次のとおりです。

 $ sudo init 0

init を使用して特定の実行レベルを呼び出すと、システムの init プロセスが特定の順序で一連の init スクリプトを実行し、システムが目的の実行レベルに到達することを確認します。実行レベル 6 は再起動用に定義され、実行レベル 0 はシステム停止用に定義されます。

電源スイッチ

デスクトップまたはラップトップ上で実行されている Linux の場合、電源ボタンを押すと、デフォルトでシステムがスリープ状態になるか、シャットダウン信号を送信して電源がオフになります。このオプションは、システムの電源設定から調整できます。ただし、通常のコマンドが機能しない場合は、最後のオプションとして使用するのが理想的です。

Linux を実行しているリモート サーバーの場合、通常、電源ボタンを押すとシステムの電源がオフになります。ただし、リモート データ センターにあるサーバーには、各サーバー ベンダーが提供するリモート消灯管理 CLI/GUI ツールから再起動または電源をオフにする追加オプションがあります。

Alt + SysRq の組み合わせ

応答がなくフリーズしたシステムの場合、再起動または電源オフの状態にするのは困難です。他に選択肢がない場合の最後の手段として、 Alt + PrintScreen + a sequence of keys押してシステムを即座に再起動してみてください。これは推奨または推奨されるオプションではないかもしれませんが、それでも最後の手段として使用できます。

他の非正常な再起動またはシャットダウン オプションと同様に、この方法を使用するとデータの損失や破損が発生する可能性があることに常に注意してください。バックアップと冗長性に関するシステムのベスト プラクティスを確認し、このオプションを使用する場合は注意してください。

このオプションが機能するには、Linux カーネルで有効になっている必要があります。以下のコマンドを使用してこれを確認できます。

 $ cat /proc/sys/kernel/sysrq

出力 1 は完全に有効であることを示し、2 より大きい数値は一部の機能で部分的に有効であることを示します。明示的に有効にするには、次を使用できます。

 $ sudo echo “1” > /proc/sys/kernel/sysrq

この方法を使用してシステムを再起動するには、 Alt + SysRq (PrintScreen)押したままにして、各キーの間に数秒の間隔をあけて次のキーを順番に押します。

 R E I S U B

または、シャットダウンするには、最後にBの代わりにOを押します。

 R E I S U O

キーの意味は次のとおりです。

  • R: キーボードを raw モードから XLATE モードに切り替えます
  • E: init を除くすべてのプロセスに SIGTERM シグナルを送信します。
  • I: init を除くすべてのプロセスに SIGKILL シグナルを送信します。
  • S: マウントされたすべてのファイルシステムを同期します
  • U: マウントされたすべてのファイルシステムを読み取り専用として再マウントします

最後に、B または O は次のことを表します。

  • B: パーティションのアンマウントや同期を行わずに、ただちにシステムを再起動します。

または

  • O: パーティションのアンマウントや同期を行わずに、ただちにシステムをシャットダウンします。

まとめ

ここでは、Linux システムを再起動またはシャットダウンできるさまざまな方法を説明します。シンプルな GUI インターフェイスから比較的複雑なターミナル コマンドに至るまで、作業を楽にしたり自動化できるオプションを提供します。何らかの理由でシステムがフリーズした場合、理想的な方法ではないかもしれませんが、まれに使用する必要がある再起動またはシャットダウン状態を実現するための強制的な方法について説明しました。

この記事で説明するコマンドはシステム状態に影響を与え、エンタープライズ サーバーの場合は複数のユーザーやサービスに影響を与える可能性があるため、使用する際は注意してください。この記事で提案されているコマンドのマニュアル ページを参照して、コマンドの詳細とコマンドが提供するすべてのオプションを確認してください。

シャットダウン中にパスワードの要求を停止するように WAS を構成する方法については、こちらをご覧ください。

「 Linuxサーバーを再起動およびシャットダウンするにはどうすればよいですか?」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

Linuxのインストール、起動、接続、切断と停止(Linux学習)
パソコンの電源の切り方【Windowsシャットダウン方法】