ホーム テクノロジー ニュース Jio が音声通話品質の向上を目指して 5G VoNR と 4G VoLTE を統合するテストを実施

Jio が音声通話品質の向上を目指して 5G VoNR と 4G VoLTE を統合するテストを実施


5G周波数オークションが正式に開始されるまでまだ数か月あるため、通信事業者は5Gサービスがすべてのネチズンに展開され始めたら、さらに機能を強化するためにテストすることが見られます。同じ意図で、Jio は現在、5G VoNR と 4G VoLTE の統合のトライアルを開始しています。意味は次のとおりです。

Jio は 5G での音声通話を改善したいと考えています!

Jio は、第 5 世代放送波の試験中にいくつかのユースケースを実証した後 、5G VoNR (Voice over New Radio) と 4G VoLTE (Voice over Long Term Evolution) の間の相互運用性を 試験していることが明らかになりました。この統合は、Jio 独自の 5G スタックを使用して行われます。

Jio の上級副社長 Ayush Bhatnagar 氏は LinkedIn の投稿 で次のように述べています。「 高度な 5G サービスとシナリオを試した後、Jio は 4G VoLTE ネットワークをアップグレードし、独自の 5G コアを統合して 5G VoNR と 4G VoLTE を試験的に統合しました。

これにより、基本的に 、5G を使用しながら、より優れた音声通話エクスペリエンスがユーザーに提供されます 。初心者のために説明すると、5G VoNR は、良好な通話品質を維持しながら 5G の低遅延を利用する通話方法です。これにより、音声通話のために 4G ネットワークに切り替える必要がなくなります。現在、通信会社は通話中に 4G、3G、または 2G ネットワークに切り替えます。

Jio はまた、「 コンパクトでスケーラブルな 5G ソリューション」を活用して 、さまざまな組織に 5G をサービスとして提供する ことも計画しています 通信事業者は、ネットワーク スライシングをサービスとして提供するためのネットワーク スライシング プラットフォーム (NSP) とともに、やはり独自の 5G スタックに基づく Jio 5G Hyperlite スタックを導入する予定です。

「このプラットフォームは、Jio の自社開発のクラウド ネイティブ OSS および BSS (TM フォーラム認定) と事前に統合されており、5G アプリの顧客向けマーケットプレイスから直接始まるエンドツーエンドのサービス エクスペリエンスを提供します。 」と Jio の SVP は述べています。

Jio のマシュー・オーメン氏は ET に対し、同社は 5G サービスに「適切なプラットフォーム」を構築することを目指しており、自社以外のサードパーティ技術も検討すると語った。これに関する詳細は近々発表される予定です。なお、5G周波数帯のオークションは今年6月から8月の間に開始される予定で、展開は2022年から2023年までに予定されている。 5G 関連の詳細が分かり次第、更新させていただきます。ご期待ください。

絶対に観るべき!「Jio が音声通話品質の向上を目指して 5G VoNR と 4G VoLTE を統合するテストを実施」についてベスト動画選定

Enable VoNR on any Xiaomi device | Fix Call end issue with Jio 5g #mi11x
MediaTek の 5G テクノロジーを使用した VoNR のデモ