ホーム テクノロジー セキュリティ セキュリティ専門家向けの 9 つのベスト リバース エンジニアリング ツール

セキュリティ専門家向けの 9 つのベスト リバース エンジニアリング ツール


リバース エンジニアリングは、その設計、内部動作、機能を理解するために製品またはシステムを分析するプロセスです。

リバース エンジニアリングは、製品やシステムをより深く理解して改善したり、競合する製品やシステムを作成したり、欠陥や脆弱性を特定して修正したりするためによく使用されます。

ソフトウェア開発、製造、セキュリティなどの分野でよく使用されます。ただし、リバース エンジニアリングは、企業秘密の盗用や偽造品の作成などの悪意のある目的にも使用される可能性があります。このため、リバース エンジニアリングは、知的財産および企業秘密を管理する法律によって規制されることがよくあります。

リバース エンジニアリングに習熟するには、セキュリティの専門家がコンピュータ サイエンスとプログラミングを深く理解し、逆アセンブラやデバッガなど、リバース エンジニアリングで一般的に使用されるツールや技術の経験が必要です。

リバースエンジニアリングはどのように機能するのでしょうか?

リバースエンジニアリングの仕組み
リバースエンジニアリングの仕組み

リバース エンジニアリングは、システムがどのように動作するかを理解するため、またはそのコピーや模倣を作成するために、システムを分析してそのコンポーネント、機能、操作を理解するプロセスです。

リバース エンジニアリングは、システムの脆弱性や弱点を特定し、システムの互換バージョンまたは代替バージョンを作成し、元の設計を改善するために使用されます。

リバース エンジニアリングのプロセスには通常、システムまたはデバイスを分解して、そのコンポーネントとそれらがどのように組み合わされているかを理解することが含まれます。これには、物理​​デバイスの分解やソフトウェア システムのコードと構造の分析が含まれる場合があります。

システムが分解されると、個々のコンポーネントが調査および分析され、それらの機能と、それらがどのように連携してシステム全体が機能するかを理解します。

ただし、リバース エンジニアリングを使用する場合は他者の知的財産権を尊重し、法的および倫理的な目的にのみ使用することが重要です。

セキュリティにおけるリバースエンジニアリングの目的

セキュリティにおけるリバース エンジニアリングの目的は、製品またはシステムの潜在的な脆弱性を特定し、軽減することです。これは通常、製品やシステムの設計、コード、コンポーネントを調査して、その仕組みを理解し、潜在的な弱点を特定することによって行われます。

たとえば、セキュリティ研究者は、攻撃者によって悪用される可能性のある潜在的な脆弱性を特定するために、リバース エンジニアリングを使用してソフトウェア アプリケーションの設計を研究する場合があります。これには、アプリケーションのコードの検査、ネットワーク通信の分析、他のシステムやコンポーネントとの相互作用の調査などが含まれる場合があります。

潜在的な脆弱性が特定されると、セキュリティ研究者は、アプリケーションのコードにパッチを当てたり、追加のセキュリティ対策を実装したりするなど、これらの脆弱性を軽減するソリューションの開発に取り組むことができます。これは、製品またはシステムの全体的なセキュリティを向上させ、潜在的な攻撃から保護するのに役立ちます。

リバースエンジニアリングの手順

リバース エンジニアリングには通常、次の手順が含まれます。

  1. リバース エンジニアリングする製品またはシステムを特定する: 通常、これには、その設計、内部動作、および機能を理解するためにさらに詳しく調査する必要がある特定のソフトウェア製品またはシステムを特定することが含まれます。
  2. 製品またはシステムに関する情報を収集する: 製品またはシステムに関する情報を、設計文書、コード、ユーザー マニュアルなどのさまざまなソースから収集することが含まれます。
  3. 製品またはシステムの分析: これには通常、システムの設計と機能を理解するために収集された情報の分析が含まれます。これには、製品やシステムを分解したり、そのコンポーネントや相互作用を研究したり、設計文書やコードを調べたりすることが含まれる場合があります。
  4. 製品またはシステムのモデルを作成する: このステップには通常、その設計、内部動作、および機能を正確に表すモデルの作成が含まれます。このモデルは、製品やシステムをより詳細に調査したり、変更や改善を加えたりするために使用できます。
  5. リバース エンジニアリングから得た知識を使用する: モデルが作成されたら、リバース エンジニアリングから得た知識を使用して、製品やシステムを改善したり、競合する製品やシステムを作成したり、欠陥や脆弱性を特定して修正したりできます。これには、製品やシステムの設計、コード、コンポーネントの変更、または得られた知識に基づいた新しい製品やシステムの開発が含まれる場合があります。

最高のリバース エンジニアリング ツールを使ってみましょう。

ギドラ

Ghidra は、国家安全保障局 (NSA) によって開発された、無料のオープンソース ソフトウェア リバース エンジニアリング (SRE) ツール スイートです。バイナリ コードを逆アセンブル、逆コンパイル、分析するために使用されます。

