ホーム テクノロジー セキュリティ 非公開: クラウドネイティブセキュリティについて知っておくべきことすべて

クラウドネイティブセキュリティについて知っておくべきことすべて


サイバーセキュリティ攻撃のリスクが増大しているため、堅牢なクラウド データ ストレージと展開方法が求められています。

クラウド コンピューティングは、リモート サーバーを使用して、アプリケーション、サーバー、データ ストレージなどのコンピューティング リソースへのオンデマンド アクセスを提供する、広く採用されている概念です。遠隔地からリソースにアクセスできるこの柔軟性により、クラウド サービスの導入が大幅に増加しました。

統計によると、クラウド アプリケーション市場は 2018 年の 1,000 億ドルから、2025 年にはなんと 168.6 ドルにまで成長すると予想されています。

ただし、クラウド導入の増加により、クラウド セキュリティ攻撃の頻度も増加しました。 データ侵害の 45% はクラウドベースで発生しており、クラウド セキュリティはあらゆる種類や規模の企業にとって重大な懸念事項となっています。

したがって、新しい最新のセキュリティ戦略の必要性から、クラウド ネイティブ セキュリティが誕生しました。クラウドベースのデータ、アプリケーション、インフラストラクチャを保護するためのセキュリティ対策を指します。

このブログでは、クラウド ネイティブ セキュリティの意味、重要な概念、ベスト プラクティス、脆弱性などについて、さらに深く理解していきます。したがって、この概念についてさらに詳しく知りたい場合は、合わせて読んでください。

コンテンツ 表示

クラウドネイティブセキュリティとは何ですか?

クラウド ネイティブ セキュリティは、クラウド コンピューティング配信モデルを使用してクラウドベースのアプリケーション、プラットフォーム、インフラストラクチャを保護するセキュリティ実践です。

その主な焦点は、スケーラビリティ、自動化、俊敏性などのクラウド コンピューティングの固有の特性を活用することです。

開発プロセスの最初から運用に至るまでセキュリティを構築し、複数のセキュリティ層と一貫した監視を確保して新しい脆弱性を検出します。

最新のクラウド ネイティブ アーキテクチャでは、最先端のインフラストラクチャとソフトウェア テクノロジを使用して、企業や企業がアプリケーションを同時に安全に導入できるようにし、クラウド ファーストのインフラストラクチャを強調しています。

クラウド ネイティブ セキュリティはどのように機能しますか?

クラウド ネイティブとは、企業がソフトウェア開発を実行する方法を再発明、革新、変革することを指します。

セキュリティをソフトウェア開発の左側に移すことが一般的になってきていますが、すべてのチェックポイントでセキュリティを確保し、ソフトウェア開発ライフ サイクル (SDLC) 全体でセキュリティを統合する方がはるかに効率的です。

出典: snyk.io
画像-141
画像-141

このシフトレフト方式では、SDLC の初期段階でセキュリティが優先されるため、脆弱性の修正とボトルネックの防止が容易になります。

クラウド ネイティブ セキュリティは同じ原則を実装し、脆弱性を正しく修正することでセキュリティ上の懸念に対処します。

クラウド ネイティブ セキュリティが効率的に機能する方法をいくつか紹介します。

  • セキュリティ制御の自動展開:クラウド ネイティブ セキュリティは、自動化を使用して暗号化や侵入検知システムなどのセキュリティ制御を展開し、セキュリティ制御の構成が最新かつ正しいことを保証します。
  • 継続的インテグレーション/継続的デプロイメント (CI/CD): CI/CD パイプラインにより、セキュリティ パッチとアップデートの迅速かつ自動化されたデプロイメントが可能になります。
  • コンテナ化:クラウド ネイティブ セキュリティは、コンテナ化を利用してデータとアプリケーションを保護し、分離します。
  • マイクロサービス アーキテクチャ:クラウド ネイティブ セキュリティは、マイクロサービス アーキテクチャを使用して、セキュリティ上の懸念による影響を軽減します。マイクロサービスでセキュリティ上の問題が発生しても、必ずしもアプリケーション全体に影響を与えるとは限りません。
  • コンプライアンス:クラウド ネイティブ セキュリティは、SOC 2 や ISO 27001 などの規制標準とセキュリティ認証を満たしており、組織がこれらの標準に準拠できるようになります。

