ホーム テクノロジー ニュース MediaTek Dimensity 8100-Max を搭載した OnePlus Ace Racing Edition が中国で発売

MediaTek Dimensity 8100-Max を搭載した OnePlus Ace Racing Edition が中国で発売


OnePlus は今週、OnePlus Ace の新しいバージョン (インドおよび全世界では OnePlus 10R) を中国で導入しました。これは OnePlus Ace Racing Edition で、異なるデザイン、カメラ前面の変更など、いくつかの調整が加えられています。ここでは、OnePlus Ace Racing Edition がもたらす機能を紹介します。

OnePlus Ace Racing Edition: 仕様と機能

OnePlus Ace Racing Edition は、Realme GT Neo 3 のようなデザインを採用しており、三角形と思われる形に配置された 3 つの大きなカメラ ハウジングを備えた iPhone 13 Pro からインスピレーションを受けています。このセットアップは、OnePlus 10 Pro のものと似ています。 グレーとブルーのカラーオプション があります。

前面にはパンチホール ディスプレイ (今回は左隅) があり、そのサイズは 6.59 インチで、OnePlus Ace の 6.7 インチ ディスプレイよりわずかに小さいです。 Racing Edition には、120Hz のリフレッシュ レート、AI Eye Protection、および最大 600 ニトのピーク輝度をサポートするフル HD+ LCD パネルが 搭載されています。

カメラ部門も違います。 OnePlus Ace Racing Edition は、64MP メイン カメラ、8MP 超広角レンズ、 2MP マクロ カメラを 備えています。 16MPのフロントカメラもあります。残念ながら、OIS はサポートされていません。欠けている要素と言えば、アラート スライダーもありません。

ボンネットの下には、 67W の高速充電をサポートする 5,000mAh バッテリーが 搭載されています。これは、OnePlus Ace の 150W/80W の充電速度とは対照的に遅くなります。ただし、チップセットは両方のスマートフォンで同じです。このデバイスは MediaTek Dimensity 8100-Max SoC を搭載しており、最大 12 GB の LPDDR5 RAM と 256 GB の UFS 3.1 ストレージを組み合わせています。 Android 12 ベースの ColorOS 12.1 を実行します。

接続オプションには、5G サポート、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.3、NFC、3.5m オーディオ ジャック、デュアル SIM カード スロット、USB Type-C ポートが含まれます。また、サイドマウントの指紋スキャナー、フェイスアンロック、X 軸リニア振動モーター、デュアル ステレオ スピーカー、Hyperboost ゲーム モード、8 層冷却システムなども備えています。

価格と入手可能性

OnePlus Ace Racing Edition の価格は 1,999 人民元 (前売り価格は 1,899 人民元) からで、複数の RAM + ストレージ構成が用意されています。すべてのバリエーションの価格は次のとおりです。

  • 8GB+128GB:1,999元(約22,900ルピー)、プレセール価格:1,899元(約21,800ルピー)
  • 8GB+256GB:2,199元(約25,200ルピー)、プレセール価格:1,999元(約22,900ルピー)
  • 12GB+256GB:2,499元(約28,700ルピー)、プレセール価格:2,399元(約27,500ルピー)

このデバイスは現在予約注文が受け付けられており、中国では5月31日から購入可能となる。 Racing Edition がインドで発売されるかどうかについては、現時点では何も発表されていません。

絶対に観るべき!「 MediaTek Dimensity 8100-Max を搭載した OnePlus Ace Racing Edition が中国で発売」についてベスト動画選定

Dapet Kartu Remi dari Oneplus ACE‼️ Dimensity 8100-Max🔥Test Game & Kamera
OnePlus Ace Racing Edition gets 54% discount, Dimensity 8100 SoC for just $160.