ホーム テクノロジー セキュリティ 非公開: 会社のセキュリティを将来にわたって保証するためのベスト フィッシング シミュレーション ソフトウェア 8 選

会社のセキュリティを将来にわたって保証するためのベスト フィッシング シミュレーション ソフトウェア 8 選


フィッシングとは、犯罪者が被害者からログイン資格情報、クレジット カードの詳細、その他の個人データなどの機密情報を取得しようとするプロセスです。攻撃者は多くの場合、信頼できるブランドや既知の個人になりすまして、セキュリティ ツールを回避できる魅力的な電子メールを送信します。

Stanford Researchの調査によると、成功したデータ侵害の約 88% は人的ミスによるものであり、フィッシングメールから始まっていることがわかりました。これらの攻撃のほとんどは、組織のセキュリティ エコシステムの中で最も弱い部分である人間の要素を利用します。

脅威が進化するにつれて、脅威はより洗練され、ウイルス対策プログラム、ファイアウォール、スパム フィルターなどのセキュリティ ソリューションを使用して疑ったりブロックしたりすることが困難になります。

ただし、組織やユーザーは、安全なオンライン実践を実践しながら、最新のウイルス対策プログラム、ファイアウォール、スパム フィルター、フィッシング シミュレーション ソフトウェアなどを使用して脅威を認識し、阻止することができます。

フィッシング
フィッシング

フィッシングメールを特定する方法

詐欺を特定して身を守る方法を知っていれば、フィッシング攻撃を回避することは可能です。不審なメール内のリンクを開く前に:

  1. 電子メール、ドメイン URL、送信者に一貫性があり、見慣れたものであるかどうかを確認します。
  2. ドメイン名が、送信者が送信元だと主張するドメイン名と一致していることを確認します。また、リンクをチェックして、メッセージとあなたのビジネスに関連しているかどうかを判断してください。
  3. 送信者がなじみのない言語を使用していないか、異常な緊急性を示しているか、スペルや文法の間違いなどの不一致がないかを確認してください。
  4. 攻撃者は、支払いの詳細、パスワード、クレジット カード番号、その他の機密情報を要求するなどの不審な要求を行うこともあります。
  5. パスワードの有効期限と変更のリクエストについて警告するメッセージが表示される場合もあります。
典型的なフィッシングメール: uSecure
フィッシングメールの例
フィッシングメールの例

これらやその他のメッセージはフィッシングの試みの兆候であるため、そのようなメッセージを扱うときは注意する必要があります。

フィッシング攻撃を阻止する方法のヒント

組織はシステム、データ、ユーザーを保護する責任がありますが、従業員にも果たすべき役割があります。

組織の場合、管理者は次のことができます。

  • ウイルス対策、スパム フィルター、ファイアウォール、その他のツールなどの効果的なセキュリティ ソフトウェアをインストールして、さまざまな脅威を検出して阻止します。
  • 厳格なパスワード管理ポリシーを適用します。
  • すべてのユーザーに対して多要素認証を有効にして強制します。
  • 定期的にセキュリティ意識を高めます。

ユーザーは、安全なオンライン慣行を実践することで、フィッシング攻撃を減らすことにも役立ちます。これらには次のものが含まれます。

  • リンクまたは添付ファイルを含む電子メールが実際の人物からのものであることを常に確認し、ドメインが信頼できるものと一致することを確認してください。
  • メッセージが送信者のドメインと一致していること、および内容が件名から逸脱していないことを確認してください。
  • 見慣れないソースや疑わしいソースからのリンクやメッセージをクリックしないようにしてください。
  • 疑わしい Web サイトや安全でない Web サイトにアクセスする場合は、ログイン資格情報や銀行口座情報などの個人情報や会社情報を提供しないでください。
フィッシング攻撃メール: Ironscales
サンプルフィッシングメール-1
サンプルフィッシングメール-1

フィッシングシミュレーションソフトウェア

フィッシング シミュレーション ソフトウェアは、現実のシナリオを模倣することでユーザーをフィッシング攻撃にさらす製品です。ウイルス対策、ファイアウォール、その他のツールを使用して攻撃を特定して阻止するだけでなく、模擬フィッシング テストとセキュリティ意識向上トレーニングにより、組織とユーザーの安全を確保するための追加のセキュリティ層が提供されます。

ほとんどのシミュレーション ソリューションには、ユーザーがフィッシング攻撃を特定して対応するためのガイドとなるトレーニング資料が含まれています。

シミュレーターを使用すると、管理者は偽のフィッシングメールをユーザーに送信して、実際のフィッシング攻撃でユーザーがどのように動作するかを確認できます。これは、最も脆弱なユーザーと追加の個別トレーニングが必要なユーザーを特定しながら、ユーザーの意識レベルを判断するのに役立ちます。