Ghidra は堅牢でスケーラブルな SRE ツールとなるように設計されており、政府機関と広範な SRE コミュニティの両方で使用されています。このツールは2019年に公開されており、無料でダウンロードして使用できます。

ギドラ
ギドラ

ユーザーフレンドリーなインターフェイスとモジュール設計を備えており、ユーザーは特定のニーズに合わせてツールをカスタマイズできます。

さらに、Ghidra には、アセンブリ コードを C や Java などの高水準言語に変換できる逆コンパイラーが含まれており、バイナリ ファイルの機能を理解しやすくなります。

アンドロガード

Androguardは、Android アプリケーションをリバースおよび分析するためのオープンソース ツールキットです。これは Python で書かれており、Android アプリの構造と動作を分析するために使用できます。

Androguard には、Android アプリの逆アセンブル、逆コンパイル、難読化解除など、さまざまな種類の分析を実行するためのさまざまなツールが含まれています。これを使用して、アプリのコードを分析し、そのリソースを抽出し、潜在的な脆弱性を特定できます。

アンドロガード
アンドロガード

Androguard は、Android アプリのセキュリティを分析するために研究者やセキュリティ専門家によって広く使用されています。

複数のファイル形式のサポート、静的および動的分析を実行する機能、IDA Pro や Radare2 などの他のツールとの統合など、リバース エンジニアリングのためのさまざまな機能を提供します。

ImHex

ImHexは 16 進エディタであり、ユーザーがファイルの生のバイナリ データを表示および編集できるようにするソフトウェアの一種です。 16 進エディタは、プログラマー、セキュリティ研究者、その他の技術ユーザーがファイルの内容を低レベルで調べるためによく使用します。これらは、実行可能ファイルや他のタイプのコンパイルされたコードなど、バイナリ形式のファイルを分析する場合に特に役立ちます。

ImHex-1
ImHex-1

ImHex は、Windows および Linux で利用できる無料のオープンソース 16 進エディタです。ユーザーフレンドリーなインターフェイスと使いやすいさまざまな機能を備えています。

ImHex の主な機能には、大きなファイルのサポート、柔軟な検索と置換機能、ファイルを並べて比較する機能などがあります。 ImHex では、ユーザーが独自のデータ型を定義することもできます。これは、ファイル内の特定の種類のデータを調べるのに役立ちます。

レーダー2

Radare2 は、バイナリ ファイルの逆アセンブル、分析、デバッグに使用されるオープンソースのリバース エンジニアリング フレームワークです。 C で書かれており、Windows、Linux、macOS などの幅広いプラットフォームで利用できます。

このツールは、リバース エンジニアリング、脆弱性分析、フォレンジックなどのさまざまな目的でセキュリティ研究者によって広く使用されています。コマンドライン インターフェイスと強力なスクリプト エンジンを備えており、ユーザーは複雑なタスクを自動化し、ツールの機能を拡張できます。

ラダーレ2-1
ラダーレ2-1

Radare2 には、バイナリ コードを人間が判読できるアセンブリ命令に変換するために使用できる逆アセンブラも含まれており、バイナリ ファイルの内部動作を理解しやすくなります。

複数のアーキテクチャとファイル形式のサポート、静的および動的分析を実行する機能、デバッガや逆アセンブラなどの他のツールとの統合など、リバース エンジニアリングのためのさまざまな機能を提供します。

IDAプロ

IDA Pro (Interactive Disassembler Pro の略) は、コンパイルされたコードを分析するためにセキュリティ研究者によって一般的に使用される商用逆アセンブラおよびデバッガです。これを使用して、実行可能ファイルやその他のバイナリ ファイルをリバース エンジニアリングできます。

アイダプロ
アイダプロ

また、複数のアーキテクチャとファイル形式のサポート、逆アセンブリの作成と変更の機能、デバッガや逆コンパイラなどの他のツールとの統合など、静的および動的分析のためのさまざまな機能も提供します。

IDA Pro はクロスプラットフォーム互換性をサポートし、複雑なタスクを自動化するためのグラフィカル ユーザー インターフェイスとスクリプト言語も提供します。これは、利用可能な逆アセンブラの中で最も強力で機能が豊富なものの 1 つと考えられていますが、学習曲線が急で価格が高いことでも知られています。

ヒエウ

Hiew は、Microsoft Windows 用のバイナリ ファイル ビューアおよびエディタです。これは、ソフトウェア開発者やセキュリティ研究者の間で人気のあるツールです。 Hiew を使用すると、ユーザーはバイナリ ファイルの生データを表示および編集できるだけでなく、マシン コードをアセンブリ言語に逆アセンブルすることもできます。

