ホーム テクノロジー ニュース [更新] Xiaomi Indiaの55億5,100万ルピー相当の預金がFEMA法違反で押収される

[更新] Xiaomi Indiaの55億5,100万ルピー相当の預金がFEMA法違反で押収される


Xiaomiは今週初めにインドでフラッグシップモデルXiaomi 12 ProとXiaomi Pad 5を発売し、脚光を浴びたかもしれない。しかし今日、執行総局は中国の携帯電話メーカーのインド部門であるXiaomi Technology India Pvt Ltdから、外国為替管理法(FEMA)法違反の疑いで55億5100万ルピー以上を押収した。詳細は以下をご覧ください。

Xiaomiの資産55億5100万ルピー以上がインドで押収される

本日の公式ツイートで、執行総局はシャオミの銀行口座から55億5100万ルピーという巨額を押収したことを認めた。この動きは、2月に中国の巨人の慣行に対する調査が開始された後に行われた。連邦政府機関は、外国法人への違法送金の疑いに関して捜査を開始した。

EDはPTIへの公式声明の中で、シャオミのインド部門が2014年 に事業を開始してからわずか1年後に海外口座への送金を開始したこと を明らかにした。巨額の資金が同社の親会社のほか、米国に本拠を置く他の2つの事業体に送金された。 、印税の名目で、EDを主張した。

この数年間に送金された金額は合計55億5,100万ルピー(外貨から換算した場合)に上り、同代理店によれば「シャオミグループ企業の最終的な利益のため」だったという。同社はこれらの外国法人といかなる取引も行っておらず、銀行を欺き、ロイヤリティの名目で資金を海外に送金していないとされている。したがって、Xiaomi India は FEMA 法の関連条項に基づいて起訴されました。

この状況に関するXiaomiからの公式声明を待っているので、さらなる情報をお待ちください。それまでの間、この不正送金疑惑についてどう思うか教えてください。以下のコメント欄であなたの考えを共有してください。

絶対に観るべき!「 [更新] Xiaomi Indiaの55億5,100万ルピー相当の預金がFEMA法違反で押収される」についてベスト動画選定

【規制前最終日】Xiaomi 13TとXPERIA 5IVのスペックを比較してみた!返却なし投げ売りスマホはどれが買い?
ED Seized ₹55,51,27,00,000 Of Xiaomi India – “Honest” Pricing?🔥🔥🔥