クラウド コンピューティングのスケーラビリティと俊敏性により、組織は迅速に対応し、変化するセキュリティのニーズと要求に対処できるため、クラウド ネイティブ セキュリティはクラウド データとアプリケーションのセキュリティに対する柔軟で効率的なソリューションになります。

クラウドネイティブ セキュリティの重要性と目標

クラウド ネイティブ セキュリティは、堅牢なセキュリティ フレームワークを有効にして、データとアプリケーションのセキュリティを最大限に確保し、サイバーセキュリティの脅威のリスクを最小限に抑えることを目的としています。

クラウド ネイティブ セキュリティの主な利点は次のとおりです。

#1.監視と可視性の向上

クラウド ネイティブ セキュリティにより、すべての CI/CD レイヤーにわたる継続的なテストが可能になり、セキュリティ チームがシステムおよびコンポーネント レベルでセキュリティの問題を追跡し、対処できるようになります。

クラウド ネイティブ アプリケーションのおかげで、使用状況と使用ログを簡単に監視できます。スタッフや他のチームメンバーがリソースに最小限のアクセス権を持っていることを確認し、ダッシュボードを作成して使用状況統計を追跡すると、使用パターンの理解がはるかに簡単になります。

したがって、不正なユーザーによるアクセスの試みを拒否し、そのような試みを知らせるアラートを送信します。

#2.管理のしやすさ

自動化は、従来のセキュリティまたはアプリケーションとクラウドネイティブのセキュリティまたはアプリケーションの主な違いの 1 つです。

クラウド ネイティブ セキュリティは、自動問題解決、自動スケーラビリティ、自動修復アクションの機能により、リソースを自動的に利用可能にし、管理を容易にします。

これにより、チーム メンバーにとって管理が向上し、わかりやすいユーザー エクスペリエンスが保証されます。

#3.顧客エクスペリエンスの向上

顧客エクスペリエンスの向上
顧客エクスペリエンスの向上

クラウド ネイティブ テクノロジーでは、アプリケーションの更新はテスト プロセスの一環として小さなバッチで送信および配布されます。

ユーザーのフィードバックと提案を同時に自動的に収集し、必要な変更を加えます。

このプロセスにより、展開後やデバッグに関する懸念が軽減され、開発者はアプリケーションの特性とそれに対する顧客の反応により集中できるようになります。

#4.自動脅威検出

脅威の検出
脅威の検出

クラウド ネイティブ セキュリティ テクノロジーは、機械学習 (ML) 技術とアルゴリズムを組み込むことでワークフローを合理化し、脅威を自動的に特定して削除します。

その自動化ツールは、過去の侵害データ マイニング ツールと動的分析ツールを使用してサイバーセキュリティの脅威を特定し、適切なチームに事前に通知します。

データ侵害が発生した場合には、イベント駆動型の機械化を利用してアプリケーションをリアルタイムで保護し、修復します。

#5.継続的なコンプライアンス保証

クラウド ネイティブ アプリケーションにより、クラウド インフラストラクチャの使用に関連するルールや規制との互換性が可能になります。たとえば、ローカリゼーション法やデータ主権規制はデータの保護を担当します。

これらの法律や規制はドメインや国によって異なりますが、クラウド インフラストラクチャはデフォルトでこれらの規制への準拠を保証し、クラウド セキュリティ対策の標準を設定します。

#6.シームレスな導入と柔軟性

クラウド ネイティブ セキュリティとアプリケーションは迅速な展開を必要とするため、セキュリティ チームが複数の環境にセキュリティ修正を適用することが容易になります。