シミュレーション ソフトウェアの一般的な利点は次のとおりです。

✅ ユーザーの準備と意識の向上

✅ データ侵害のリスクを軽減します

✅ セキュリティチームが弱点を特定して対処するのに役立ちます

✅ さまざまなデータ保護規制へのコンプライアンスの向上

市場には非常に多くのシミュレーション ソフトウェアがありますが、自分にとって最適なものを見つけるのは難しい場合があります。ここでは、自分に合ったフィッシング シミュレーション ソフトウェアを絞り込むのに役立つ最高のフィッシング シミュレーション ソフトウェアを紹介します。

フィッシングされた AI

Phished AI は、広範なセキュリティ意識を提供する自動化された効果的なシミュレーション ソフトウェアです。これにより、ユーザーは悪意のあるファイルやリンクを特定し、クリックすることを回避できます。

画像-240
画像-240

主な特長

  • 各スタッフの行動リスク スコアの作成を支援し、脆弱な従業員に対してより的を絞ったトレーニングを実施できるようにします。
  • 各ユーザーの行動リスク スコア (BRS) と傾向を含む、アクティブで包括的なレポート。
  • AI を使用して、従業員のリスク レベル、潜在的なデータ ソースなどに基づいて、各従業員にパーソナライズされたシミュレーションとトレーニングを自動的に開発、カスタマイズ、提供します。セットアップと使用が簡単なツールで、従業員の行動変容を支援します。
  • 高度な人工知能アルゴリズムを使用して、さまざまなソースからのデータを分析します。

AI を活用したツールは、脅威インテリジェンス、アクティブなレポート、パーソナライズされたフィッシング シミュレーションとトレーニング キャンペーンによる総合的なアプローチを提供します。

ゴーフィシュ

Gophish は、組織がフィッシング攻撃へのエクスポージャーを評価し、対処するのに役立つ優れたフィッシング フレームワークです。

フィッシングシミュレーションの結果
フィッシングシミュレーションの結果

主な特長

  • 詳細なリアルタイムの結果を提供すると同時に、ユーザー、ユーザーが開いたリンク、ユーザーが提供した資格情報を追跡できます。
  • これにより、フィッシング キャンペーンをスケジュールできます
  • クロスプラットフォームをサポートしており、さまざまな Linux、Mac OS、Windows バージョンで動作します。
  • 電子メールや Web サイトをインポートできる魅力的な Web インターフェイス。また、電子メールを追跡することもできます。
  • 強力で有益な実用的な結果を提供します。

このオープンソース ツールは導入と使用が簡単で、フィッシング テスト キャンペーンを開始するために必要な手順は 3 つだけです。

セーフタイタン

TitanHQ のSafeTitan は、使いやすく直感的な管理および監視ポータルを備えた、効果的な動作主導型のセキュリティ意識向上ソリューションです。総合的なアプローチを使用して、自動化されたフィッシングを提供し、ユーザーの行動を監視して進捗状況を追跡し、ギャップがある場合にはカスタマイズされたトレーニングを提供します。

フィッシングシミュレーションキャンペーン
フィッシングシミュレーションキャンペーン

主な特長

  • 脆弱なユーザーまたは危険にさらされているユーザーの行動を変えるためのリアルタイム トレーニングを備えた自動フィッシング シミュレーション。
  • テンプレート、短いトレーニング コース、質問、ビデオ、その他のコンポーネントの広範なライブラリがあり、従業員の時間をかけすぎずに特定のユーザーの行動に対処するためにカスタマイズできます。
  • データに基づいたセキュリティ上の意思決定を改善するための、効果的でわかりやすいレポート。
  • これは、組織が GDPR、HIPAA、ISO、PCI、およびその他の規制基準に準拠するのに役立ちます。
  • G-Suite、Azure AD、Outlook、Teams、SSO などの生産性ツールとのシームレスな統合。

このツールは、数千のテンプレートに基づいた幅広い自動フィッシング シミュレーション キャンペーンを提供します。

usecure uPhish

usecure の uPhish は、わずか数分で疑似フィッシング攻撃を実行できる強力なソリューションです。また、ユーザーが侵害されたメッセージや URL を開く割合と、それらが侵害される頻度を追跡することもできます。