ひゅー
ひゅー

また、バイナリ ファイル内のパターンや文字列を検索したり、2 つのファイルを比較して相違点を確認したりするために使用することもできます。 Hiew はオープンソースではなく、無料で入手できませんが、開発者の Web サイトから購入できます。

Apktool

Apktool は、Android APK ファイルをリバース エンジニアリングするための無料のオープンソース ツールです。 Java で書かれており、Java をサポートする任意のプラットフォームで実行できます。 Apktool を使用すると、ユーザーは apk ファイル内のリソースをデコードし、いくつかの変更を加えてアプリを再構築できます。

これは、Android 開発者や改造者がアプリをカスタマイズするために、またセキュリティ研究者が Android アプリの静的分析を実行するためによく使用されます。

APKツール-1
APKツール-1

APK ファイル内のリソースをデコードし、アプリのコードとコンテンツの人間が判読可能な表現を作成できます。

Apktool を使用すると、ユーザーがアプリのコードとリソースを検査できるため、Android アプリのセキュリティ分析を実行することもできます。これにより、ユーザーはアプリの外観と動作を変更できるようになります。

ただし、ユーザーはアプリ開発者の知的財産権を尊重し、Apktool を法的および倫理的な目的にのみ使用することが重要です。

edb-デバッガー

EDB は、 Linux、Windows、および macOS 用の無料のオープンソース デバッガーです。これは、ELF、PE、Mach-O、Java クラス ファイルなど、幅広い実行可能ファイルの分析とデバッグに使用できる強力なツールです。

EDB には、ソフトウェア開発やリバース エンジニアリングにとって価値のあるツールとなるさまざまな機能が含まれています。

edb-デバッガー
edb-デバッガー

EDB の重要な機能の 1 つはユーザーフレンドリーなインターフェイスであり、デバッグが初めての人でも簡単に使用できます。これには、逆アセンブリ ビュー、メモリ マップ、レジスタ ビューなど、デバッグ中のプログラムの状態に関する詳細情報を提供するさまざまなビューが含まれています。

EDB を使用すると、ユーザーはブレークポイントを設定し、コードをシングル ステップで実行し、変数の値を検査できるため、プログラムの分析とデバッグが容易になります。

さらに、EDB にはさまざまなプロセッサ アーキテクチャとオペレーティング システムのサポートが含まれており、幅広いプラットフォームで使用できる多用途ツールとなっています。

Java スヌープ

JavaSnoopは、ユーザーが実行時に Java アプリケーションの動作を変更できるようにするツールです。これはセキュリティのテストと分析に使用するように設計されており、Java アプリケーションの脆弱性を特定して悪用するために使用できます。

JavaSnoop は、実行中の Java プロセスにアタッチしてコードを挿入することで機能し、ユーザーがアプリケーションの動作をその場で変更できるようにします。これは、Java アプリケーションのセキュリティを特定してテストするのに役立ちます。

ジャスヌープ
ジャスヌープ

JavaSnoop は、スタンドアロン ツールとして、また人気のある Burp Suite Web アプリケーション セキュリティ テスト プラットフォームのプラグインとして利用できます。これは Java で書かれており、Windows、Linux、macOS など、Java をサポートする任意のプラットフォームで実行できます。

JavaSnoop の主な機能には、メソッド呼び出しのインターセプトと変更、変数の値の表示と変更、タスクを自動化するためのカスタム フックの定義などの機能が含まれます。

結論

リバース エンジニアリングは、潜在的な脆弱性や欠陥を特定して軽減するために、製品やシステムの設計、内部動作、機能を理解できるため、セキュリティ専門家にとって貴重なスキルです。

これは、メーカーや開発者にとって未知であり、まだパッチが適用されていない脆弱性であるゼロデイ脆弱性を特定して軽減する場合に特に役立ちます。

リバース エンジニアリングは、習得するのが難しく複雑なスキルです。それでも、ソフトウェア アプリケーションやシステムの潜在的な脆弱性を特定して軽減したいと考えているセキュリティ専門家にとっては、貴重なツールとなる可能性があります。

ネットワークに最適な NetFlow アナライザーとコレクター ツールについて学ぶことにも興味があるかもしれません。

「セキュリティ専門家向けの 9 つのベスト リバース エンジニアリング ツール」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

【1分で用語解説】リバースエンジニアリング篇 ものづくり業界における「リバースエンジニアリング」とは??
JST経済安全保障重要技術育成プログラム(K Program)AIセキュリティセミナー
https://www.youtube.com/watch?v=F8mWRyPt_8E&pp=ygVs44K744Kt44Ol44Oq44OG44Kj5bCC6ZaA5a625ZCR44GR44GuIDkg44Gk44Gu44OZ44K544OIIOODquODkOODvOOCuSDjgqjjg7Pjgrjjg4vjgqLjg6rjg7PjgrAg44OE44O844OrJmhsPUpB