古いソフトウェアやアプリケーションはセキュリティに重大な影響を与える可能性があるため、これは重要です。したがって、進化するサイバーセキュリティの脅威を防ぎ、それに対抗するには、クラウド インフラストラクチャを最新のセキュリティ対策で更新することが不可欠です。

#7。開発コストの削減

コスト削減
コスト削減

すべてのクラウド ネイティブ テクノロジー アプリケーションはマイクロサービスを使用しており、複数のプロジェクト間で簡単に移行できます。

したがって、新しいアプリケーションを作成する必要がある場合は常に、古いプロジェクトのマイクロサービスを新しいプロジェクトに適用する必要があります。

クラウド ネイティブ テクノロジーによりフレームワークが複数のサービスに分割されるため、このプロセスにより開発コストが大幅に削減され、開発者はフレームワークではなくアプリケーションにより多くの時間を投資できるようになります。

#8.データセキュリティ

クラウド ネイティブ セキュリティは、強力なキーベースのデータ暗号化アルゴリズムを使用して、外部ユーザーや悪意のあるハッカーがデータ ファイルやクラウドに出入りするデータにアクセスしたり傍受したりすることを防ぎます。

さらに、機密データへのアクセスを許可されたユーザーのみに制限できます。これにより、銀行などの組織はデータをクラウドに移動します。

#9.ネットワークセキュリティー

ネットワークセキュリティのメリット
ネットワークセキュリティのメリット

クラウド ネイティブの導入により、レポート作成のための継続的なネットワーク トラフィック監視やカスタマイズ可能なファイアウォール ルールなどのセキュリティ対策により、ネットワーク セキュリティが強化されます。

また、アプリケーションへのユーザー アクセスとアプリケーションからのユーザー アクセス、およびレビュー アプリケーションのネットワーク トラフィックも記録します。

アプリケーションのトラフィック フローのログ プロセスにより、アプリケーションの使用状況が深く理解できるようになり、ネットワークの脅威の分析、検出、予測が容易になります。

したがって、脆弱性を簡単に管理して脅威検出を自動化したい場合でも、手頃なコストで高度なデータ セキュリティを実現したい場合でも、クラウド ネイティブ セキュリティは組織のクラウド インフラストラクチャにとって信頼できるオプションです。

クラウド ネイティブ セキュリティの 4 つの C

クラウド ネイティブ セキュリティは、ソフトウェアとアプリケーション システムを保護するための最適な設計と考えられる、階層化されたセキュリティ アプローチに従っています。

一般的なクラウド ネイティブ インフラストラクチャは、クラウド、コード、コンテナ、クラスターの 4 つのセキュリティ層で構成されます。

それぞれとその重要性を見てみましょう。

出典: トレンドマイクロ.com
画像-143
画像-143

クラウド インフラストラクチャは、すべてのセキュリティ層の基盤であり、アプリケーションのセキュリティ構成の基盤です。

開発者がコード レベルでアプリケーション セキュリティを構成するのは難しいため、クラウド レベルでアプリケーション セキュリティを有効にすることが不可欠です。クラウド プロバイダーは、安全なアプリケーション ワークロードを実行するための明確な推奨事項を作成します。

クラウド層インターフェイスは、サードパーティのプラグイン、ユーザー、外部 API などの外部環境と対話します。したがって、クラウド層のセキュリティの脆弱性は、クラウド内でホストされているすべてのアプリケーション、サービス、プロセスに大きな影響を与えます。

集まる

クラウド層がクラスター層になった後、クラウド インフラストラクチャ内にデプロイされたアプリケーションはコンテナーにモジュール化され、さまざまなコンテナーにグループ化されます。

クラスターの保護には、クラスター内で実行されているソフトウェアとアプリケーションの保護、およびクラスター内の安全な通信構成の保護が含まれます。

容器

コード層の後に来るコンテナ層は、クラウド ネイティブ セキュリティ デプロイメントにおけるアプリケーションとソフトウェアのデプロイメントで最も重要な部分です。

ソフトウェアと環境はコンテナにパッケージ化されているため、最新のクラウド環境ではコンテナの保護は避けられません。

コード

最後の「C」はコード層です。アプリケーションのコードを通じてクラウド セキュリティを強化および開発することは、DevSecOps のベスト プラクティスの 1 つです。

