ホーム テクノロジー ニュース 研究者が紙のように薄いスピーカーを開発、すぐにリビングルームに設置できるかもしれません。

研究者が紙のように薄いスピーカーを開発、すぐにリビングルームに設置できるかもしれません。


MIT の有機ナノ構造エレクトロニクス研究所 (ONE Lab) の研究者チームは、部屋全体でアクティブ ノイズ キャンセレーション (ANC) を可能にする可能性のある 、他に類を見ない紙のように薄いスピーカー システムを 考案しました。はい、そう読みましたね!新しいスピーカーはシートの形で提供され、紙のように薄く、 「10セントほどの重さ」 ですが、表面に取り付けると高品質のオーディオを生成できます。この興味深い発明について詳しく知りたい場合は、以下の詳細をチェックしてください。

MITの研究者が紙のように薄いスピーカーを開発

MIT エンジニアのチームは最近 、公式ブログ投稿で 新しい紙のように薄いスピーカーを発表しました。これは、表面に取り付けてアクティブなオーディオソースに変えることができる薄膜スピーカーです。研究者らによると、この新しい紙のように薄いスピーカーは、従来のスピーカーよりもはるかに少ない電力消費でありながら、音の歪みを最小限に抑えます。

このユニークな製品を開発するために、MIT のエンジニアはスピーカーの概念に新しいアプローチを採用しました。従来のスピーカーとは異なり、 これらの紙のように薄いスピーカーは、電圧が印加されると動く成形された圧電 材料を 使用しています。次に、その上の空気を動かし、音声を生成します。

さらに、このような薄膜スピーカー システムは、フィルムが 自由に曲がって音を出せるよう に自立するように設計されています。したがって、ユニットの振動が妨げられ、正確なサウンドを生成する能力が低下するため、これらのスピーカーを表面に取り付けることはできません。

この問題を解決するために、エンジニアは設計を 「再考」し 、材料全体を振動させる代わりに 、薄い圧電材料上の小さなドーム(それぞれが個別に振動できる)に依存する設計を思いつきました。 これらのドームを日常使用による磨耗や損耗から保護するために、研究者らは薄いシートの上部と下部にスペーサー層を配置しました。

さて、新しい紙のように薄いラウドスピーカーの用途について、研究者らは、飛行機のコックピット などの混沌とし​​た部屋でアクティブ ノイズ キャンセレーション (ANC) を有効にするために使用できると 述べています。これらのスピーカーはコックピットの壁に取り付けることができ、ANC 対応 TWS イヤホンの動作と同じように、逆周波数の音を生成して環境ノイズを打ち消します。

研究者らはまた、この紙のように薄いスピーカーは消費電力が非常に低いため、劇場やエンターテイメントを中心としたテーマパークの乗り物を満席にして、これまで以上に没入型の体験を実現する 3D 空間オーディオを提供できると示唆しています。さらに、消費電力が非常に低いため、バッテリー寿命が限られているスマートデバイスでもスピーカーを使用できます。

さて、このアイデアは有望に思えますが、紙のように薄いスピーカーが量産されるかどうかについては情報がありません。おそらく、このユニークなスピーカーがあなたの将来のリビングルームを満たし、没入型の体験を提供できることを期待できます。部屋全体に ANC を導入するというアイデアについてどう思いますか?それはとてもエキサイティングなことではありませんか?以下のコメント欄でご意見をお聞かせください。

絶対に観るべき!「研究者が紙のように薄いスピーカーを開発、すぐにリビングルームに設置できるかもしれません。」についてベスト動画選定

オーディオルーム最大の課題「低域定在波」の悩みを解消するコスパ最高のソリューション #吸音タワー
部屋の音を良くしてスピーカーの能力を100%引き出す