出典: uSecure
シミュレーションパフォーマンスレポート
シミュレーションパフォーマンスレポート

主な特長

  • テスターが既知の信頼できる企業になりすますことができる既製のテンプレート ライブラリ。
  • これにより、定期的なフィッシング シミュレーションを自動化し、リスクを抱えやすいユーザーを継続的に監視して特定できるようになります。
  • 包括的なレポートを使用して、個人および部門レベルの危険な行動を分析および判断できます。
  • 社内スタッフになりすましてフィッシングシミュレーションを実行します。
  • リスクにさらされているユーザーを特定し、マイクロラーニングを通じて意識を高め、フィッシング傾向のあるユーザーをトレーニングしてフォローアップを行います。

セットアップと構成が簡単かつ迅速に行える自動シミュレーション ツールには、カスタマイズ可能なセキュリティ意識向上トレーニング資料も付属しています。

フィッシングボックス

Phishing Box は、組織がフィッシング シミュレーションを実行し、スタッフにセキュリティ意識のトレーニングを提供できるようにするソフトウェア ツールのセットです。このプラットフォームは、フィッシング攻撃のリスクを軽減するのに役立つ効果的なトレーニングを提供します。

シミュレーションソフトウェア
シミュレーションソフトウェア

主な特長

  • 簡単に使えるセキュリティ意識向上トレーニング。これらのツールには使いやすいインターフェイスが付属しています。
  • あらゆる規模の組織のオンライン セキュリティ トレーニングの管理に適しています。
  • Slack、Microsoft Teams、OKta、その他のビジネス改善ツールやコラボレーション ツールなどの一般的なツールと統合されています。
  • テンプレートのライブラリが付属しており、必要なシミュレーション キャンペーンに合わせて編集することもできます。
  • 結果の詳細な分析と実用的なレポートを提供します。

自動化されたメニュー主導のプロセスとワークフローにより、リソースと時間を節約できます。

カニフィッシュ

CanIPhish は、フィッシングメールと Web サイトのテンプレートの広範なライブラリを備えた、最新のセルフサービスのクラウドベースのフィッシング シミュレーションおよびトレーニング プラットフォームです。強力なテストを作成するだけでなく、シミュレーションやトレーニング キャンペーンをリアルタイムで追跡することもできます。

主な特長

  • ウォークスルー ビデオ、ヘルプ記事、その他のサポート資料を備えた使いやすいインターフェイスで、幅広いキャンペーンの作成と開始に役立ちます。
  • 通常のシミュレートされたフィッシングメールに失敗した脆弱なユーザーに短いトレーニング セッション (マイクロ ラーニング) を割り当てます。
  • これにより、キャンペーンを簡単に設定し、最も高度なフィッシングの試みもシミュレートできます。
  • 無料バージョンと、従量課金制オプションを含む柔軟な支払いプランでご利用いただけます。
  • ユーザーをテストおよび追跡し、依然として脆弱なユーザーに対して追加のカスタマイズされたトレーニングを実施します。

さらに、レポートをスケジュールして組織の月ごとのパフォーマンスを追跡し、フィッシングメールやリンクのクリック率などの上昇または下降を判断することができます。

フォーティネット フォートフィッシュ

Fortinet Fortfish は、クラウドベースのフィッシング シミュレーションおよびセキュリティ意識向上サービスであり、組織がユーザーの準備状況と、フィッシングの試みやその他の脅威を認識する能力をテストするのに役立ちます。

画像-241
画像-241

主な特長

  • これは、現実世界の詐欺を模倣したフィッシング シミュレーションを実行するのに役立ちます。
  • 管理者が脆弱なユーザーを特定できる詳細な分析を提供し、特定されたユーザーの弱点に対処するトレーニングをカスタマイズできます。
  • チームがフィッシングメールの開封率を追跡し、包括的な視覚的なキャンペーン分析レポートを提供できるようにします。
  • 結果を評価し、リスク レベルに応じて等級付けします。これは、改善が必要な領域やリスクの高いユーザーを特定するのにも役立ちます。
  • さまざまな従業員がシミュレートされた電子メールの餌食になる割合に基づいて改善を追跡することにより、シミュレーションおよびトレーニング キャンペーンの効果を追跡します。

フックセキュリティ

Hook Security は、展開が簡単なクラウドベースのフィッシング シミュレーションおよびトレーニング ソフトウェアです。このツールを使用すると、数百のテンプレートを使用して、管理者はさまざまな通常のフィッシング シミュレーションを簡単かつ迅速に開始できます。