これには、セキュリティをアプリケーション コード レベルに移行し、ソフトウェアおよびアプリケーション開発ライフサイクルの早い段階でアプリケーション セキュリティを優先することが含まれます。開発ライフサイクルの早い段階でセキュリティの脆弱性を特定することで、企業は時間、コスト、労力を大幅に節約できます。

クラウドネイティブセキュリティの脆弱性

クラウド ネイティブ セキュリティは、クラウド インフラストラクチャとエンタープライズ ソフトウェア アーキテクチャを最新化することを目的としていますが、セキュリティへの影響もあり、多くの人が驚くかもしれません。

インフラストラクチャ内に統合する前に考慮する必要がある、クラウド ネイティブ セキュリティの一般的な脆弱性を次に示します。

#1.正しく構成されていないコンテナ

最近、 NSA は、構成ミスがクラウドの一般的な脆弱性および脅威であると発表しました。

サーバーレスのクラウド ネイティブの世界では、新しい Web サーバーを起動して新しいコンテナを作成するのは簡単です。しかし、きめ細かなセキュリティがなければ、寛容なネットワーク アクセスが可能になり、誰でもアクセスできるクラウド ネットワークが残されてしまいます。

多くの場合、アプリケーション開発者は構成を変更したり、アプリケーション スイート全体に適用できる構成ルールやポリシーを作成したりします。その結果、 DevSecOps プロセスの構成ミスにより、データ ストレージが漏洩したり、脆弱なワークロードが作成されたりする可能性があります。

#2.安全でないデフォルト

すべてのクラウド ネイティブ ツールやアプリケーションがデフォルトで安全であるわけではなく、柔軟な設定や構成が備わっているものもあります。ただし、 Accurics の調査によると、クラウド ネイティブ アプリケーションのセキュリティ違反の 48% は、安全でないデフォルトが原因です。

安全でないデフォルトは、セキュリティ チームがセキュリティ設定が誤っているか不十分な状態でクラウドベースのシステムを導入した場合に発生し、機密データの侵害や漏洩につながります。

したがって、機密情報への不正アクセスを防ぐために、クラウドベースのシステムのセキュリティ設定を慎重かつ評価可能に構成することが重要です。

#3.漏れやすい秘密

暗号化キーやデータベース資格情報などの機密情報をアプリケーションまたは組織のデータベース内に保存すると、脅威やセキュリティの脆弱性にさらされる可能性があります。

2021 年には、約600 万件のパスワードや API キーなどの機密情報が盗まれました。企業のデータベースから認証情報が大量に盗まれると、顧客やエンドユーザーが危険にさらされる可能性があり、巨額の罰金が科せられる可能性があります。

機密情報やデータが漏洩すると、盗難、サービスの中断、システムへの不正アクセスなどの重大な結果につながる可能性があります。したがって、過剰な寛容性のリスクを防ぐために、暗号化、安全なストレージ システム、多要素認証 (MFA) などのアクセス制御を通じて機密データを適切に保護および管理することが不可欠です。

#4.ソフトウェア サプライ チェーンの脆弱性

従来の製品にもサプライ チェーンがあるのと同じように、ソフトウェア製品にもサプライ チェーンが存在します。

多くの配布モデルとサードパーティのフレームワークにより、コードの設計と運用チームへの提供が可能になります。ただし、サードパーティおよびクラウドベースのアプリケーションを使用するリスクにより、ソフトウェア サプライ チェーンの脆弱性が生じます。

これは、ライブラリやパッケージなどのソフトウェア サプライ チェーンのコンポーネントが侵害されたときに発生します。 2021 年には、オープンソースの脆弱性を含むソフトウェア サプライ チェーンの脆弱性はほぼ3 倍に増加しました

