ホーム テクノロジー LINUX Windows または Linux でポート リスナーを作成する方法 – 接続テストに便利

Windows または Linux でポート リスナーを作成する方法 – 接続テストに便利


プロジェクト チームで作業する際の難しいタスクの 1 つは、サービスが存在しないにもかかわらず、必要な接続テストを実行することです。

移行や新しいプロジェクトのために DMZ 環境で作業している場合、これを行う必要があることがよくあります。リアルタイムの例を考えてみましょう。あなたは移行に取り組んでおり、特定のポート上でアプリケーション「A」と「B」の間の接続が確立されていることを確認する必要があります。

良い。 telnetを実行するのは簡単ですが、「B」でサービスが実行されていない場合はどうでしょうか?この状況で役立つポート リスナーが必要になるのはこの場合です。

同様の状況に陥っている場合、またはこれが仕事に役立つと思われる場合は、Windows または UNIX プラットフォームでこれを実現するいくつかの方法を次に示します。

Windows OSでポストリスナーを作成するには

Windows の特定のポートにポート リスナーを設定するには、「ポート リスナー」ユーティリティを使用できます。

このユーティリティは、Windows 95 ~ Windows 10 で無料で利用できます。

ポートリスナーウィンドウ
ポートリスナーウィンドウ
ポートリスナーウィンドウ

  • ここからPost Listenerをzipまたはexe形式でダウンロードします
  • このガイドでは、exe 形式をダウンロードします。
  • ダウンロードしたpostlistener.exeファイルをダブルクリックします。
  • ファイルを解凍する場所を選択するように求められるので、「解凍」をクリックします。

ポートリスナー抽出
ポートリスナー抽出
ポートリスナー抽出

  • この例では、ファイルを抽出したパスに移動します。私はc:listenerにいます

ポートリスナーフォルダー
ポートリスナーフォルダー
ポートリスナーフォルダー

  • リスナーをダブルクリックしてユーティリティを起動します
  • テストしたいポート番号を入力し、「開始」をクリックします。

ポートリスナーのリスニング
ポートリスナーのリスニング
ポートリスナーのリスニング

  • 上の例では、5500 でポートのリスニングを開始しており、それが実行されているかどうかを検証します。

コマンド プロンプトを開き、netstat を実行して、ポート 5500 がリッスンしているかどうかを確認します。

netstat-listening-windows
netstat-listening-windows
netstat-listening-windows

はい、Windows でポート リスナーを正常に作成できました。

Linux OS でポスト リスナーを作成するには

Linux では手順が少し異なります。ここでは netcat (nc) コマンドを使用してリスナーを起動します。

  • nc をインストールするには、yum コマンドを使用できます。
 yum install nc 
  • インストールしたら、次のコマンドを使用してポート リスナーをバックグラウンドで 5500 として起動します。
 nc –l 5500 & 
  • 検証するには、netstat コマンドを使用しましょう
 [root@Chandan ~]# netstat -anlp |grep 5500
tcp       0     0 0.0.0.0:5500               0.0.0.0:*                   LISTEN 
   21085/nc          
[root@Chandan ~]# 

ここでは、ポート 5500 が正常にリッスンされています。これを Linux で行うと、少し楽になりますね。

Python を使用してポート リスナーを作成するには

上記 2 つの例は OS に限定されています。 Windows または UNIX で動作する Python スクリプトはどうでしょうか?

さて、Windows と Linux の両方で動作する以下のPython コードを見つけました。ファイルを作成します。たとえば、以下のコードを含む portlistener.py とします。

 '''    Simple socket server using threads
'''
import socket
import sys
HOST = ''   # Symbolic name, meaning all available interfaces
PORT = 5500 # Arbitrary non-privileged port
s = socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_STREAM)
print 'Socket created'
#Bind socket to local host and port
try:
    s.bind((HOST, PORT))
except socket.error as msg:
    print 'Bind failed. Error Code : ' + str(msg[0]) + ' Message ' + msg[1]
    sys.exit()
print 'Socket bind complete'
#Start listening on socket
s.listen(10)
print 'Socket now listening'
#now keep talking with the client
while 1:
    #wait to accept a connection - blocking call
    conn, addr = s.accept()
    print 'Connected with ' + addr[0] + ':' + str(addr[1])
s.close()

ファイルを保存し、以下に示すように Python コマンドで実行します。

 [root@Chandan ~]# python portlistener.py
Socket created
Socket bind complete
Socket now listening 

Python の学習に興味がありますか?このオンラインコースをチェックしてください。

上記の手順が、接続テスト用のポート リスナーの作成に役立つことを願っています。

「 Windows または Linux でポート リスナーを作成する方法 – 接続テストに便利」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

SSHでLinuxサーバーに接続するときは公開鍵認証を使うと便利だし早い。ぜひ使いこなそう
Linuxディレクトリ構造を完全解説!