画像-242
画像-242

主な特長

  • 管理者が脅威の特定と対応について従業員をトレーニングできるようにする、視覚的に魅力的で魅力的で理解しやすいトレーニング資料を提供します。
  • リスクのあるユーザーがシミュレーションされたフィッシング テストに不合格になるたびに、即時追加の個別トレーニング セッションに自動的にリダイレクトされます。
  • これには、ユーザーが Outlook で実際のフィッシングメールまたは疑似フィッシングメールを識別、マークし、報告できるようにする Office 365 プラグインが含まれています。
  • 包括的なレポート、データ分析、共有により、管理者はデータに基づいてセキュリティに関するより適切な意思決定を行うことができます。
  • カスタム テンプレート エディターを使用して、新しいテンプレートを作成したり、既存のテンプレートを変更したりできます。

テンプレートをカスタマイズして実際のフィッシング行為を模倣し、リスクにさらされている従業員を即座に特定してトレーニングすることができます。

鉄鱗

Ironscales は、サーバー、デスクトップ、モバイル デバイスで利用できる、AI を活用した自動化されたフィッシング検出、対応、防止プラットフォームです。

画像-248
画像-248

主な特長

  • IT チームがフィッシング シミュレーション キャンペーンを実行できるようにする使いやすいプラットフォームです。
  • Cyber​​ Maniacs、Ninjio、Habitu8 などのサードパーティのセキュリティ トレーニング ソリューションが含まれており、その有効性を高め、より包括的な意識向上キャンペーンを提供します。
  • 実際の条件の広範なライブラリを使用して、カスタマイズされたシミュレーションを起動できます。
  • チームがフィッシング攻撃、ランサムウェア、ビジネス電子メール侵害 (BEC)、その他の脅威を検出、解決、報告できるように支援します。
  • ユーザーがフィッシングメールやその他の脅威を検出して報告できるようにする効果的なトレーニングを提供します。

この包括的なツールは、電子メール環境を詳細に可視化し、すべてのメールボックス内の疑わしい電子メールを検出して隔離できます。 Ironscales コミュニティ ライブラリのプラグインに加えて、ユーザーが疑わしいフィッシングメール メッセージにフラグを立てることができる Outlook プラグインもあります。

ソフォスのフィッシング脅威

Sophos Phish Threat は、高度なフィッシング シミュレーションとインテリジェントなセキュリティ意識向上トレーニングを提供するツールです。このツールには無料トライアルが付属しており、攻撃対象領域を減らし、認識を高め、脅威を阻止するための効果的なソリューションです。

ソフォスのフィッシング脅威シミュレーション ダッシュボード
ソフォスのフィッシング脅威シミュレーション ダッシュボード

主な特長

  • 自動化されたフィッシング シミュレーションとトレーニング プログラムを通じて、ユーザーのテストとトレーニングを行います。
  • セキュリティ チームがより適切な意思決定を行えるようにする、包括的で実用的な分析とレポートを提供します。
  • オンデマンドでさまざまな結果を提供する直感的なダッシュボードによる詳細なレポート。これらには、捕らえられたリスクのあるユーザーの数と傾向、トレーニングの範囲などが含まれます。
  • ユーザーの行動にリスクがあるスタッフを特定し、トレーニングします。このツールは、高リスクのプロファイルを持つブロックされた URL にアクセスした可能性のあるユーザーを特定するのに役立ちます。
  • ユーザーが標準形式で攻撃を報告できるようにする Microsoft Exchange および Office 365 フィッシング脅威アドイン。

ソフォスは、高度なデータ収集テクノロジーを使用して数百万のファイル、URL、電子メール、その他のデータ ポイントを監視し、最新のフィッシング脅威を特定します。

最後の言葉

セキュリティ ソフトウェアとツールは、セキュリティの脅威と戦うために不可欠です。ただし、ツールだけでは十分ではなく、通常、フィッシングやその他の脅威との戦いにおいて最も弱い要素となるユーザーに対するセキュリティ意識を高める必要があります。

これを防ぐ 1 つの方法は、追加のセキュリティ層としてフィッシング シミュレーション ソフトウェアを使用することです。このソフトウェアは、フィッシング詐欺メールを認識して回避する方法を学習することで、従業員の準備に役立ちます。さらに、シミュレーション ツールは実際のフィッシングの試みを検出し、隔離する場合があります。

次に、スパムやフィッシング攻撃から保護するビジネス電子メール セキュリティ ソリューションを確認してください。

「会社のセキュリティを将来にわたって保証するためのベスト フィッシング シミュレーション ソフトウェア 8 選」についてわかりやすく解説!絶対に観るべきベスト2動画

最新セキュリティ情報(令和3年11月号)~特別考察動画『人は、なぜフィッシングに引っかかってしまうのか?』
CGシミュレーション映像から検知に成功映像