セキュリティ リスクを軽減するには、ベスト プラクティスに従って、クラウド ネイティブ セキュリティに注意深く積極的にアプローチすることが重要です。

学習リソース

ここでは、クラウド ネイティブ セキュリティとそれをシステム内に統合するためのヒントについての深い洞察を得るために役立つAmazonの学習リソースと書籍のリストを示します。

#1.クラウド ネイティブ セキュリティ クックブック: 安全なクラウドのためのレシピ (第 1 版)

2022 年に出版された、Josh Armitage によるこのクラウド ネイティブ セキュリティ クックブックでは、Azure、AWS、GCP を使用してクラウド ネイティブ システムのセキュリティを強化する方法についての洞察が得られます。

著者は、開発者とセキュリティ専門家がさまざまなクラウド プロバイダーとの間で行う必要があるトレードオフと、既存のソリューションを実装してより堅牢なソリューションを設計する方法についての経験を共有します。

#2.クラウドネイティブ セキュリティ (第 1 版)

Chris Binnie によるクラウド ネイティブ セキュリティに関するこの包括的なガイドでは、クラウド ネイティブ インフラストラクチャを保護するための攻撃対象領域の最小化とサイバーセキュリティ リスクの軽減に関する詳細な調査を取り上げています。

これは、クラウド ネイティブ資産の強化と強化に関する詳細な知識が必要な場合に最適な本です。

#3. Kubernetes のセキュリティと可観測性: コンテナとクラウド ネイティブ アプリケーションを保護するための総合的なアプローチ (第 1 版)

Brendan Creane と Amit Gupta によるこの本は、重要な可観測性とセキュリティの実践に焦点を当てており、クラウド ネイティブ アプリケーションの力を解き放つことができます。

したがって、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境向けの Kubernetes セキュリティのアーキテクトを学びたい場合は、この総合的なガイドを必ず入手してください。

#4. Falco による実践的なクラウド ネイティブ セキュリティ: コンテナ、Kubernetes、クラウドのリスクと脅威の検出 (第 1 版)

Loris Degioanni によるこのガイドでは、Kubernetes、クラウド、コンテナにわたる継続的な脅威とリスクの検出のためのオープンソース標準である Falco の概念を読者に紹介します。

Falco の展開から、クラウド インフラストラクチャでの脅威の検出を高速化するための独自のセキュリティ ルールの作成まで、Falco についてすべてを学ぶことができます。

#5.ネイティブ クラウド セキュリティ 完全ガイド – 2019 年版

クラウド ネイティブ セキュリティに関する独特の質問への答えが必要な場合は、この本が最適です。

プレビュー製品評価価格
ネイティブ クラウド セキュリティ 完全ガイド - 2019 年版 ネイティブ クラウド セキュリティ 完全ガイド – 2019 年版まだ評価がありません$80.59

著者の Gerardus Blokdyk は、クラウド ネイティブ セキュリティの詳細な自己評価に必要なすべての必須ツールを提供し、クラウド ネイティブ セキュリティ インフラストラクチャ内の改善領域を特定できるようにします。

結論: クラウド ネイティブ セキュリティが未来です

Gartner は、 2025 年までに IT 企業の支出の半分以上が従来の IT インフラストラクチャからパブリック クラウドに移行すると予測しています。これは 2022 年の 41% から急増しています。

しかし、これらの IT 企業がクラウド インフラストラクチャから得られるあらゆる利点の中でも、セキュリティは依然として彼らが直面する主要な課題の 1 つであり、その主な原因は従業員の過失、構成ミス、固有のアーキテクチャの脆弱性です。

したがって、このブログと前述の学習リソースを通じて、クラウド ネイティブ セキュリティの重要性、目標、利点、ベスト プラクティスを確実に理解し、組織でスケーラブルで俊敏なクラウド ネイティブ アプリケーション インフラストラクチャを実現してください。

次に、最適な脆弱性管理ソフトウェアをチェックしてください。

「クラウドネイティブセキュリティについて知っておくべきことすべて」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

【ゼロトラスト解説】経産省で実証したゼロトラストこそ利便性が高まる現代的セキュリティ